A PHP Error was encountered

Severity: Warning

Message: Invalid argument supplied for foreach()

Filename: controllers/Trial.php

Line Number: 384

Backtrace:

File: /Library/filemaker.ne.jp/Users/Main/Data/Web/diabetes/application/controllers/Trial.php
Line: 384
Function: _error_handler

File: /Library/filemaker.ne.jp/Users/Main/Data/Web/diabetes/index.php
Line: 315
Function: require_once

検索結果 | 糖尿病トライアルデータベース
編集:片山茂裕 河盛隆造 景山茂 西尾善彦 西村理明 綿田裕孝

4-T  ★★☆

最大耐容量のmetforminおよびスルホニル尿素薬投与下で血糖コントロール不良の2型糖尿病患者において,二相性インスリン,食前インスリン,基礎インスリン併用の有効性および安全性を比較した。
Holman RR, et al.  N Engl J Med 2007; 357: 1716-1730.

4-T  ★★☆

最大耐容量のmetforminおよびスルホニル尿素薬投与下で血糖コントロール不良の2型糖尿病患者において,二相性インスリン,食前インスリン,基礎インスリン併用の有効性および安全性を比較した。
Holman RR, et al.  N Engl J Med 2009; 361: 1736-1747.

4S  ★☆☆

冠動脈心疾患を有する糖尿病患者において,simvastatinによる脂質低下療法の予後改善効果と,冠動脈心疾患および動脈硬化イベントに対する効果を検討した。
Pyorala K, et al.  Diabetes Care 1997; 20: 614-620.

4S  ★★☆

糖尿病あるいは空腹時血糖異常を伴う患者に対するsimvastatinの冠動脈心疾患イベント抑制効果を検討した。
Haffner SM, et al.  Arch Intern Med 1999; 159: 2661-2667.

4S  ★★☆

非糖尿病の冠動脈心疾患患者において,simvastatinの心血管イベントリスクに対する有効性を,メタボリックシンドロームの有無により比較した。
Pyorala K, et al.  Diabetes Care 2004; 27: 1735-1740.

6-year Malmo feasibility study  ★☆☆

早期2型糖尿病患者とIGT患者において,長期の食事療法と運動療法の効果を検討した。
Eriksson KF, et al.  Diabetologia 1991; 34: 891-898.

ABCD  ★★★

高血圧のNIDDM患者に対するnisoldipine,enalapril の合併症抑制効果を検討した。
Estacio RO, et al.  N Engl J Med 1998; 338: 645-652.

ABCD  ★★★

2型糖尿病の高血圧患者に対する降圧療法が糖尿病性合併症に及ぼす影響を検討した。
Estacio RO, et al.  Diabetes Care 2000; 23: B54-B64.

ABCD  ★☆☆

高血圧を伴う2型糖尿病患者において,enalaprilまたはnisoldipineが左室肥大の心電図所見および心血管イベントに及ぼす影響を比較検討した。
Havranek EP, et al.  Am Heart J 2003; 145: 993-998.

Abd El Aziz MS, et al.  ★☆☆

経口血糖降下薬投与下の2型糖尿病患者において,GLP-1受容体作動薬(GLP-1 RA)を追加した場合の臨床転帰をインスリン治療の追加と比較した。
Abd El Aziz MS, et al.  Diabetes Obes Metab. 2017; 19: 216-227.

Abrahami D, et al.  ★★☆

2型糖尿病患者において,DPP-4阻害薬の使用が炎症性腸疾患と関連するか否かを検討した。
Abrahami D, et al.  BMJ. 2018; 360 :k872.

Abualsuod A, et al.  ★★☆

急性心筋梗塞(AMI)後の患者において,metforminが左室駆出率(LVEF)および死亡率に与える影響を検討し,さらに糖尿病合併の有無によるmetforminの影響についても検討した。
Abualsuod A, et al.  Cardiovasc Drugs Ther. 2015;

ACC  ★★☆

東アジアと南アジアにおける2型糖尿病とがん死リスクの関連を検討した。
Chen Y, et al.  Diabetologia. 2017; 60: 1022-32.

ACCOMPLISH  ★★★

心血管イベントリスクの高い高血圧患者において,benazepril+amlodipine併用とbenazepril+hydrochlorothiazide併用の心血管イベント低減効果を比較検討した。
Jamerson K, et al.  N Engl J Med 2008; 359: 2417-2428.

ACCOMPLISH  ★☆☆

高血圧患者において,降圧治療の種類別の心血管アウトカム改善効果を,BMI別に検討した。ACCOMPLISHのサブ解析。
Weber MA, et al.  Lancet. 2013; 381: 537-45.

ACCORD  ★★★

心血管疾患または心血管リスク因子を有する2型糖尿病患者において,HbA1c値を正常範囲に低下させる強化療法の心血管イベント減少効果を標準療法と比較検討した。
Action to Control Cardiovascular Risk in Diabetes Study Group, et al.  N Engl J Med 2008; 358: 2545-2559.

ACCORD  ★★☆

2型糖尿病患者において,低血糖と死亡率との関連を検討した。ACCORDの疫学的レトロスペクティブ解析。
Bonds DE, et al.  BMJ. 2010; 340: b4909.

ACCORD  ★★★

重度の低血糖の決定因子を調査し,重度低血糖と試験期間のHbA1c変化との関連を検討した。ACCORDの疫学的事後解析。
Miller ME, et al.; ACCORD Investigators.  BMJ. 2010; 340: b5444.

ACCORD  ★☆☆

心血管疾患イベントリスクの高い2型糖尿病患者において,心自律神経障害の死亡リスクに対する影響を検討した。
Pop-Busui R, et al.; Action to Control Cardiovascular Risk in Diabetes Study Group.  Diabetes Care. 2010; 33: 1578-84.

ACCORD  ★☆☆

2型糖尿病患者において,強化血糖コントロールにより細小血管障害が低下するかを検討した。
Ismail-Beigi F, et al.; for the ACCORD trial group.  Lancet. 2010; 376: 419-30.

ACCORD  

2型糖尿病患者において,ライフスタイル介入プログラムによる体重,fitness,血糖コントロール,心血管疾患リスク因子の変化を検討した。
Gerstein HC, et al.; ACCORD Study Group.  N Engl J Med. 2011; 364: 818-28.

ACCORD  ★☆☆

2型糖尿病患者において,主要心血管アウトカム,死亡,重度有害事象に対する強化血糖コントロールと標準血糖コントロールの効果を,高齢者と若年者で比較した。ACCORDのサブ解析。
Miller ME, et al.; ACCORD Investigators.  Diabetes Care. 2014; 37: 634-43.

ACCORD  ★☆☆

心血管疾患イベント高リスクの2型糖尿病患者において,血糖と血圧または脂質の標準療法および強化療法の組み合わせの効果を比較した。
Margolis KL, et al.  Diabetes Care. 2014; 37: 1721-8.

ACCORD  ★★☆

高リスクの2型糖尿病患者において,軽度/中等度の慢性腎臓病(CKD)(ステージI~III)の合併が心血管疾患および全死亡に与える影響を検討し,さらにCKD合併の有無を問わず強化血糖コントロールが心血管アウトカムにおよぼす影響を検討した。
Papademetriou V, et al.; ACCORD Study Group.  Kidney Int. 2015; 87: 649-59.

ACCORD   ★★☆

心血管高リスクの2型糖尿病患者において,インスリンが量的に心血管疾患死リスクと関連するという仮説を検証した。
Siraj ES, et al.; ACCORD Investigators.  Diabetes Care. 2015; 38: 2000-8.

ACCORD BP  ★★★

心血管イベントリスクの高い2型糖尿病患者において,SBPを正常値に低下させる強化療法の心血管イベント減少効果を標準療法と比較検討した。
The ACCORD Study Group.  N Engl J Med. 2010; 362: 1575-85.

ACCORD Blood Pressure Trial  ★★☆

高血圧を有する2型糖尿病患者において,強化降圧療法と標準降圧療法の心血管疾患アウトカムを中心性肥満の程度別に検討した。
Barzilay JI, et al.  Diabetes Care. 2012; 35: 1401-5.

ACCORD BP HRQL substudy  ★☆☆

高血圧を有する2型糖尿病患者において,健康関連QOLに対する強化降圧療法と標準降圧療法の効果を比較した。
O'Connor PJ, et al.  Diabetes Care. 2012; 35: 1479-81.

ACCORD Eye  ★☆☆

心血管疾患リスクの高い2型糖尿病患者において,強化血糖コントロール,脂質低下療法,強化降圧療法が糖尿病網膜症の進展を予防するかを検討した。ACCORDのサブ解析。
The ACCORD Study Group and ACCORD Eye Study Group.  N Engl J Med. 2010; 363: 233-44.

ACCORD HRQL  ★★☆

2型糖尿病患者において,健康関連QOL(HROL)に対する強化血糖コントロールと標準血糖コントロールと比較した。ACCOD試験のサブ解析。
Anderson RT, et al.; Action to Control Cardiovascular Risk in Diabetes (ACCORD) Investigators.  Diabetes Care. 2011; 34: 807-12.

ACCORD Lipid  ★★☆

心血管疾患リスクの高い2型糖尿病患者において,simvastatin+fenofibrate併用とsimvastatin単独の心血管疾患リスク減少効果を比較検討した。
The ACCORD Study Group.  N Engl J Med. 2010; 362: 1563-74.

ACCORD Lipid  ★★☆

2型糖尿病患者において,食後の脂質およびリポ蛋白質に対するsimvastatin+fenofibrate併用の効果を検討した。ACCORD Lipidのサブ解析。
Reyes-Soffer G, et al.  Diabetes Care. 2013; 36: 422-8.

ACCORD Lipid Trial  ★☆☆

2型糖尿病における重度の低HDL-C血症は,フェノフィブレートおよびチアゾリン薬による治療と関連するかを検討した。
Linz PE, et al.  Diabetes Care. 2014; 37: 686-93.

ACCORD-MIND  ★★☆

糖尿病患者において,HbA1c値および空腹時血漿ブドウ糖値と認知機能との関係を検討した。ACCORDのサブ解析。
Cukierman-Yaffe T, et al.  Diabetes Care 2009; 32: 221-226.

ACHOIS  ★★★

妊娠糖尿病の治療により周産期合併症が減少するかを検討し,妊婦のアウトカム,心理状態,生活の質に対する治療の効果を評価した。
Crowther CA, et al.  N Engl J Med 2005; 352: 2477-2486.

ACIP Database Study  -

冠疾患を有する糖尿病患者と非糖尿病患者について,トレッドミル運動負荷試験および48時間携帯型心電図モニタリング下における無症候性虚血の頻度と程度および血管造影所見を比較検討した。
Caracciolo EA, et al.  Circulation 1996; 93: 2097-2105.

ACT NOW  ★★☆

耐糖能異常患者において,2型糖尿病発症リスクと心血管リスク因子に対するpioglitazoneの効果を検討した。
DeFronzo RA, et al.; ACT NOW Study.  N Engl J Med. 2011; 364: 1104-15.

ACUITY  ★☆☆

糖尿病を有する急性冠症候群患者において,30日後のアウトカムを非糖尿病患者と比較し,またbivalirudin治療とheparin治療のアウトカムを比較検討した。ACUITYのサブ解析。
Feit F, et al.  J Am Coll Cardiol. 2008; 51: 1645-52.

AD-4833 Clamp-OGL Study  ★☆☆

NIDDM患者のインスリン抵抗性に対するpioglitazoneの効果を,経口糖負荷高インスリン血症性クランプにより検討した。
Kawamori R, et al.  Diabetes Res Clin Pract 1998; 41: 35-43.

ADAPT  ★☆☆

1型糖尿病患者において,基礎-ボーラスインスリン療法におけるインスリンdetemirの1日1回投与と1日2回投与を比較した。
Le Floch JP, et al.; Assessment of Detemir Administration in Progressive Treat-to-Target Trial (ADAPT) Study Group.  Diabetes Care. 2009; 32: 32-7.

ADCT  ★★☆

日本人の糖尿病性末梢神経障害患者において,epalrestatの長期的有効性および安全性を検討した。
Hotta N, et al.  Diabetes Care 2006; 29: 1538-1544.

ADCT  ★☆☆

糖尿病性末梢神経障害患者の症状および神経機能に対するepalrestatの長期効果を評価し,同剤の適切な投与対象を明らかにする。ADCTのサブ解析。
Hotta N, et al.  Diabet Med 2008; 25: 818-825.

ADDITION-Cambridge  ★★☆

2型糖尿病についての地域住民を対象とした段階的スクリーニングプログラムの死亡率低下効果を検討した。
Simmons RK, et al.  Lancet. 2012; 380: 1741-8.

ADDITION-Europe  ★★☆

2型糖尿病のスクリーニング実施と早期治療介入の有効性を,スクリーニング非実施かつ晩期治療介入と比較した(ADDITION-Europeのサブ解析)。
Herman WH, et al.  Diabetes Care. 2015; 38: 1449-55.

ADDITION-Plus  ★★☆

2型糖尿病患者において,客観的に評価した身体活動エネルギー消費量,座っている時間,中等度~強度の身体活動,心肺持久力と心代謝リスク因子の4年間の相関を検討した。
Lamb MJ, et al.; ADDITION-Plus study team.  Diabetologia. 2016; 59: 110-20.

ADDITION-PRO  ★☆☆

糖尿病発症の低~高リスク例において,身体活動量と糖代謝指標との関連を検証した。
Hansen AL, et al.; ADDITION-Denmark Steering Committee.  Diabetes Care. 2013; 36: 3062-9.

Adeyemo MA, et al.  ★☆☆

高インスリン血症の肥満児において,metforminが食欲とエネルギー摂取量に与える影響を検討した。
Adeyemo MA, et al.  Diabetes Obes Metab. 2015; 17: 363-70.

ADMIT  -

糖尿病患者において,脂質レベル改善用量のナイアシンの有効性および安全性を検討した。
Elam MB, et al.  JAMA 2000; 284: 1263-1270.

ADOPT  ★★☆

2型糖尿病患者において,rosiglitazoneの長期血糖コントロール維持効果をmetforminおよびglyburideと比較した。
Kahn SE, et al.  N Engl J Med 2006; 355: 2427-2443.

ADOPT  ★☆☆

2型糖尿病患者において,rosiglitazone治療による骨折リスク増大に関連する因子を検討した。
Kahn SE, et al.; Diabetes Outcome Progression Trial (ADOPT) Study Group.  Diabetes Care. 2008; 31: 845-51.