編集:片山茂裕 河盛隆造 景山茂 西尾善彦 西村理明 綿田裕孝
2020年1月現在,1223報収載!
全トライアルリスト
[HOMEに戻る]
Tobias DK, Zhang C, van Dam RM, Bowers K, Hu FB: Physical activity before and during pregnancy and risk of gestational diabetes mellitus: a meta-analysis. Diabetes Care. 2011; 34: 223-9. [PubMed]

具体的には,1日2時間以上の散歩や階段の昇降,激しい運動の有無,運動量の少なさなどの因子が影響していると考えられる。【河盛隆造

●目的 妊娠前および妊娠中の運動と妊娠糖尿病(GDM)発症リスクの相関を検討した。
●デザイン メタアナリシス,システマティックレビュー。
●試験期間 -
●対象患者 計34,929例:運動とGDMの相関を検討した研究に参加した女性。うち,GDM症例は計2,855例。
●方法 Medline,EMBASE,Cochrane Reviewsを用いて,運動とその後のGDM発症の関連性を検討した2010年3月までの文献を検索した。試験デザイン,試験実施国,GDM診断基準,運動の確認法,運動の時期(妊娠前または妊娠初期),調整相対リスク,信頼区間(CI),統計解析法についてのデータを抽出した。
●結果 9研究を解析した(プロスペクティブコホート研究5件,レトロスペクティブ症例対照研究2件,横断研究2件)。
妊娠前の運動について検討した7研究において,運動量の四分位が最も高い女性は最も低い女性より,GDMリスクが55%低下した(統合オッズ比0.45,95%CI 0.28-0.75,p=0.002)。妊娠初期の運動について検討した5研究(計4401例)においても,運動によりGDMリスクが24%低下した(統合オッズ比0.76,95%CI 0.70-0.83,p<0.0001)。
●結論 妊娠前または妊娠初期の運動量が多い女性では,GDM発症リスクが有意に低下した。