編集:片山茂裕 河盛隆造 景山茂 西尾善彦 西村理明 綿田裕孝
2022年8月現在,1286報収載!
全トライアルリスト
[HOMEに戻る]
Fox CS, Pencina MJ, Wilson PW, Paynter NP, Vasan RS, D'Agostino RB: Lifetime risk of cardiovascular disease among individuals with and without diabetes stratified by obesity status in the Framingham heart study. Diabetes Care. 2008; 31: 1582-4. [PubMed]

Framingham Heart StudyとFramingham Offspring Studyの参加者の30年間のCVD生涯リスクを,糖尿病の有無あるいは肥満の有無で算出している。糖尿病のない男性では54.8%,糖尿病のある男性では78.0%であり,糖尿病のない女性では38.0%,糖尿病のある女性では67.1%であるが,肥満がある男性および女性では,それぞれ86.9%,78.8%とさらに高くなることが明らかにされた。米国では肥満の増加が大きな問題とされているが,わが国でも肥満あるいは内臓肥満の増加が顕著になってきており,とくに糖尿病患者では肥満の解消が急務といえる。【片山茂裕

●目的 心血管疾患(CVD)の生涯リスクを,糖尿病および肥満の有無により検討した。
●デザイン -
●試験期間
●対象患者 Framingham Heart StudyおよびFramingham Offspring Studyの参加者。
●方法 Framingham Heart StudyおよびFramingham Offspring Studyの参加者のデータを用い,50歳以降の死亡リスクを調整したKaplam-Meier法により, CVDの生涯リスク(30年)を,糖尿病および肥満の有無別に検討。
●結果 30年間のCVD生涯リスクは,正常体重の糖尿病女性は54.8%,肥満の糖尿病女性は78.8%,正常体重の糖尿病男性は78.6%,肥満の糖尿病男性は86.9%であった。
●結論 糖尿病患者におけるCVD生涯リスクは高く,肥満が加わるとリスクはさらに増強した。