編集:片山茂裕 河盛隆造 景山茂 西尾善彦 西村理明 綿田裕孝
2021年5月現在,1256報収載!
全トライアルリスト
[HOMEに戻る]
Tabák AG, Jokela M, Akbaraly TN, Brunner EJ, Kivimäki M, Witte DR: Trajectories of glycaemia, insulin sensitivity, and insulin secretion before diagnosis of type 2 diabetes: an analysis from the Whitehall II study. Lancet. 2009; 373: 2215-21. [PubMed]

標題のtrajectoriesという英語は,弾道とか道筋と訳される。これまでにも,糖尿病の発症前からの糖代謝関連の諸指標を検討した成績はいくつか報告されている。本報告では,Whitehall II studyで13年間にわたり6538例を追跡した結果,505例が糖尿病を発症した。そして,評価すべき貴重な点は,数年ごとに75gブドウ糖負荷試験を行っていることである。いずれの指標も徐々に変動し,糖尿病の発症の3~6年前から急激な変動を示していることである。このような特徴を理解することで,糖尿病の早期診断と治療,ひいては糖尿病の発症予防に繋げられることが期待される。【片山茂裕

●目的 2型糖尿病患者において,発症前の血糖値,インスリン感受性,インスリン分泌について調査した。
●デザイン コホート。
●試験期間 追跡期間は9.7年(中央値)。
●対象患者 6538例:35~55歳の糖尿病を認めない英国公務員。男性71%。白人91%。
●方法 糖尿病発症例(505例)について,発症の13年前から追跡終了までの空腹時血糖(FPG)値,負荷後2時間血糖値,HOMAインスリン感受性,HOMA β細胞機能の推移をレトロスペクティブに調査し,非発症例(6033例)と比較検討。
●結果 FPG値は,非発症例では13年間でわずかに上昇し(94.7→95.6mg/dL),糖尿病発症例では発症の13~3年前までの上昇は緩やかであったが(98.5→104.2mg/dL),3年前から急激に上昇した(104.2→133.2mg/dL)。
2時間血糖値も,非発症例では13年間でわずかに上昇し(92.0→103.9mg/dL),糖尿病発症例では発症の5~3年前から大きな上昇を認め,2年前からさらに急激に上昇した(136.8→214.2mg/dL)。
HOMAインスリン感受性は,非発症例では線形に低下し,糖尿病発症例でも発症の5年前までは同様の低下を認めたが,5年前から急激に低下した(→86.7%)。
HOMAβ細胞機能は,非発症例では変化を認めず,糖尿病発症例では発症の4~3年前に上昇後(85.0→92.6%),3年前からは低下した(→62.4%)。
●結論 2型糖尿病発症例では,発症の3~6年前から血糖値,インスリン感受性,インスリン分泌が変化していた。