編集:片山茂裕 河盛隆造 景山茂 西尾善彦 西村理明 綿田裕孝
2020年9月現在,1240報収載!
全トライアルリスト
[HOMEに戻る]
Kadota A, Hozawa A, Okamura T, Kadowak T, Nakmaura K, Murakami Y, Hayakawa T, Kita Y, Okayama A, Nakamura Y, et al.: Relationship between metabolic risk factor clustering and cardiovascular mortality stratified by high blood glucose and obesity: NIPPON DATA90, 1990-2000. Diabetes Care 2007; 30: 1533-1538. [PubMed]

NIPPON DATA90における代謝関連リスク因子とCVD死の関係を検討した貴重な成績である。耐糖能異常を含むと考えられる高血糖があると,その他の代謝関連リスクを2つ以上有すると(すなわち,NCEP ATP IIIのメタボリックシンドローム基準にほぼ相当する),CVD死のハザード比が3倍以上になった。高血糖がない場合には,上記の関係はそれほど大きくはなかったのと対照的である。高血糖のある群で,その他のリスクの何がもっともCVD死に寄与するのかなど,さらに検討してほしいものである。【片山茂裕

●目的 日本人において,代謝関連リスク因子の集積と心血管疾患(CVD)死の関係を高血糖および肥満の有無別に検討した。
●デザイン コホート。
●試験期間 追跡期間は平均9.6年(2000年11月15日追跡終了)。
●対象患者 7219例:NIPPON DATA90の参加者(無作為に抽出された300地域に居住する≧30歳の日本人男女8384例)のうち,CVD既往のない例(男性2999例,女性4220例)。
●方法 以下の5因子を代謝関連リスク因子とした:肥満(BMI≧25kg/m²),高血圧(SBP≧130mmHg,DBP≧85mmHg,降圧薬の服用),高血糖(≧140mg/dL,糖尿病治療薬の使用),トリグリセリド高値(非空腹時≧200mg/dL,脂質低下薬の服用),HDL-C低値(男性:≦40mg/dL,女性:≦50mg/dL)。
Cox比例ハザードモデルを用い,CVD死の補正ハザード比(HR)を代謝関連リスク因子の数ごとに算出(年齢,性別,総コレステロール値,喫煙,飲酒,身体活動量を補正)。
●結果 追跡期間に173例がCVD死に至った。
代謝関連リスク因子数の増加に伴ってCVD死リスクは増大傾向を示したが,この傾向は有意ではなかった(p for trend=0.074)。
高血糖の有無で検討すると,高血糖を認め,かつその他の代謝関連リスク因子を2つ以上有する例では,高血糖および代謝関連リスク因子のいずれも有さない例に比し,CVD死リスクが著明に増大していた(代謝関連リスク因子数2:HR 3.67,95%CI 1.49-9.03,≧3:HR 3.25,95%CI 1.31-8.06)。しかし,高血糖を認めない場合,その他の代謝関連リスク因子を2つ以上有していても,CVD死リスクの増大はそれほど大きくはなかった(代謝関連リスク因子数2:HR 1.99,95%CI 0.93-4.28,≧3:HR 1.61,95%CI 0.71-3.67)。
一方,肥満の有無については,代謝関連リスク因子数の増加とCVD死リスクとの正相関に影響はなかった。
●結論 高血糖および複数の代謝関連リスク因子を有する例では,それらを有さない例に比してCVD死リスクが明らかに増大していたことから,CVD死において耐糖能が重要な役割を果たしていることが示唆される。一方,肥満ではないものの複数の代謝関連リスク因子を有する例が多くみられ,それらのCVD死リスクは高かったことから,肥満でないことを理由にそれらをメタボリックシンドロームの診断から除外すれば,CVD死リスクの見落としにつながると考えられる。