A PHP Error was encountered

Severity: Warning

Message: Invalid argument supplied for foreach()

Filename: controllers/Trial.php

Line Number: 444

Backtrace:

File: /Library/filemaker.ne.jp/Users/Main/Data/Web/circ/application/controllers/Trial.php
Line: 444
Function: _error_handler

File: /Library/filemaker.ne.jp/Users/Main/Data/Web/circ/index.php
Line: 315
Function: require_once

A PHP Error was encountered

Severity: Warning

Message: Invalid argument supplied for foreach()

Filename: controllers/Trial.php

Line Number: 662

Backtrace:

File: /Library/filemaker.ne.jp/Users/Main/Data/Web/circ/application/controllers/Trial.php
Line: 662
Function: _error_handler

File: /Library/filemaker.ne.jp/Users/Main/Data/Web/circ/application/controllers/Trial.php
Line: 514
Function: viewSearchKey

File: /Library/filemaker.ne.jp/Users/Main/Data/Web/circ/index.php
Line: 315
Function: require_once

循環器トライアルデータベース
循環器トライアルデータベース

HOME  
絞り込み検索を行う 

ソート順: アルファベット順 | 発表年順 | 全論文発表年順
検索結果 2812件 (41 〜 80件) Excelでダウンロード(TrialDB.xls)
1234Last ›

 
[主要論文:1996年12月]   [全論文最新:1996年12月]
ACAS [無症候性頸動脈硬化症]
頸動脈内膜剥離術(CEA)およびaspirinによる術後5年間のリスク因子の減少を検討。CEAによるイベント発生率は2.6%,CEAと冠動脈造影は脳卒中リスクと関連。
[主要論文:2003年04月]   [全論文最新:2003年04月]
【学会情報 ACC 2003】 GAP(Guidelines in Applied in Practice)実施により,急性心筋梗塞(AMI)患者のケアのクオリティが改善。
[主要論文:2011年01月]   [全論文最新:2011年01月]
ACCELERATE [本態性高血圧]
直接的経口レニン阻害薬aliskiren+Ca拮抗薬amlodipineの併用投与で降圧治療を開始した場合,単剤投与開始後の逐次追加降圧療法に比べて,より早期に,より大きな降圧効果が得られ,初期の血圧コントロールの差がその後も持続するかを検証する優越性試験。24週間後の降圧度:併用投与>単剤投与*。
[主要論文:2003年07月]   [全論文最新:2003年07月]
ACCESS [脳梗塞急性期]
AII受容体拮抗薬candesartanによる早期の緩やかな降圧療法の安全性を検討。candesartanは脳虚血および心筋虚血に対し同様の有効性を示し,低血圧症による心血管および脳血管イベントは発症しなかった。
[主要論文:2012年08月]   [全論文最新:2012年08月]
【学会情報 ESC 2012】 real-worldの重度僧帽弁逆流患者において,経皮的弁修復術(MitraClip)は1年後の予後を大きく改善(欧州におけるMitraClip®市販後観察研究)。
[主要論文:2008年01月]   [全論文最新:2008年01月]
ACCLAIM [NYHA II度以下,心筋梗塞既往のない心不全患者]
非特異的な免疫修飾治療(IMT)の死亡および合併症への効果を検討する。全死亡,心血管疾患による初回の入院抑制効果:IMT群≒プラセボ群。
[主要論文:2013年09月]   [全論文最新:2014年12月]
ACCOAST [PCI施行予定の非ST上昇型ACS]
[早期終了]P2Y12拮抗薬prasugrelの前投与(血管造影前+PCI施行時)と非前投与(PCI施行時のみ)の有効性を比較する。7日後の心血管死,心筋梗塞(MI),脳卒中,緊急再血行再建術,GP IIb/IIIa阻害薬投与の複合エンドポイント:前投与群≒非前投与群。TIMI大出血リスク:前投与群>非前投与群*。
[主要論文:2013年09月]   [全論文最新:2013年09月]
ACCOAST 
【学会情報 ESC 2013】 PCI施行予定の非ST上昇型急性冠症候群(NSTE-ACS)患者において,抗血小板薬プラスグレル(prasugrel)を診断時と周術期に投与する前投与では,通常の周術期1回投与にくらべ,7日後のTIMI大出血リスクが増加し,心血管イベントの抑制も認められなかった。
[主要論文:2008年12月]   [全論文最新:2015年02月]
ACCOMPLISH [高リスク高血圧患者]
ACE阻害薬benazepril+Ca拮抗薬amlodipine併用投与はbenazepril+利尿薬hydrochlorothiazide併用投与より心血管死,心血管イベントを有意に抑制。
[主要論文:2008年03月]   [全論文最新:2008年03月]
【学会情報 ACC 2008】 高リスク高血圧患者における併用降圧治療の比較(ACE阻害薬+Ca拮抗薬 vs ACE阻害薬+利尿薬)。
[主要論文:2008年06月]   [全論文最新:2014年11月]
ACCORD [高リスクの2型糖尿病患者]
厳格な血糖管理が心血管イベントを抑制するかを検討する。非致死的心筋梗塞,非致死的脳卒中,心血管死抑制効果:厳格血糖コントロール群≒標準治療群。厳格群で死亡リスクが上昇。
[主要論文:1997年01月]   [全論文最新:1997年01月]
ACCORD [狭心症あるいは心筋虚血]
再狭窄に対するダイレクトNOドナーの効果を検討。最小内腔径改善,再狭窄発生の抑制効果:実薬(linsidomine)>対照薬(diltiazem)*。
[主要論文:2010年04月]   [全論文最新:2017年12月]
ACCORD BP [高リスクの2型糖尿病患者]
厳格な血糖コントロールに,脂質または血圧コントロールを加えることによるCVD抑制効果をダブルの2×2 factorialで比較検討。血糖コントロール+厳格な血圧コントロール(収縮期血圧<120mmHg)によるCVD抑制効果:厳格降圧群≒標準降圧群(<140mmHg)。
[主要論文:2010年03月]   [全論文最新:2010年03月]
【学会情報 ACC 2010】 高リスクの2型糖尿病患者において,血糖コントロールに加え,血圧正常化(SBP<120mmHg)を目標とした厳格降圧は標準降圧に比べて主要心血管イベントを抑制しなかったが,脳卒中は抑制。
[主要論文:2010年04月]   [全論文最新:2012年05月]
ACCORD Lipid [高リスク2型糖尿病患者]
厳格な血糖コントロールに,脂質または血圧コントロールを加えることによるCVD抑制効果の検討。非致死的心筋梗塞,非致死的脳卒中,心血管死の複合の抑制効果:fenofibrate+simvastatin群≒simvastatin単独群。
[主要論文:2010年03月]   [全論文最新:2010年03月]
【学会情報 ACC 2010】 高リスクの2型糖尿病患者において,simvastatinとfenofibrateの併用によるsimvastatin 単剤に優る主要心血管イベント抑制効果は認められず
[主要論文:1995年09月]   [全論文最新:1996年04月]
ACCT [高血圧]
Ca拮抗薬amlodipineの左室肥大退縮効果を検討。左室重量低下効果:amlodipine>プラセボ*。
[主要論文:2012年10月]   [全論文最新:2012年10月]
ACDC [薬剤溶出性ステント植込み例]
植込み後1年間の抗血小板薬の投与中止(ATD)と背景を調査し,発生を予測しうる因子を探索する観察研究。ATDは主として患者の判断あるいは大出血イベントや手技に関連しない医学的判断によるものであった。
[主要論文:2003年12月]   [全論文最新:2004年04月]
ACE [ST上昇型急性心筋梗塞]
通常の梗塞関連動脈ステントの補助的療法としての血小板GP IIb/IIIa受容体拮抗薬abciximabの1か月後の全死亡+非致死的再梗塞+標的血管の血行再建術(TVR)+脳卒中抑制効果:ステント+abciximab群>ステント群(p=0.023)。
[主要論文:2004年03月]   [全論文最新:2004年03月]
ACE [非弁膜症性心房細動]
電気的除細動において,低分子量heparin(LMWH)enoxaparinの皮下投与の有効性と安全性を,未分画heparin(UFH)静注後にphenprocoumonを用いる従来の抗凝固療法と比較。虚血性脳血管障害+全身性血栓塞栓症+全死亡+重篤な出血性合併症抑制効果:enoxaparin群≒UFH+phenprocoumon群。
[主要論文:1999年06月]   [全論文最新:1999年06月]
ACE [頸動脈硬化症]
aspirinの役割および至適用量を検討。脳卒中,心筋梗塞,死亡リスクの低下:低用量>高用量。
[主要論文:2005年04月]   [全論文最新:2005年04月]
ACES [安定冠動脈疾患]
クラミジア・ニューモニエ(C pneumoniae)に有効なマクロライド系抗生物質azithromycinの1年間投与による二次予防効果を検討。冠動脈疾患死+非致死的心筋梗塞+血行再建術+不安定狭心症による入院の抑制効果はなし。
[主要論文:2004年08月]   [全論文最新:2004年08月]
ACES 
【学会情報 ESC 2004】 安定性冠動脈疾患患者において抗生物質azithromycinに冠動脈心疾患の二次予防効果は認められず。
[主要論文:2012年12月]   [全論文最新:2012年12月]
ACHILLES [症候性の膝窩動脈以下動脈疾患]
バルーン拡張型sirolimus溶出ステント(SES)の有効性と安全性を経皮的血管形成術(PTA)と比較。12か月後のセグメント内binary再狭窄抑制:SES>PTA*。
[主要論文:1997年04月]   [全論文最新:1997年04月]
ACIP [冠動脈多枝病変]
薬物療法と血行再建術を比較。全死亡リスク低下は血行再建術>薬物療法*。
[主要論文:1992年01月]   [全論文最新:1992年01月]
ACME [狭心症]
PTCAと薬物療法を比較。症状の軽減,運動耐容時間はPTCA>薬物療法*。
[主要論文:2004年11月]   [全論文最新:2004年11月]
ACORN 
【学会情報 AHA 2004】 重症心不全患者において, cardiac support device(CSD)は肥大した左室の形状とサイズおよびQOLを改善。
[主要論文:2012年03月]   [全論文最新:2012年03月]
【学会情報 ACC 2012】 ACSが疑われる低-中リスクの胸痛による救急(ED)外来患者で,冠動脈CT造影(CCTA)による迅速なCAD除外診断により,CAD診断率・ED退院率,入院期間,30日後のMACEは従来の除外診断と同等(第4相試験)。
[主要論文:2015年04月]   [全論文最新:2015年04月]
ACS1 [本態性高血圧患者]
24時間自由行動下血圧測定で評価した睡眠時血圧に対するARB azilsartanの降圧効果をamlodipineと比較する。さらに,この効果を年齢別(<60歳,≧60歳)に評価する探索的解析も実施。降圧はamlodipine群のほうがazilsartan群よりも大きく,高齢者で同群の降圧・血圧コントロールが良好だった。
[主要論文:2004年05月]   [全論文最新:2010年09月]
ACST-1 [無症候性頸動脈狭窄]
即時頸動脈内膜切除術(CEA)は待機CEAに比べ脳卒中リスクを有意に抑制した。
[主要論文:2011年09月]   [全論文最新:2011年09月]
ACT [冠動脈・末梢血管造影を実施する造影剤腎症リスク患者]
N-アセチルシステインの急性造影剤腎症,イベントの抑制効果は認められなかった。
[主要論文:2010年11月]   [全論文最新:2010年11月]
ACT 
【学会情報 AHA 2010】 造影剤腎症高リスク患者において,抗酸化作用を有するアセチルシステインによる腎保護効果は認められず。
[主要論文:2016年03月]   [全論文最新:2016年03月]
ACT I [手術による合併症リスクが標準的な無症候性の高度頸動脈狭窄患者]
遠位塞栓防止デバイスを用いた頸動脈ステント留置術の頸動脈内膜剥離術に対する非劣性を検証。30日以内の死亡,脳卒中,心筋梗塞の複合エンドポイント,または1年以内の同側脳卒中でのステント留置術の非劣性が認められた。
[主要論文:2011年03月]   [全論文最新:2011年03月]
ACT NOW [耐糖能異常,空腹時血糖異常]
インスリン抵抗性改善薬pioglitazoneが糖尿病の発症を予防できるか,また心血管危険因子への影響を検証する。糖尿病発症予防効果:pioglitazone群>プラセボ群*。
[主要論文:2004年10月]   [全論文最新:2004年10月]
ACTION [ステント植込み例]
新生内膜増殖抑制効果のある抗生物質actinomycin D(AcD) コーティングステントの有効性と安全性を金属ベアステント(MS)と比較。標的血管再狭窄率:AcD2.5μg群14%,10μg群26%,MS群28%。30日後の主要な有害心イベント:AcD2.5μg群≒10μg群≒MS群。
[主要論文:2004年09月]   [全論文最新:2005年03月]
ACTION [症候性安定狭心症]
長期作用型Ca拮抗薬nifedipineの転帰を検討。降圧効果:nifedipine>プラセボ*。全死亡,急性心筋梗塞,難治性狭心症,新規顕性心不全,障害を残す脳卒中,末梢血管血行再建術:nifedipine群≒プラセボ群。
[主要論文:2005年06月]   [全論文最新:2005年06月]
ACTION 
【学会情報 ESH 2005】 心血管イベント抑制効果は,140/90mmHg未満群に比べ140/90mmHg以上群の方が高い。
[主要論文:2004年08月]   [全論文最新:2004年08月]
ACTION 
【学会情報 ESC 2004】 症候性の安定狭心症において,抗狭心症治療+Ca拮抗薬nifedipineは狭心症,新規心不全,脳卒中を抑制。
[主要論文:2004年04月]   [全論文最新:2004年04月]
ACTIV in CHF [標準治療を受けているうっ血性心不全入院例]
バソプレッシン2受容体拮抗薬tolvaptanは24時間後の体重低下率はtolvaptan 60mg群>90mg群>30mg群>プラセボ群。心不全悪化:tolvaptan群≒プラセボ群。
[主要論文:2003年11月]   [全論文最新:2003年11月]
【学会情報 AHA 2003】 うっ血性心不全患者において,標準治療+バソプレッシン2受容体拮抗薬tolvaptanにより,急性期の体重が有意に低下し,慢性期の心不全悪化はプラセボ群間に有意差なし。
1234Last ›
▲pagetop

EBM 「循環器トライアルデータベース
ライフサイエンス出版
ご不明の点はお問い合わせください
 

(c) copyright 2001-. Life Science Publishing Co., Ltd