A PHP Error was encountered

Severity: Warning

Message: Invalid argument supplied for foreach()

Filename: controllers/Trial.php

Line Number: 444

Backtrace:

File: /Library/filemaker.ne.jp/Users/Main/Data/Web/circ/application/controllers/Trial.php
Line: 444
Function: _error_handler

File: /Library/filemaker.ne.jp/Users/Main/Data/Web/circ/index.php
Line: 315
Function: require_once

A PHP Error was encountered

Severity: Warning

Message: Invalid argument supplied for foreach()

Filename: controllers/Trial.php

Line Number: 662

Backtrace:

File: /Library/filemaker.ne.jp/Users/Main/Data/Web/circ/application/controllers/Trial.php
Line: 662
Function: _error_handler

File: /Library/filemaker.ne.jp/Users/Main/Data/Web/circ/application/controllers/Trial.php
Line: 514
Function: viewSearchKey

File: /Library/filemaker.ne.jp/Users/Main/Data/Web/circ/index.php
Line: 315
Function: require_once

検索結果|循環器トライアルデータベース
循環器トライアルデータベース

HOME  
絞り込み検索を行う 

ソート順: アルファベット順 | 発表年順 | 全論文発表年順
検索結果 2969件 (2881 〜 2920件) Excelでダウンロード(TrialDB.xls)
‹ First7172737475

 
[主要論文:2005年04月]   [全論文最新:2005年04月]
Vascular Basis Study [安定冠動脈疾患患者]
HMG-CoA reductase阻害薬atorvastatin単独または抗酸化ビタミンCおよびEとの併用による強力なLDL-Cの低下が,低用量のlovastatinと食事療法による中等度のLDL-C低下に比べ心筋虚血を減少させるかを検討。
[主要論文:2002年09月]   [全論文最新:2002年09月]
VEAPS [心血管疾患のリスクの低い健常人]
ビタミンEの補充による無症状性のアテローム性動脈硬化症進展抑制効果は認められなかった。
[主要論文:2007年02月]   [全論文最新:2007年02月]
VENUS 
【日本のトライアル】 脂質異常症を有する肥満患者における肥満治療薬rimonabantの体重,トリグリセライドに対する有効性の検討。
[主要論文:2003年08月]   [全論文最新:2003年08月]
VEPARAF [持続性心房細動]
電気的除細動後にCa拮抗薬verapamilをIc群またはIII群抗不整脈薬へ追加投与した場合,心房細動の再発を有意に抑制。
[主要論文:1991年]   [全論文最新:1991年]
VERDI [軽・中等症高血圧]
利尿薬hydrochlorothiazideおよびCa拮抗薬徐放性verapamilの単独投与,併用投与の有効性と忍容性を比較。降圧効果:verapamil>hydrochlorothiazide。hydrochlorothiazideにverapamilを追加>verapamilにhydrochlorothiazideを追加。
[主要論文:2007年11月]   [全論文最新:2007年11月]
VERITAS [急性心不全]
エンドセリン受容体拮抗薬tezosentanによる呼吸困難および転帰の改善は認められなかった。
[主要論文:2005年03月]   [全論文最新:2005年03月]
VERITAS 
【学会情報 ACC 2005】 急性心不全患者において,エンドセリン受容体拮抗薬tezosentanは安全ながら,呼吸困難および心不全悪化の抑制効果は確認されず。
[主要論文:2004年06月]   [全論文最新:2004年06月]
VESPA [PCI施行例]
PCI後の臨床転帰および冠動脈造影上の再狭窄に対するCa拮抗薬verapamilの有効性を検討。晩期血管径損失,:verapamil群≒プラセボ群。死亡+心筋梗塞+標的血管の血行再建術の再施行抑制効果:verapamil群>プラセボ群*。
[主要論文:1998年12月]   [全論文最新:2001年04月]
VEST [心不全]
陽性変力作用薬vesnarinone投与後の死亡率と合併症発生率をプラセボと比較,QOLも評価。死亡抑制:プラセボ>vesnarinone*。QOL改善:vesnarinoe>プラセボ*。
[主要論文:1997年11月]   [全論文最新:1997年11月]
VHAS [本態性高血圧]
Ca拮抗薬verapamilと利尿薬chlorthalidoneの長期投与による降圧効果,安全性,頸動脈壁病変への効果を検討。降圧効果:verapamil≒chlorthalidone。脂質改善:verapamil>chlorthalidone*。
[主要論文:2013年10月]   [全論文最新:2013年10月]
VIASTAR [大腿膝窩動脈の長病変を有する症候性末梢動脈疾患]
heparin-bonded ePTFE-covered stent(viabahn endoprosthesis:VIA)はベアメタルステント(BMS)にくらべ開存率に優れ,合併症は同等かを検証する。12か月後の一次開存率:VIA群>BMS群,30日以内の合併症:VIA群≒BMS群。
[主要論文:2020年05月]   [全論文最新:2020年05月]
VICTORIA [HFrEF症例に対するsGC刺激薬]
心不全悪化を認めるHFrEF症例における新規治療薬vericiguat投与は,プラセボにくらべ,CV死および心不全による入院リスクを有意に低減。
 
【学会情報 ACC 2020】 LVEFが低下した慢性心不全患者において,経口可溶性グアニル酸シクラーゼ(sGC)刺激剤ベルイシグアト(vericiguat)群はプラセボ群にくらべ,CV死または心不全による入院の複合を低減。
[主要論文:2008年04月]   [全論文最新:2008年04月]
VICTORY 
【学会情報 ACC 2008】 CABG施行後の至適な治療を受けている2型糖尿病患者において,インスリン抵抗性改善薬rosiglitazoneの有用性が示される。
[主要論文:2016年06月]   [全論文最新:2016年06月]
VINDICATE [左室収縮不全による慢性心不全患者]
長期の高用量ビタミンD3(コレカルシフェロール)補給が運動耐容能と心機能にもたらす有効性と安全性を検討。12か月後の6分間歩行距離:ビタミンD群≒プラセボ群。
[主要論文:2002年02月]   [全論文最新:2002年02月]
VINO [ST上昇のない急性心筋梗塞]
即日の冠血管造影および血管形成術の有効性を保守的治療と比較。死亡および非致死性心筋梗塞抑制効果:即日の冠動脈造影,血行再建術>保守的治療*。
[主要論文:2006年01月]   [全論文最新:2006年01月]
VINTAGE MI [ST上昇型心筋梗塞]
梗塞後の標準治療にL-アルギニンの追加投与による動脈硬度および心機能の改善は認められず,死亡増加の可能性がある。
[主要論文:2018年02月]   [全論文最新:2018年02月]
VIRGO [若年ST上昇型心筋梗塞患者]
米国コホート(US VIRGO)において,再灌流療法の施行率とガイドラインが推奨する時間枠での再灌流療法の実施に性差がみられるかを検証。若年の女性患者は同年齢の男性にくらべ再灌流療法が行われないことが多く,再灌流療法までの時間が長かった。この差はPCI施設に搬送された患者,血栓溶解療法を施行した患者で顕著。
[主要論文:2004年02月]   [全論文最新:2004年02月]
VISP [介護を必要としない脳梗塞症例でホモシステイン高値例]
ホモシステイン低下療法が再発を抑制するかを検討。ビタミン投与による総ホモシステイン値の中等度の低下は,2年間の心血管の予後を改善せず。
[主要論文:2013年11月]   [全論文最新:2013年11月]
【学会情報 AHA 2013】 急性冠症候群患者において,atorvastatin+通常ケアへの新規分泌型ホスホリパーゼA2阻害薬バレスプラジブ(varespladib)の追加による16週後の心血管転帰の改善は認められなかった。無益性が認められたため早期中止。
[主要論文:2019年01月]   [全論文最新:2019年01月]
VITAL [一般集団におけるビタミンD製剤およびn-3系脂肪酸投与のCVD一次予防効果]
がん, CVDの既往のない米国人一般集団において, ビタミンD製剤およびn-3系脂肪酸の投与は, プラセボにくらべ浸潤性がん, CVイベントを抑制しなかった。
 
VITAL 
【学会情報 AHA 2018】 CVD,がんの一次予防における検討において,高用量ビタミンD(2,000 IU/日)およびω3脂肪酸投与(1 g/日)による主要CVDイベントおよび浸潤性がん発症の有意な低下は示されず。
[主要論文:2015年08月]   [全論文最新:2015年08月]
VLDL [米国の大規模脂質データ登録研究]
・non–HDL-CとLDL-Cのパーセンタイルの有意な不一致が,とくにLDL-C低値,TG高値例で認められた。 ・TC/HDL-C比とLDL-C,non–HDL-Cの大きな不一致が認められた。 ・女性は中年期以降アテローム惹起性リポ蛋白質コレステロールが増加,リポ蛋白の比重の特徴が男性に近づく。
[主要論文:2002年03月]   [全論文最新:2002年03月]
VMAC [非代償性うっ血性心不全]
標準治療に追加するnitroglycerin,リコンビナントヒトBNP nesiritide静注の有効性と安全性を比較。血行力学的機能改善および自己評価による症状が改善効果:nesiritide>nitroglycerin>プラセボ。
[主要論文:2007年03月]   [全論文最新:2007年03月]
VOYAGER 
【日本のトライアル】 朝の家庭血圧が高い症例におけるARB valsartanによる至適降圧治療の検討。
 
【学会情報 ACC 2020】 下肢およびCVイベントリスクが高い,下肢血行再建術後のPAD患者において,経口直接Xa阻害薬リバーロキサバン群はプラセボ群にくらべ,虚血や下肢切断などのCVイベントリスクが低下。TIM大出血は同程度,ISTH大出血は多かった。
 
【学会情報 ACC 2020】 VOYAGER-PAD試験のサブ解析。ベースラインのクロピドグレル服用が,リバーロキサバン+アスピリンの併用療法による下肢およびCVイベント抑制に及ぼす影響は認められなかった。
[主要論文:2003年05月]   [全論文最新:2003年05月]
VPS II [血管迷走神経性失神患者]
ペーシング治療は失神の再発リスクを低下させなかった。
[主要論文:2013年06月]   [全論文最新:2013年06月]
VADT 
【学会情報 ADA 2013】 血圧,脈圧が腎転帰に及ぼす影響 Blood Pressure and Pulse Pressure Effects on Renal Outcomes in the Veterans Affairs Diabetes Trial (VADT)
[主要論文:2007年08月]   [全論文最新:2009年06月]
WACS [40歳以上の心血管疾患高リスク女性]
ビタミンC,ビタミンE,βカロテンの心血管イベントに対する二次予防効果は認められなかった。
[主要論文:2008年05月]   [全論文最新:2008年05月]
WAFACS [高リスク女性]
葉酸,ビタミンB6,B12は,ホモシステイン値を有意に低下したものの,心血管イベント抑制効果は認められなかった。
[主要論文:2006年11月]   [全論文最新:2006年11月]
WAFACS 
【学会情報 AHA 2006】 心血管疾患既往あるいは高リスク女性において,葉酸およびビタミンBによる心血管疾患予防効果は認められず。
[主要論文:2012年05月]   [全論文最新:2012年05月]
WARCEF [洞調律の心不全患者]
warfarin,aspirinの有効性を比較する。脳梗塞+脳出血+死亡の複合エンドポイント初発:warfarin群≒aspirin群。
[主要論文:2012年02月]   [全論文最新:2012年02月]
WARCEF 
【学会情報 ISC 2012】 warfarinとaspirinの脳卒中および死亡予防効果は同等(7.47%/年 vs 7.93%/年)。大出血はwarfarin群で有意に増加(1.78%/年 vs 0.87%/年)。追跡期間3.5年。
[主要論文:2012年06月]   [全論文最新:2012年06月]
【meta-analysis】 急性脳梗塞患者において,遺伝子組み換え組織プラスミノゲンアクチベータ(rt-PA)療法により転帰良好例と自立例が増加した。発症後6時間までは有効な場合はあるが,できるだけ早期に治療を行うべきとの従来のエビデンスをさらに裏付ける結果が示された。
[主要論文:2012年05月]   [全論文最新:2012年05月]
WARFASA [ビタミンK拮抗薬治療終了後の静脈血栓塞栓症]
二次予防効果:aspirin群>プラセボ群*。
[主要論文:1990年07月]   [全論文最新:1990年07月]
WARIS [急性心筋梗塞]
死亡率,再梗塞および脳血管障害の発生に対する抗凝固薬warfarinの効果を検討。死亡・再梗塞・脳血管障害抑制:warfarin>プラセボ*。
[主要論文:2002年09月]   [全論文最新:2002年09月]
WARIS II [心筋梗塞後]
抗血小板薬aspirin単独投与,抗凝固薬warfarin単独投与,併用投与の有効性,安全性を比較。warfarinは単独,併用投与のいずれもイベント抑制効果でaspirinよりも優れていたが,出血リスクが高い。
[主要論文:2001年09月]   [全論文最新:2001年09月]
【学会情報 ESC 2001】 MI後の症例において抗凝固薬warfarin+抗血小板薬aspirin投与は,死亡+非致死性MI+脳卒中の発生率をaspirin単独投与よりも有意に低下。
[主要論文:2001年11月]   [全論文最新:2004年02月]
WARSS [非心原性脳梗塞の既往例]
抗血小板薬aspirinよりも心原性塞栓症の抑制効果で優る抗擬固薬warfarinが再発予防効果で優るかを検討。再発,死亡,重大な出血抑制効果:aspirin≒warfarin。
‹ First7172737475
▲pagetop

EBM 「循環器トライアルデータベース
ライフサイエンス出版
ご不明の点はお問い合わせください
 

(c) copyright 2001-. Life Science Publishing Co., Ltd