A PHP Error was encountered

Severity: Warning

Message: Invalid argument supplied for foreach()

Filename: controllers/Trial.php

Line Number: 444

Backtrace:

File: /Library/filemaker.ne.jp/Users/Main/Data/Web/circ/application/controllers/Trial.php
Line: 444
Function: _error_handler

File: /Library/filemaker.ne.jp/Users/Main/Data/Web/circ/index.php
Line: 315
Function: require_once

A PHP Error was encountered

Severity: Warning

Message: Invalid argument supplied for foreach()

Filename: controllers/Trial.php

Line Number: 662

Backtrace:

File: /Library/filemaker.ne.jp/Users/Main/Data/Web/circ/application/controllers/Trial.php
Line: 662
Function: _error_handler

File: /Library/filemaker.ne.jp/Users/Main/Data/Web/circ/application/controllers/Trial.php
Line: 514
Function: viewSearchKey

File: /Library/filemaker.ne.jp/Users/Main/Data/Web/circ/index.php
Line: 315
Function: require_once

検索結果|循環器トライアルデータベース
循環器トライアルデータベース

HOME  
絞り込み検索を行う 

ソート順: アルファベット順 | 発表年順 | 全論文発表年順
検索結果 2966件 (241 〜 280件) Excelでダウンロード(TrialDB.xls)
‹ First56789Last ›

 
[主要論文:2006年03月]   [全論文最新:2006年03月]
【学会情報 ACC 2006】 人工心肺使用の心臓手術例において,HMG-CoA reductase阻害薬atorvastatinの術前投与により術後の心房細動が有意に抑制された。
[主要論文:2010年08月]   [全論文最新:2010年08月]
ARMYDA-5 PRELOAD [clopidogrel非投与のさまざまな虚血性冠症候群]
冠動脈造影後,PCI施行時の心臓カテーテル室(in-lab)における抗血小板薬clopidogrel 600mgローディング前投与の有効性をルーチンのローディング前投与(pre-load)と比較。30日後のMACE:in-lab群≒pre-load群。
[主要論文:2007年03月]   [全論文最新:2007年03月]
ARMYDA-ACS [PCIを施行する急性冠症候群]
HMG-CoA reductase阻害薬atorvastatinの有効性を検討。30日後の主要有害心イベント抑制効果:atorvastatin群>プラセボ群*。
[主要論文:2007年03月]   [全論文最新:2007年03月]
【学会情報 ACC 2007】 PCIを施行するACSにおいて,atorvastatin前投与により周術期の心筋梗塞が抑制され30日後の主要な心イベント発生率が低下。
[主要論文:2009年08月]   [全論文最新:2009年08月]
ARMYDA-RECAPTURE [PCIを施行するスタチン投与例]
PCI施行前のatorvastatinの追加投与の有効性を検討する。30日後の有害心イベント抑制効果:atorvastatin群>プラセボ群*。
[主要論文:2009年03月]   [全論文最新:2009年03月]
【学会情報 ACC 2009】 スタチン慢性投与例において,PCI施行前投与・直前の追加投与により心血管疾患が抑制される。
[主要論文:2008年04月]   [全論文最新:2008年04月]
【学会情報 ACC 2008】 clopidogrelを投与されているPCI施行例への手技前追加投与により,非ST上昇型ACSでは有害心イベントが有意に抑制されたが,安定症例では有効性は認められず。
[主要論文:2014年12月]   [全論文最新:2014年12月]
ARREST-AF [心房細動に対するアブレーション]
積極的な危険因子の管理により心房細動(AF)の負荷および重症度が低下し,AFアブレーション後の長期転帰は改善。
[主要論文:2010年08月]   [全論文最新:2010年08月]
ART 
【学会情報 ESC 2010】 CABGにおける両側内胸動脈グラフトは,片側内胸動脈グラフトと比べて30日後,1年後の死亡,心血管リスク,入院日数を増大せず。
[主要論文:2012年08月]   [全論文最新:2012年08月]
ARTIS [alteplaseを静注している急性脳梗塞患者]
[早期終了]aspirin静注早期併用の有効性を検討。3か月後の良好な転帰(mRsスコア):aspirin併用群≒標準治療群。aspirin併用群で頭蓋内出血リスクが上昇。
[主要論文:2002年02月]   [全論文最新:2002年02月]
ARTIST [びまん性ステント再狭窄]
rotational atherectomy+バルーン(ROTA群)とバルーン単独(PTCA群)とを比較。6か月後の血管造影結果はROTA群に比べPTCA群の方が有意に良好。
[主要論文:2010年11月]   [全論文最新:2010年11月]
ARTIST 
【日本のトライアル】 高血圧患者におけるβ遮断薬の脈圧への影響の検討。
[主要論文:2001年04月]   [全論文最新:2005年08月]
ARTS [多枝疾患]
ステントとバイパスの有効性とコストを比較。1年間でステントはバイパスより血行再建術の再施行率は高いが,医療費は低い。
[主要論文:2005年09月]   [全論文最新:2005年09月]
ARTS II 
【学会情報 ESC 2005】 多枝疾患患者において, 1年後の有害心脳血管イベント率はsirolimus溶出ステントの方がARTS I(CABG)より低い。
[主要論文:2005年03月]   [全論文最新:2005年03月]
ARTS II 
【学会情報 ACC 2005】 多枝疾患において,sirolimus溶出ステントはARTS IのCABGよりも優れている。
[主要論文:2014年02月]   [全論文最新:2014年02月]
ARUBA [未破裂脳動静脈奇形]
[早期終了]内科的治療は内科的治療+予防的介入治療にくらべ死亡および症候性脳卒中の抑制に優れるかを検討する。全死亡,症候性脳卒中の複合エンドポイント抑制効果:内科的治療群>内科的治療+予防的介入治療群*。
[主要論文:1990年12月]   [全論文最新:1990年12月]
ASAAC [冠動脈バイパス術後のグラフト閉塞]
低用量aspirinと抗凝固薬heparinで冠動脈バイパス術後のグラフト閉塞に対する効果を比較。閉塞改善効果:aspirin≒heparin。
[主要論文:2010年10月]   [全論文最新:2010年10月]
ASAN-MAIN Registry [非保護左主幹部疾患]
韓国の血行再建施行症例の登録研究。PCIの長期死亡,死亡+Q波梗塞+脳卒中はCABGと同等であるが,ステントはDESでも血行再建術の再施行率がCABGより高い。
[主要論文:2011年01月]   [全論文最新:2011年01月]
Asan-Multivessel Registry [多枝病変]
DES植込み例とCABG施行例において,長期転帰を比較する。5年後の死亡および心血管転帰は同等であったが,再血行再建術の施行率はDES植込み例のほうが高かった。
[主要論文:2003年02月]   [全論文最新:2003年02月]
ASAP [壮年の高リスク患者]
6年間のビタミンEおよびCの補充療法によるアテローム性頸動脈硬化症の進展予防効果を検討。総頸動脈内膜-中膜肥厚抑制効果:補充療法群>プラセボ群*(女性では有意差なし)。
[主要論文:2001年02月]   [全論文最新:2003年01月]
ASAP [アテローム性動脈硬化]
HMG-CoA reductase阻害薬による強力脂質低下療法(atorvastatin高用量)が現行の治療(simvastatin)よりも動脈硬化の進展を抑制するかを検討。頸動脈内膜-中膜肥厚減少効果,LDL-C低下効果:高用量atorvastatin>simvastatin*。
[主要論文:2003年03月]   [全論文最新:2003年03月]
ASAP [症候性心房細動・粗動]
III群抗不整脈薬azimilideの有効性を別々に行われた4試験(SVA-1~4)で検討。無症候性心房細動(Af)は症候性Af既往を有する未治療患者でしばしば発症し,azimilideは無症候性Afを抑制する可能性がある。
[主要論文:1997年04月]   [全論文最新:1997年04月]
ASCB [頸動脈狭窄]
aspirin の血管イベント抑制効果を検討。重篤な頸動脈狭窄は血管イベントのリスク因子。高度狭窄症例にaspirinは効果なし。無症候性狭窄の自然歴も追跡。
[主要論文:2018年10月]   [全論文最新:2018年10月]
ASCEND [糖尿病患者の心血管疾患一次予防]
既知のCVDのない糖尿病患者に対する低用量aspirin投与は, 初発の重篤なCVイベントリスクを低減するが, 大出血イベントの増加によりaspirinの絶対的ベネフィットは大幅に相殺される。
[主要論文:2011年07月]   [全論文最新:2017年06月]
ASCEND-HF [急性非代償性心不全]
血管拡張作用を有する組換えヒトB型ナトリウム利尿ペプチドnesiritideの標準治療へ追加した場合の呼吸困難,入院,死亡への影響を検討。再入院+全死亡:nesiritide群≒プラセボ群,6時間後および24時間後の呼吸困難の改善:nesiritide群>プラセボ群*。
[主要論文:2010年11月]   [全論文最新:2010年11月]
【学会情報 AHA 2010】 急性代償性心不全患者において,標準治療へのヒトB型ナトリウム利尿ペプチドであるネシリチド(nesiritide)の追加は30日後の心不全による再入院,死亡を抑制せず(vs プラセボ)。
[主要論文:2001年01月]   [全論文最新:2001年01月]
ASCENT [待機的病変例]
第2世代ステント(ML)と標準ステント(PS)の有効性および安全性を比較。残存狭窄抑制効果,死亡・心筋梗塞・血行再建術の抑制効果:ML>PS。
[主要論文:2012年04月]   [全論文最新:2012年04月]
ASCERT [PCI,CABG]
PCIおよび心臓手術のデータベースと保険請求データを用いてPCIとCABGを比較:高齢(74歳)の多枝病変患者の長期生存率は,CABG例のほうがPCI例よりも良好/ データから作成したモデルはCABG後の死亡リスクを良好に予測。
[主要論文:2012年03月]   [全論文最新:2012年03月]
ASCERT 
【学会情報 ACC 2012】 多枝病変に対する血行再建4年後の生存率は,CABGのほうがPCIよりも高い。
[主要論文:2010年11月]   [全論文最新:2010年11月]
ASCOT 
【学会情報 AHA 2010】 従来のリスクモデルにCRPを加えても心血管イベントリスク層別の改善は小さい。
[主要論文:2006年10月]   [全論文最新:2006年10月]
ASCOT 
【学会情報 ISH 2006】 冠動脈疾患(CHD)および脳卒中リスクを65%低下。
[主要論文:2005年09月]   [全論文最新:2010年04月]
ASCOT-BPLA [心血管イベントの危険因子を3つ以上有する高血圧患者]
冠動脈疾患(CHD)の一次予防効果を,Ca拮抗薬amlodipineをベースとする新規の降圧療法(ACE阻害薬perindoprilを併用:Am(+P)群)とβ遮断薬atenololをベースとする従来の降圧療法(サイアザイド系利尿薬bendroflumethiazideを併用:At(+T)群)とで比較。At(+T)群で死亡例が多く試験は予定より早く中止。非致死的心筋梗塞および致死的CHD抑制効果:Am(+P)群>At(+T)群。
[主要論文:2006年09月]   [全論文最新:2006年09月]
【学会情報 WCC/ESC 2006】 ベースライン時の空腹時血糖値,BMI,降圧治療,HDL-C,トリグリセリドが新規糖尿病発症の予測因子である。
[主要論文:2005年09月]   [全論文最新:2005年09月]
【学会情報 ESC 2005】 心血管イベントの危険因子を3つ以上有する高血圧患者において,長時間作用型Ca拮抗薬amlodipineをベースとしたACE阻害薬perindoprilとの併用療法はβ遮断薬atenololをベースとした利尿薬thiazideとの併用療法よりも主要心血管イベント,全死亡,新規糖尿病発症を抑制。
[主要論文:2005年03月]   [全論文最新:2005年03月]
【学会情報 ACC 2005】 高血圧患者において,amlodipine/perindopril治療は主要心血管イベント,死亡,新規糖尿病発症抑制効果でatenolol/thiazideよりも優れていた。
[主要論文:2003年04月]   [全論文最新:2011年10月]
ASCOT-LLA [心血管イベントの危険因子を3つ以上有しコレステロールが平均値以下]
非致死的心筋梗塞と致死的CHD抑制効果:atorvastatin群>プラセボ群*。
[主要論文:2003年04月]   [全論文最新:2003年04月]
【学会情報 ACC 2003】 コレステロールが平均値より低い高血圧患者において,HMG-CoA reductase阻害薬atorvastatin治療により心血管リスクが低下。
[主要論文:2014年12月]   [全論文最新:2014年12月]
【日本のトライアル】 アジアの経カテーテル的大動脈弁置換術(TAVR)登録研究(日本参加の世界共同研究)
[主要論文:1990年12月]   [全論文最新:1990年12月]
ASIS [安定労作性狭心症]
β遮断薬propranolol-LA,Ca拮抗薬diltiazem-SR,nifedipineで無症候性心筋虚血の発現頻度と発作持続時間の低下に有効な単剤療法を検討。虚血の発現抑制効果:propranolol>プラセボ*。
[主要論文:1994年08月]   [全論文最新:1994年08月]
ASIST [冠動脈疾患]
β遮断薬atenololの年間イベント発生率に及ぼす効果を検討。死亡・心室性不整脈・心筋梗塞抑制効果:atenolol>プラセボ*。
‹ First56789Last ›
▲pagetop

EBM 「循環器トライアルデータベース
ライフサイエンス出版
ご不明の点はお問い合わせください
 

(c) copyright 2001-. Life Science Publishing Co., Ltd