A PHP Error was encountered

Severity: Warning

Message: Invalid argument supplied for foreach()

Filename: controllers/Trial.php

Line Number: 444

Backtrace:

File: /Library/filemaker.ne.jp/Users/Main/Data/Web/circ/application/controllers/Trial.php
Line: 444
Function: _error_handler

File: /Library/filemaker.ne.jp/Users/Main/Data/Web/circ/index.php
Line: 315
Function: require_once

A PHP Error was encountered

Severity: Warning

Message: Invalid argument supplied for foreach()

Filename: controllers/Trial.php

Line Number: 662

Backtrace:

File: /Library/filemaker.ne.jp/Users/Main/Data/Web/circ/application/controllers/Trial.php
Line: 662
Function: _error_handler

File: /Library/filemaker.ne.jp/Users/Main/Data/Web/circ/application/controllers/Trial.php
Line: 514
Function: viewSearchKey

File: /Library/filemaker.ne.jp/Users/Main/Data/Web/circ/index.php
Line: 315
Function: require_once

検索結果|循環器トライアルデータベース
循環器トライアルデータベース

HOME  
絞り込み検索を行う 

ソート順: アルファベット順 | 発表年順 | 全論文発表年順
検索結果 2966件 (201 〜 240件) Excelでダウンロード(TrialDB.xls)
‹ First45678Last ›

 
[主要論文:2006年12月]   [全論文最新:2006年12月]
APAF [罹病期間の長い発作性心房細動で抗不整脈薬治療に抵抗性の症例]
肺静脈アブレーション(CPVA)と抗不整脈薬治療(ADT)の効果を比較。1年間の心房性頻脈性不整脈の再発抑制効果:CPVA群>ADT群*。
[主要論文:2006年03月]   [全論文最新:2006年03月]
APAF 
【学会情報 ACC 2006】 肺静脈周囲アブレーション(CPVA)は薬物療法に比べて,発作性心房細動を有意に抑制した。
[主要論文:2012年06月]   [全論文最新:2012年06月]
【meta-analysis】 アジア太平洋地域において,血圧上昇による心血管疾患リスクの増大は,前高血圧および孤立性拡張期高血圧を含むすべての高血圧サブタイプで認められた。
[主要論文:2011年11月]   [全論文最新:2011年11月]
【meta-analysis】 他の脂質異常を伴わない低HDL-C血症(単独低HDL-C血症)はアジア人に比較的多い新しいタイプの脂質異常症であり,冠動脈疾患リスク上昇と関連する。
[主要論文:2016年08月]   [全論文最新:2016年08月]
APEX [急性内科疾患患者]
経口直接第Xa因子阻害薬ベトリキサバン(betrixaban)の長期投与の血栓予防効果を検討する。Dダイマー上昇例での第32~47日の無症候性の近位DVT,第1~42日の症候性の近位/遠位DVT,症候性の非致死的PE,VTE死の複合エンドポイント:betrixaban群≒enoxaparin群。
[主要論文:2007年01月]   [全論文最新:2009年05月]
APEX AMI [急性ST上昇型心筋梗塞]
PCIに補体C5に対するヒトモノクローナル抗体pexelizumabを併用した場合の有効性を検討。30日後の総死亡抑制効果:pexelizumab群≒プラセボ群。
[主要論文:2006年11月]   [全論文最新:2006年11月]
【学会情報 AHA 2006】 ST上昇型急性心筋梗塞後のPCIを施行症例において,補体C5に対するモノクロナール抗体pexelizumabの死亡抑制効果は認められず。
[主要論文:2008年07月]   [全論文最新:2008年07月]
APOLLO 
【日本のトライアル】 冠動脈プラークを有する患者におけるHMG-CoA reductase阻害薬 rosuvastatinによる積極的脂質低下療法の有効性の評価
[主要論文:2019年11月]   [全論文最新:2019年11月]
Apple Heart Study [ウェラブルデバイスの心房細動検出能]
施設を必要としない本研究の実践的研究デザインは, 参加者所有のデバイスを活用してアウトカムやアドヒアランスを確実に評価できる大規模実践的研究の基盤を提供するものである。
[主要論文:2011年08月]   [全論文最新:2011年08月]
APPRAISE-2 [急性冠症候群後の高リスク例]
[早期中止]経口直接第Xa因子阻害薬apixabanを標準的抗血小板療法に追加した場合,虚血イベント再発抑制効果が出血リスクを上回るかを検証。apixaban群で臨床的に重要な出血イベントが増加し,そのリスクを相殺する虚血イベント抑制効果が認められなかった。
[主要論文:2004年10月]   [全論文最新:2013年07月]
APPROACH [血行再建術]
血行再建術非施行例に比べ,CABGは腎機能を問わず良好な生存率をもたらした一方,PCIは参照群および血液透析依存例では死亡リスクを低下させたが,血液透析非依存患者の死亡率は抑制しなかった。腎疾患や透析への依存は血行再建術,特にCABGについての障害とはならない。
[主要論文:2010年03月]   [全論文最新:2010年03月]
APPROACH [心血管疾患既往を有する2型糖尿病患者]
インスリン抵抗性改善薬であるチアゾリジンジオン系薬剤rosiglitazoneの冠動脈アテローム性動脈硬化進展に対する効果をスルホニル尿素薬のglipizideと比較。インターベンションを施行していない冠動脈におけるアテローム容積率:rosiglitazone群≒glipizide群。
[主要論文:2008年11月]   [全論文最新:2008年11月]
【学会情報 AHA 2008】 心血管疾患既往を有する2型糖尿病患者におけるインスリン抵抗性改善薬rosiglitazoneのアテローム性動脈硬化進展抑制効果はSU薬glipizideと差はない。
[主要論文:2013年05月]   [全論文最新:2013年05月]
APPROVAL [心房細動(AF)・粗動(AFL)合併例]
AFとAFL(AF±AFL)アブレーションの再発予防およびQOL改善効果を,AFLのみのアブレーションと比較する。不整脈再発抑制効果:AF±AFLアブレーション群>AFLアブレーション群*。
[主要論文:2008年11月]   [全論文最新:2008年11月]
APPROVe [大腸腺腫を1つ以上有するもの]
大腸腺腫患者におけるCOX-2阻害薬rofecoxibの大腸腫瘍性ポリープの再発抑制効果を検討する試験であったが,心血管毒性の発現によって治療が中止されたため,全症例において治療中止から1年以上後の心血管転帰を検討。rofecoxibは心血管イベントを増加させ,治療早期のリスク上昇は治療中止後1年間持続した。
[主要論文:1993年05月]   [全論文最新:1993年05月]
APRICOT [急性心筋梗塞]
aspirin,warfarin,heparinで血栓溶解療法成功後の再閉塞と虚血再発の予防効果を比較。再閉塞率は群間に有意差なし。血行再建術抑制効果:aspirin>プラセボ*。イベント抑制効果:aspirin>warfarin,プラセボ*。
[主要論文:2002年08月]   [全論文最新:2002年08月]
APRICOT-2 [急性心筋梗塞が疑われる血栓溶解療法成功例]
aspirinによる抗血栓療法と補助的なprolonged 抗凝固療法の併用の,再閉塞および虚血イベント再発の予防効果を検討。aspirin+coumarin>aspirin*。
[主要論文:1997年03月]   [全論文最新:1997年03月]
APSI [急性心筋梗塞]
β遮断薬acebutolol治療の有効性を検討。死亡率低下はacebutolol>プラセボ*。
[主要論文:1996年01月]   [全論文最新:2000年06月]
APSIS [安定狭心症]
β遮断薬metoprololまたはCa拮抗薬verapamilの長期治療による全心血管エンドポイントと心理因子に対する効果を検討。全心血管イベント抑制,心理因子に対する効果:metoprolol≒verapamil。
[主要論文:1995年12月]   [全論文最新:1995年12月]
APTH [高血圧]
集団平均値より算出したT/P比と,個々で算出したT/P比の平均値のいずれが降圧薬の評価に適しているかを検討。全例のT/P比は左右均等な分布を示さず。再現性は不良。
[主要論文:2013年09月]   [全論文最新:2013年09月]
【学会情報 ESC 2013】 前高血圧(SBP 125-139mmHg,DBP<90mmHg)の症候性冠動脈疾患(20%<狭窄率<50%)で,さらに2つの危険因子を有する患者において,直接レニン阻害薬aliskiren 追加による>72週後のアテローム性動脈硬化症進展の有意な抑制は認められず。
[主要論文:2001年03月]   [全論文最新:2001年03月]
ARBITER [冠動脈心疾患]
[中間報告]HMG-CoA reductase阻害薬pravastatin,atorvastatinのLDL-C低下効果+頸動脈のアテローム動脈硬化進展抑制効果を比較。
[主要論文:2004年12月]   [全論文最新:2004年12月]
ARBITER 2 [スタチン治療を受けている冠動脈疾患患者]
低HDL-Cに有効なniacinを追加投与によりアテローム性動脈硬化の進展が遅延した。
[主要論文:2004年11月]   [全論文最新:2004年11月]
【学会情報 AHA 2004】 HDL-Cが低めの冠動脈疾患患者において,ナイアシン+スタチンはアテローム性動脈硬化の進展を抑制した。
[主要論文:2009年11月]   [全論文最新:2012年12月]
ARBITER 6-HALTS [スタチンを長期投与しているCAD,CADと同等のリスク患者]
スタチンへの上乗せ効果をHDL-Cを上昇させるニコチン酸徐放剤(niacin)とLDL-Cを低下させるコレステロールトランスポーター阻害薬ezetimibeとで比較。14か月後の総頸動脈内膜-中膜肥厚退縮:ニコチン酸徐放剤群>ezetimibe群*。
[主要論文:2009年11月]   [全論文最新:2009年11月]
【学会情報 AHA 2009】 スタチン長期投与例の頸動脈内膜-中膜肥厚退縮効果は,ニコチン酸徐放剤 (niacin) 追加投与が小腸コレステロールトランスポーター阻害薬ezetimibe追加投与より大きい。
[主要論文:1999年08月]   [全論文最新:1999年08月]
ARCH [開心術施行者]
抗不整脈薬amiodaroneの低用量静注が,開心術後の心房細動および入院期間に及ぼす効果を検討。心房細動抑制効果:amiodarone>プラセボ*。入院期間:amiodarone≒プラセボ。
[主要論文:2012年11月]   [全論文最新:2012年11月]
ARCTIC 
【学会情報 AHA 2012】 薬剤溶出性ステント植込み患者において,血小板機能検査によるモニタリングとそれにより調整した抗血小板治療による1年後の心血管転帰の改善は認められず。
[主要論文:2014年11月]   [全論文最新:2014年11月]
ARCTIC-Interruption [DES後1年間イベントを発症しなかったもの]
全死亡,心筋梗塞,脳卒中/TIA,緊急血行再建術,ステント血栓症の複合エンドポイント:2剤併用抗血小板療法(DAPT)をさらに6か月以上継続群(DAPT総実施期間は18か月)≒DAPT中止群(12か月)。
[主要論文:2018年05月]   [全論文最新:2018年05月]
ARIC [疫学]
アテローム性動脈硬化の原因を検討する試験。様々なリスク因子,治療,および人種,性,居住場所,罹患期間における臨床経過について検討。
[主要論文:2003年04月]   [全論文最新:2003年04月]
ARIC 
【学会情報 ACC 2003】 アテローム性動脈硬化の原因を検討しているケース-コホートスタディ。冠動脈心疾患例はリポ蛋白関連ホスホリパーゼ A2の値が高い。
[主要論文:2007年03月]   [全論文最新:2007年03月]
ARISE 
【学会情報 ACC 2007】 最近発症した高リスクのACS患者において,新規抗酸化薬であるsuccinobucolの心血管イベント抑制効果は認められなかった。
[主要論文:2011年09月]   [全論文最新:2015年08月]
ARISTOTLE [脳卒中の危険因子を有する心房細動患者]
新規経口抗凝固薬である直接第Xa因子阻害薬アピキサバン(apixaban)の脳卒中および全身性塞栓症予防効果を標準治療(用量調整warfarin)と比較する。脳卒中,全身性塞栓症予防におけるapixabanのwarfarinに対する優越性が認められ,出血,死亡リスクも低かった。
[主要論文:2012年02月]   [全論文最新:2012年02月]
【学会情報 ISC 2012】 apixabanはwarfarinにくらべて脳卒中または全身性塞栓症の再発を24%,大出血を27%,頭蓋内出血を63%抑制した。
[主要論文:2011年08月]   [全論文最新:2011年08月]
【学会情報 ESC 2011】 脳卒中の危険因子を有する心房細動患者の脳卒中,全身性塞栓症抑制において,新規経口凝固薬である直接Xa因子阻害薬アピキサバン(apixaban)のwarfarinに対する優越性が認められる。出血および死亡リスクもapixabanのほうが低かった(日本参加の国際共同研究)。
[主要論文:2011年07月]   [全論文最新:2011年07月]
【日本のトライアル】 日本人心房細動患者における新規経口抗凝固薬である第Xa因子阻害薬アピキサバン(apixaban) 2.5mg×2回/日,5mg×2回/日の12週間投与の忍容性は良好である。 日本人を含む世界共同第III相試験が進行中*である * 編集注:本結果が2011年ESCで発表され文献化された(ARISTOTLE-J)。
[主要論文:1991年08月]   [全論文最新:1991年08月]
ARMS [急性心筋梗塞]
血栓溶解薬APSAC投与90分後の再閉塞および投与後24時間以内の冠動脈開存性を検討。低再閉塞率が認められた。
[主要論文:2004年08月]   [全論文最新:2004年08月]
ARMYDA [PCI施行例]
HMG-CoA reductase阻害薬atorvastatinの術前投与は施術による心筋傷害を有意に低下。
[主要論文:2005年04月]   [全論文最新:2005年04月]
ARMYDA-2 [PCI施行予定例]
抗血小板薬clopidogrel高用量の前投与による心筋ダメージ抑制効果を検討。30日後の死亡,心筋梗塞,標的血管血行再建術抑制効果:高用量(600mg)群>標準用量(300mg)群*。
[主要論文:2006年10月]   [全論文最新:2006年10月]
ARMYDA-3 [待機的心臓手術後]
HMG-CoA reductase阻害薬atorvastatinの術後の心房細動(AF)抑制効果を検討。AF抑制効果:atorvastatin群>プラセボ群*。
‹ First45678Last ›
▲pagetop

EBM 「循環器トライアルデータベース
ライフサイエンス出版
ご不明の点はお問い合わせください
 

(c) copyright 2001-. Life Science Publishing Co., Ltd