A PHP Error was encountered

Severity: Warning

Message: Invalid argument supplied for foreach()

Filename: controllers/Trial.php

Line Number: 444

Backtrace:

File: /Library/filemaker.ne.jp/Users/Main/Data/Web/circ/application/controllers/Trial.php
Line: 444
Function: _error_handler

File: /Library/filemaker.ne.jp/Users/Main/Data/Web/circ/index.php
Line: 315
Function: require_once

A PHP Error was encountered

Severity: Warning

Message: Invalid argument supplied for foreach()

Filename: controllers/Trial.php

Line Number: 662

Backtrace:

File: /Library/filemaker.ne.jp/Users/Main/Data/Web/circ/application/controllers/Trial.php
Line: 662
Function: _error_handler

File: /Library/filemaker.ne.jp/Users/Main/Data/Web/circ/application/controllers/Trial.php
Line: 514
Function: viewSearchKey

File: /Library/filemaker.ne.jp/Users/Main/Data/Web/circ/index.php
Line: 315
Function: require_once

検索結果|循環器トライアルデータベース
循環器トライアルデータベース

HOME  
絞り込み検索を行う 

ソート順: アルファベット順 | 発表年順 | 全論文発表年順
検索結果 2820件 (281 〜 320件) Excelでダウンロード(TrialDB.xls)
‹ First678910Last ›

 
[主要論文:2000年05月]   [全論文最新:2000年05月]
ASPECTS [急性前脳梗塞]
急性前脳梗塞におけるCTの定量的スコア化の有効性,信頼性,有用性を検証。血栓溶解療法を施行しても自立の回復の見込みが低い症例を予測できる。
[主要論文:2006年06月]   [全論文最新:2006年06月]
ASPIRE [院外心停止例]
標準的な救急医療システムによる用手的心肺蘇生法(CPR)と,自動荷重負荷バンド(LDB)によるCPR(LDB-CRP)の転帰を比較。救急通報から4時間後の自発循環の回復した生存率:CRP群≒LDB-CRP群。
[主要論文:2012年11月]   [全論文最新:2012年11月]
ASPIRE  
【学会情報 AHA 2012】 特発性静脈血栓塞栓症初発患者において,初回抗凝固療法終了後のaspirinによる有意な二次予防効果は認められず。
[主要論文:2010年03月]   [全論文最新:2010年03月]
ASPIRE 
【学会情報 ACC 2010】 急性心筋梗塞後の至適治療に直接レニン阻害薬aliskirenを上乗せしても,左室リモデリング抑制効果はみられず。
[主要論文:2018年08月]   [全論文最新:2018年08月]
【pooled analysis】 aspirinの血管イベント予防効果は,用量,体重により異なることが示された。aspirinの同一用量処方one-dose-fits-allアプローチは適切ではない可能性が高く,今後はより個別化治療戦略が必要となる。
[主要論文:1999年08月]   [全論文最新:2005年04月]
ASSENT-2 [急性心筋梗塞]
血栓溶解薬tenecteplaseと alteplaseの有効性および安全性を比較。死亡・頭蓋内出血抑制:tenecteplase≒alteplase。脳以外の出血合併症抑制効果:tenecteplase>alteplase*。
[主要論文:2001年08月]   [全論文最新:2011年05月]
ASSENT-3 [急性心筋梗塞]
血栓溶解薬tenecteplaseおよび併用薬として低分子量heparin(enoxaparin),血小板GPIIb/IIIa受容体拮抗薬abciximab,非分画heparinの有効性と安全性を比較。tenecteplase+enoxaparinあるいはabciximabはAMIの虚血性合併症を抑制した
[主要論文:2003年07月]   [全論文最新:2003年07月]
ASSENT-3 PLUS [ST上昇梗塞患者]
入院前の治療として血栓溶解薬tenecteplaseおよび低分子量heparin(enoxaparin;ENOX),非分画heparin(UFH)併用の有効性と安全性を検討。ENOX群で30日以内の死亡+入院中の再梗塞+入院中の治療抵抗性虚血を抑制傾向。現時点ではtenecteplase+UFHが入院前におけるルーチンの再灌流療法として推奨される。
[主要論文:2002年11月]   [全論文最新:2002年11月]
【学会情報 AHA 2002】
[主要論文:2006年02月]   [全論文最新:2011年05月]
ASSENT-4PCI [ST上昇型心筋梗塞]
血栓溶解薬tenecteplaseの前投与を行うfacilitated PCIとprimary PCIの有効性を比較。90日以内の死亡+うっ血性心不全+ショック抑制効果:primary PCI群>facilitated PCI群*。
[主要論文:2003年05月]   [全論文最新:2003年05月]
ASSENT-Plus [急性心筋梗塞]
血栓溶解薬alteplaseの併用薬として低分子量heparin(LMWH)と非分画heparin(UFH)の有効性および安全性を比較。TIMI grade 3:LMWH≒UFH。LMWHの併用は早期の冠動脈閉塞および再梗塞のリスクを低下させると思われるが,治療中止後早期のイベントリスクが上昇。
[主要論文:2005年10月]   [全論文最新:2005年10月]
ASSERT [大動脈弁狭窄]
ステントレスブタ大動脈弁とステント付きブタ大動脈弁の有効性を比較。開口部面積と大動脈弁圧較差はステントレス弁群の方が有意に良好であったにもかかわらず,6か月後の左室重量の低下は両群同様であった。
[主要論文:2012年01月]   [全論文最新:2012年01月]
ASSERT [高血圧既往のあるペースメーカー植込み例]
無症候性心房性頻脈は高頻度に発生し,脳梗塞または全身性塞栓症のリスクであった。
[主要論文:2010年11月]   [全論文最新:2010年11月]
ASSERT 
【学会情報 AHA 2010】 スタチン治療中の安定冠動脈疾患患者において,アポリポ蛋白A-1 (ApoA-1) 合成を誘発しHDL-Cを上昇させる新規経口薬RVX-208により用量依存的に有意にApoA-1が上昇したが,プラセボとの間には有意差はなかった。
[主要論文:1990年05月]   [全論文最新:1990年05月]
ASSET [急性心筋梗塞]
血栓溶解薬rt-PA(alteplase)の死亡率,合併症の発生率に対する効果を検討。死亡抑制効果:rt-PA>プラセボ*。
[主要論文:2015年08月]   [全論文最新:2015年08月]
ASSORT 
【日本のトライアル】 急性虚血性脳卒中患者に対するスタチン治療
[主要論文:2013年09月]   [全論文最新:2013年09月]
ASSURE 
【学会情報 ESC 2013】 HDL-C値の低い症候性冠動脈疾患患者において,アポリポ蛋白A-1の合成を誘発する新規経口薬RVX-208群の26週後のプラーク容積率はベースラインに比して減少傾向を示したものの,プラセボ群との有意差はなし。
[主要論文:2006年09月]   [全論文最新:2006年09月]
ASTAMI [PCIを施行したST上昇型心筋梗塞]
自家骨髄細胞(BMC)の冠動脈内注入による左室機能改善効果を検討。EF,拡張終末期容積,梗塞サイズ:BMC群≒対照群。
[主要論文:2005年11月]   [全論文最新:2005年11月]
ASTAMI 
【学会情報 AHA 2005】 急性前壁梗塞患者において,自己骨髄由来細胞の冠動脈内注入による左室機能の改善は認められず。
[主要論文:2006年04月]   [全論文最新:2008年05月]
ASTEROID [冠動脈疾患]
HMG-CoA reductase阻害薬rosuvastatinによる非常に強力な脂質低下療法により,LDL-Cは60.8mg/dLまで低下,HDL-Cが14.7%増加。有意なアテローム性動脈硬化の進展抑制が認められた。
[主要論文:2008年03月]   [全論文最新:2008年03月]
【学会情報 ACC 2008】 rosuvastatinによる冠動脈のアテローム性動脈硬化退縮効果が狭窄例(血管造影)でも認められる。
[主要論文:2006年03月]   [全論文最新:2006年03月]
【学会情報 ACC 2006】 冠動脈疾患患者において,HMG-CoA reductase阻害薬rosuvastatinによる強力脂質低下療法によりアテローム性動脈硬化が有意に退縮した。
[主要論文:2013年03月]   [全論文最新:2013年10月]
ASTRONAUT [左室収縮能の低下した慢性心不全入院患者]
標準的な治療に直接的レニン阻害薬aliskirenを追加しても,退院後6か月後および12か月までの心血管死,心不全による再入院の複合エンドポイントは抑制されなかった。
[主要論文:2013年03月]   [全論文最新:2013年03月]
【学会情報 ACC 2013】 左室収縮能の低下した慢性心不全入院患者において,標準的な治療に直接的レニン阻害薬aliskirenを追加しても,退院後6か月後および12か月までの心血管死,心不全による再入院の複合エンドポイントは抑制されなかった。
[主要論文:2010年01月]   [全論文最新:2012年07月]
ASTRONOMER [軽度~中等度の無症候性大動脈弁狭窄症]
HMG-CoA reductase阻害薬rosuvastatinによる大動脈弁狭窄症(AS)進展抑制効果を検討する。ASの進展:rosuvastatin群≒プラセボ群。
[主要論文:2016年09月]   [全論文最新:2016年09月]
ATACH-2 [発症から4.5時間以内の特発性テント上脳出血患者]
迅速な積極的降圧の安全性,有効性を検討する。3か月後の障害,死亡:目標SBP 110~139mmHg群≒140~179mmHg群。
[主要論文:1994年01月]   [全論文最新:1994年01月]
ATACS [安静時不安定狭心症,非Q波梗塞]
抗血小板薬aspirin+抗凝固薬の併用療法とaspirin単独投与を比較。心筋虚血および全虚血性イベント抑制効果:aspirin+抗凝固薬>aspirin*。
[主要論文:2009年02月]   [全論文最新:2010年07月]
ATHENA [心房細動患者]
新規III群抗不整脈薬dronedaroneが心血管イベントによる入院および死亡を抑制するかを検討する。心血管イベントによる初回入院,全死亡抑制効果:dronedarone群>プラセボ群*。
[主要論文:2012年02月]   [全論文最新:2012年02月]
【日本のトライアル】 ペースメーカー患者における遠隔モニタリングの安全性と有効性。
[主要論文:1999年09月]   [全論文最新:1999年09月]
ATLANTIC [難治性狭心症]
レーザ心筋内血行再建術(TMR)+薬物治療併用群と薬物単独治療を比較。運動耐容時間・CCS分類改善:TMR+薬物治療>薬物治療*。
[主要論文:1999年12月]   [全論文最新:1999年12月]
ATLANTIS [急性脳梗塞]
血栓溶解薬rt-PAの有効性および安全性を検討。発症後3~5時間の症例へのrt-PA投与の90日目の予後改善効果なし。rt-PA群で症候性頭蓋内出血のリスク上昇。
[主要論文:2003年05月]   [全論文最新:2003年05月]
ATLAS [急性冠症候群で伏在静脈グラフト例]
グラフト病変への超音波血栓溶解療法は,冠動脈造影上の転帰は不良で,急性虚血性合併症の発症も増加した。
[主要論文:1999年12月]   [全論文最新:2000年08月]
ATLAS [慢性心不全]
死亡および入院のリスクに対するACE阻害薬の有効性と安全性を,高用量,低用量で比較。死亡リスク:高用量で低下。死亡および入院リスク,心不全による入院:高用量で低下*。
[主要論文:2012年01月]   [全論文最新:2013年07月]
ATLAS ACS 2 -TIMI 51 [発症から7日以内の急性冠症候群患者]
発症から7日以内の急性冠症候群患者において,直接第Xa因子阻害薬リバーロキサバン(rivaroxaban)低用量の標準治療への追加投与により,心血管死,心筋梗塞,脳卒中複合エンドポイントリスクが低下したが,出血,頭蓋内出血リスクが増大。
[主要論文:2010年11月]   [全論文最新:2010年11月]
【学会情報 AHA 2011】 発症から7日以内の急性冠症候群患者において,直接第Xa因子阻害薬リバロキサバン(rivaroxaban)低用量の標準治療への追加投与により,心血管死,心筋梗塞,脳卒中複合エンドポイントリスクが低下したが,出血,頭蓋内出血リスクが増大。
[主要論文:2009年06月]   [全論文最新:2009年07月]
ATLAS ACS-TIMI 46 [aspirin単独投与またはチエノピリジン系薬剤と併用投与しているACS後の安定患者]
経口直接作用型Xa因子阻害薬rivaroxabanの安全性と有効性を評価し,最適用量と投与法を検討するphase II試験。主要な虚血性イベントは抑制し得るが,出血リスクが用量依存的に増大した。低用量でのphase III試験が進行中。
[主要論文:2008年11月]   [全論文最新:2008年11月]
【学会情報 AHA 2008】 急性冠症候群(ACS)において,経口直接作用型第Xa因子阻害薬rivaroxabanは用量依存性の出血リスク上昇がみられ,主要心血管疾患の有意な抑制効果は認められず(phase II)。
[主要論文:2001年11月]   [全論文最新:2001年11月]
ATLAST [ステント内血栓性閉塞の高リスク例]
抗血小板療法に低分子量heparin (enoxaparin)を追加投与した場合の有効性および安全性を検討。転帰,忍容性は良かったが,早期の脱落率,小出血がenoxaparin群で有意に高かった。
[主要論文:2016年04月]   [全論文最新:2017年11月]
ATMOSPHERE [EFが低下した慢性心不全患者]
レニン阻害薬aliskirenとACE阻害薬enalaprilの併用のenalaprilに対する優越性,ならびにaliskiren単剤のenalaprilに対する優越性および非劣性を検証する。心血管死,心不全による初回入院の複合エンドポイント:enalaprilに対する併用群の優越性,aliskiren単剤の優越性,非劣性は認められなかった。
[主要論文:2010年08月]   [全論文最新:2010年08月]
ATOLL 
【学会情報 ESC 2010】 ST上昇型心筋梗塞に対するprimary PCI施行時の抗凝固療法としてenoxaparinは安全でUFHよりも有効。
‹ First678910Last ›
▲pagetop

EBM 「循環器トライアルデータベース
ライフサイエンス出版
ご不明の点はお問い合わせください
 

(c) copyright 2001-. Life Science Publishing Co., Ltd