A PHP Error was encountered

Severity: Warning

Message: Invalid argument supplied for foreach()

Filename: controllers/Trial.php

Line Number: 444

Backtrace:

File: /Library/filemaker.ne.jp/Users/Main/Data/Web/circ/application/controllers/Trial.php
Line: 444
Function: _error_handler

File: /Library/filemaker.ne.jp/Users/Main/Data/Web/circ/index.php
Line: 315
Function: require_once

A PHP Error was encountered

Severity: Warning

Message: Invalid argument supplied for foreach()

Filename: controllers/Trial.php

Line Number: 662

Backtrace:

File: /Library/filemaker.ne.jp/Users/Main/Data/Web/circ/application/controllers/Trial.php
Line: 662
Function: _error_handler

File: /Library/filemaker.ne.jp/Users/Main/Data/Web/circ/application/controllers/Trial.php
Line: 514
Function: viewSearchKey

File: /Library/filemaker.ne.jp/Users/Main/Data/Web/circ/index.php
Line: 315
Function: require_once

循環器トライアルデータベース
循環器トライアルデータベース

HOME  
絞り込み検索を行う 

ソート順: アルファベット順 | 発表年順 | 全論文発表年順
検索結果 2815件 (2801 〜 2815件) Excelでダウンロード(TrialDB.xls)
‹ First697071

 
[主要論文:2013年10月]   [全論文最新:2013年10月]
【meta-analysis】 糖尿病患者におけるACE阻害薬の腎保護効果と優越性が示されたが,ARBとACE阻害薬の差は認められず。コスト面を考慮し,第一選択はACE阻害薬,併用薬はCa拮抗薬が望ましい。
[主要論文:2005年07月]   [全論文最新:2005年07月]
X AMINE ST [急性心筋梗塞のPCI症例]
PCI施行前の血栓除去(X-Sizer使用)により,末梢塞栓症のリスクを抑制しST部消失が良好で心筋再灌流が改善。
[主要論文:2003年12月]   [全論文最新:2003年12月]
X-TRACT [伏在静脈グラフト病変および血栓を有するnative冠動脈]
ステント植込み前のX-SIZERによる血栓除去が周術期の心筋壊死を抑制し,イベント発生を伴わない生存率を上昇させるかを検討。心筋壊死の度合いを低下させるが,発生率は低下させず,イベントの発生を伴わない生存率は改善しなかった。
[主要論文:2012年07月]   [全論文最新:2012年07月]
XAMI [急性心筋梗塞に対するprimary PCI]
第二世代薬剤溶出性ステント(DES)であるeverolimus溶出ステント(EES)の有効性と安全性を第一世代DESのsirolimus溶出ステント(SES)と比較する非劣性試験。12か月後の有害心イベント抑制効果:EES群>SES群*。
[主要論文:1990年07月]   [全論文最新:1990年07月]
β受容体のpartial agonistであるxamoterolの安全性および有効性を検討。臨床徴候および運動耐容能の改善:xamoterol≒プラセボ。死亡抑制:プラセボ>xamoterol*。
[主要論文:2016年01月]   [全論文最新:2016年01月]
【meta-analysis】 厳格降圧群は標準降圧群より血管保護効果が大きかった。高リスク例ではSBP<140mmHgの症例も含めて厳格降圧の有効性が認められた。高リスク例は正味の絶対的有効性が大きかった。
[主要論文:2014年04月]   [全論文最新:2014年04月]
XIMA [80歳以上のステントを植込む狭心症患者]
薬剤溶出性ステント(DES)はベアメタルステント(BMS)にくらべ1年後の転帰が良好かを検討する:1年後の主要心血管イベント,大出血の複合エンドポイント:DES群≒BMS群。
[主要論文:2007年10月]   [全論文最新:2007年10月]
【日本のトライアル】 急性冠症候群における4種類のスタチン系薬剤の有効性の比較。
[主要論文:2017年10月]   [全論文最新:2017年10月]
【pooled analysis】 PCI施行の日本人において,DAPTスコアは虚血性および出血性イベントリスク例を良好に層別した。ただし,スコア高値例であっても虚血性イベントリスクは非常に低かった。
[主要論文:2016年01月]   [全論文最新:2016年01月]
YUKAWA-2 [CVリスクが高い日本人の高脂血症,混合型脂質異常症患者]
PCSK9阻害薬evolocumab群でLDL-Cが著明に低下し,忍容性も良好。
[主要論文:2010年10月]   [全論文最新:2010年10月]
ZEST [薬剤溶出性ステント植込み例]
コバルト合金製のステントを生体適合性ポリマーで覆った新世代のステントzotarolimus溶出ステント(ZES)をsirolimus溶出ステント(SES),paclitaxel溶出ステント(PES)と比較する。12か月以内の主要有害心イベント抑制効果:SES群>ZES群*>PES群。
[主要論文:2009年03月]   [全論文最新:2009年03月]
ZEST 
【学会情報 ACC 2009】 第2世代の薬剤溶出性ステント(zotarolimus溶出ステント)の主要有害心イベントはSESと同等,PESより少なく,ステント血栓症はPESと同等,SESよりも多い。
[主要論文:2014年03月]   [全論文最新:2014年03月]
ZEUS 
【学会情報 ACC 2014】 出血およびステント血栓症リスクが高い,または再狭窄リスクが低い,すなわち薬剤溶出性ステント植込みの妥当性が不明瞭な冠動脈疾患患者において,zotarolimus溶出ステント植込みとDAPT期間の個別化により,1年後の主要有害心血管イベントリスクはBMSにくらべ有意に低下した。
[主要論文:2011年02月]   [全論文最新:2011年02月]
【pooled analysis】 アジア人全体では低体重と死亡リスク上昇の有意な関連性が認められた。東アジア人ではBMI高値と死亡リスクの相関がみられたが,インド人・バングラデシュ人ではみられなかった。
[主要論文:2013年09月]   [全論文最新:2013年09月]
【pooled analysis】 欧米では75歳以上の一般住民における大動脈弁狭窄(AS)有病率は12.4%,うち重度AS は3.4%。一般人口に当てはめると,現行基準では29万例がTAVR候補者であり,年間2.7万例が新規にTAVR候補者となると推定された。
‹ First697071
▲pagetop

EBM 「循環器トライアルデータベース
ライフサイエンス出版
ご不明の点はお問い合わせください
 

(c) copyright 2001-. Life Science Publishing Co., Ltd