循環器トライアルデータベース

AMPLIFY-EXT
Apixaban after the Initial Management of Pulmonary Embolism and Deep Vein Thrombosis with First-line Therapy-Extended Treatment

目的 初発の静脈血栓塞栓症(VTE)には3か月以上の抗凝固治療が推奨されるが,その後も抗凝固治療を継続するか否かの判断は難しい。warfarinは有効だが,INRモニタリングなどの煩わしさに加えて出血リスクが懸念され,投与を止めるとVTE再発リスクが高まる。モニタリング不要の経口第Xa因子阻害薬apixabanは,5mg×2回/日投与で心房細動患者における脳卒中予防効果,2.5mg×2回/日投与で整形外科手術後の血栓予防効果が示されている。
6~12か月の抗凝固治療終了後のVTE患者において,apixaban 2用量による抗凝固療法継続の有効性と安全性を評価する。

有効性の一次エンドポイントは,症候性のVTE再発,全死亡の複合エンドポイント。
安全性の一次エンドポイントは大出血。
コメント 新規経口抗凝固薬は心房細動の脳卒中予防および深部静脈血栓症の予防・治療においてエビデンスを蓄積している。多くの試験がwarfarinに対する非劣性を示したのに対して,この試験ではapixabanの優越性を示した点に意義がある。(後藤
デザイン 無作為割付け,二重盲検,多施設(28か国328施設),intention-to-treat解析。
期間 追跡期間は1年間。
登録期間は2008年5月~2011年7月。
対象患者 2,482例。18歳以上,客観的に診断された症候性深部静脈血栓症(DVT)または肺塞栓症(PE),標準抗凝固治療を6~12か月間実施,もしくはAMPLIFY試験に参加しapixaban/ enoxaparinとwarfarinを投与された患者で,抗凝固治療中に症状再発を認めず,抗凝固治療継続についての臨床的判断に迷うもの。
除外基準:ヘモグロビン<9g/dL,血小板数<100,000/mm³,血清クレアチニン>2.5mg/dLなど。
■患者背景:平均年齢(apixaban 2.5mg群56.6歳,apixaban 5mg群56.4歳,プラセボ群57.1歳),男性(58.0%, 57.7%, 56.5%),体重(85.7kg, 85.7kg, 84.7kg),クレアチニンクリアランス:>50~≦80mL/分(20.7%, 20.7%, 23.4%);>80mL/分(70.8%, 71.3%, 68.0%),DVT(64.8%, 64.8%, 66.5%),PE(35.2%, 35.2%, 33.5%),特発性(unprovoked)VTE(93.2%, 90.7%, 91.1%), DVT/PE既往(11.8%, 14.5%, 11.9%),抗血小板薬使用(14.3%, 11.8%, 13.0%)。
治療法 apixaban 2.5mg群(840例) vs apixaban 5mg群(813例) vs プラセボ群(829例)。
いずれも1日2回,12か月間投与。
2剤併用抗血小板療法,aspirin>165mg/日,CYP3A4およびP-糖蛋白質の強力な阻害薬の使用は禁止。
結果 追跡不能はプラセボ群19例(2.3%),apixaban 2.5mg群13例(1.5%),5mg群20例(2.5%)。
大出血はそれぞれ4例(0.5%),2例(0.2%),1例(0.1%)で群間に有意差はなかった。
[一次エンドポイント]
症候性VTE再発,全死亡の複合エンドポイントのリスクは,プラセボ群(96例[11.6%])にくらべ,apixaban 2.5mg群(32例[3.8%]:相対リスク0.33;95%信頼区間0.22~0.48),5mg群(34例[4.2%]:0.36;0.25~0.53)で有意に低かった。
[二次エンドポイント]
症候性のVTE再発+VTE関連死も,プラセボ群の8.8%に対し,apixaban 2.5 mg群1.7%(0.19;0.11~0.33),5mg群1.7%(0.20;0.11~0.34)と有意に低かった。
[その他]
臨床的に重要な非大出血(大出血の基準には相当しないものの,医療的介入,予定外の通院などを要する明らかな出血)の発症率には有意差はなかった(2.3%, 3.0%, 4.2%)。
全死亡はプラセボ群の1.7%に対し,apixabanの2.5mg群0.8%,5mg群0.5%だった。
★結論★6~12か月間の抗凝固療法を終了したVTE患者において,apixaban 2.5mgおよび5mgによる抗凝固療法の1年間の延長は,いずれも大出血のリスクを増加することなくVTE再発リスクを抑制した。
ClinicalTrials gov. No: NCT00633893
文献
  • [main]
  • Agnelli G,et al for the AMPLIFY-EXT investigators: Apixaban for extended treatment of venous thromboembolism. N Engl J Med. 2013; 368: 699-708. PubMed
    Connors JM: Extended treatment of venous thromboembolism. N Engl J Med. 2013; 368: 767-9. PubMed

▲pagetop
EBM 「循環器トライアルデータベース®」
ライフサイエンス出版
ご不明の点はお問い合わせください
収載年月2013.04