循環器トライアルデータベース

ICTUS
International Citicoline Trial on Acute Stroke Trial

目的 中等度~重度の急性脳梗塞患者において,脳循環代謝改善薬シチコリン(citicoline)の回復への効果を検討する。

一次エンドポイントは90日後の回復*
* 3つの評価法(Barthel index:0[全介助]~100[自立],modified Rankin score[mRs]:0[症状なし]~6[死亡],National Institutes of Health Stroke Scale[NIHSS]:NIHの脳卒中神経学的重症度評価スケール。15項目あり,スコアは0~42[高値ほど重症])で評価。
コメント シチコリンは,CDP-cholineが成分であり,細胞膜のリン脂質である。脳卒中急性期の虚血障害を抑制する目的で,これまでにもいくつかのトライアルが行われてきた。今回のICTUSは最も規模の大きい試験であったが,有効性は示せず,70歳以上の層別解析で有効性が示唆されているのみである。しかし,これまでのメタ解析では,やや有効に傾いているので,まだ完全に否定的な結論が出たわけではないといえる。(
デザイン 無作為割付け,プラセボ対照,二重盲検,多施設(スペイン37施設,ポルトガル11施設,ドイツ11施設),intention-to-treat解析。
期間 追跡期間は90日。
登録期間は2006年11月26日~’11年10月27日。
対象患者 2,298例。18歳以上の中大脳動脈領域の虚血に起因する急性脳梗塞例で,発症から24時間以内のもの。NIHSS 8ポイント以上(うち2ポイント以上はセクション5~6の運動能力に関するポイント),発症前のmRs 0~1。入院からランダム化まで≦12時間,ランダム化から投与まで≦1時間のものとした。
■患者背景:平均年齢(citicoline群72.9歳,プラセボ群72.8歳),女性(48.8%, 51.8%),発症から治療までの時間(6.5時間,6.8時間),NIHSS:8~14(47.0%, 46.8%);15~22(48.1%, 48.3%),rt-PA使用(両群とも46.3%),左脳卒中(45.2%, 46.3%),大血管アテローム硬化(22.9%, 20.4%),心原性脳塞栓症(47.3%, 47.6%),高血圧(73.3%, 72.2%),糖尿病(23.8%, 25.2%),虚血性心疾患(17.4%, 16.4%),心房細動(35.3%, 36.3%),脳卒中既往(14.1%, 12.8%),現喫煙例(16.6%, 15.7%)。
治療法 citicoline群(1,148例):最初の3日間は1,000mgを12時間ごとに30~60分で点滴静注。その後500mg錠2錠を12時間ごとに6週間経口投与。
プラセボ群(1,150例)。
全例がrt-PA(発症から4.5時間以内のもの)を含む標準的な脳卒中治療を受けた。
一次エンドポイントである90日後の回復は,12週後の評価でBarthel index:95~100,mRs:0~1,NIHSS:0~1の3項目すべてを満たしたもの。
結果 citicoline群の有益性が認められなかったため,2,078例の第3次中間解析をもって試験は中止された。最終解析は2,298例で実施。
[一次エンドポイント]
90日後の回復は両群で同等であった(調整後オッズ比1.03;95%信頼区間0.86~1.25, p=0.364)。
[二次エンドポイント]
mRsスコアの分布(1.02;0.88~1.19),各スケールにおける良好な結果の割合は両群で同等であった(mRs 1以下:1.07;0.85~1.36,NIHSS 1以下:1.09;0.87~1.36,Barthel index 95以上:0.95;0.77~1.17)。
[サブグループ解析]
citicolineの有意な効果がみられたのは,>70歳(p=0.001),ベースライン時NIHSS<14(p=0.021),rt-PA不使用例(p=0.041)。
[安全性のエンドポイント]
両群で同等であった。
死亡:citicoline群221/1,148例(19%)vs プラセボ群242/1,150例(21%),有害事象:4,903件(1,064例)vs 4,923件(1,080例),神経学的悪化:184/1,148例(16%)vs 204/1,150例(18%),CT/MRIを行ったrt-PA使用例(1,003例)における出血性変化:112/497例(23%)vs 113/506例(22%)。
★考察★中等度~重度の急性虚血性脳卒中の治療においてciticolineの安全性は認められたが,有効性は示されなかった。
ClinicalTrials gov. No: NCT00331890
文献
  • [main]
  • Dávalos A et al for the international citicoline trial on acute stroke (ICTUS) trial investigators. Citicoline in the treatment of acute ischaemic stroke: an international, randomised, multicentre, placebo-controlled study (ICTUS trial). Lancet. 2012; 380: 349-57. PubMed
    Hankey GJ: How effective is citicoline for acute ischaemic stroke? Lancet. 2012; 380: 318-20. PubMed

▲pagetop
EBM 「循環器トライアルデータベース®」
ライフサイエンス出版
ご不明の点はお問い合わせください
収載年月2012.11