循環器トライアルデータベース

NIPPON DATA
National Integrated Project for Prospective Observation of Non-communicable Disease And its Trends in the Aged

目的 断面調査である循環器疾患基礎調査(日本全国からランダムに抽出された300か所の30歳以上の住民)の追跡研究。
1980年に実施された調査のデータをさかのぼって使用し,前向きに追跡したコホート研究がNIPPON DATA80,1990年実施の調査を使用したのがNIPPON DATA90である。
NIPPON DATA80,90からの下記10報。
NIPPON DATA80
(1) 日本人における心血管疾患(CVD)死確率のリスク評価チャートを作成。
(2) 降圧治療を受けていない男性における,年齢別の収縮期血圧(SBP),拡張期血圧(DBP)とCVD死との関連。
(3) 総コレステロール(TC)値と全死亡は正の関係にあるか?
(4) 心房細動(AF)の全死亡への寄与危険度。
(5) 随時血糖高値とCVD死。
(6) 糖尿病の余命への影響。
(7) ECG上の時計方向回転と反時計方向回転の死亡予測能

NIPPON DATA90
(8) HDL-C*と全死亡は逆相関か?
(9) 慢性腎臓病(CKD)とCVD死。
(10) 高血糖と肥満で層別した代謝関連危険因子**の集積とCVD死。
(11) 東アジアの一般住民においても欧米と同様にHbA1cとCVD死は関係するのか?
* NIPPON DATA80では測定せず。
** 高血圧,高血糖,高トリグリセライド(TG),低HDL-C,肥満。
コメント NIPPON DATA80(Circ J. 2006; 70: 1249-55.) へのコメント
本研究は,心血管病に関するわが国の代表的な疫学調査である。もちろん,久山町研究や端野・壮瞥町研究など多くの研究があるが,全国的な規模で行われたものとして意義が高い。また,本研究の開始点である1980年という年代にも意義があるものと思われる。つまり,心血管病に対する治療については,生活習慣以外の介入については,まだ十分な管理のできていないころのデータをもとに解析されていることから,薬物治療の影響をあまり受けていないという利点がある。この調査から,血圧,脂質,糖尿病と心血管病との関連は見事に示され,わが国も欧米諸国と同様の危険因子が関与していることが示された。同時に,約19年間の追跡調査により心血管病の絶対リスクが算出され,それをもとにリスク評価チャートが提示された。絶対リスクという観点からは,欧米諸国との違いが際立っており,国際的な比較という面では極めて興味深い疫学調査となったと評価できよう。また,1990年,2000年と段階的な解析も行われることにより,わが国の疫学的変遷も観察できるものと期待できる。(寺本
デザイン コホート研究。
期間 NIPPON DATA80
追跡期間は,(1),(2),(4):19年,(3),(5):平均17.3年,(6) -,(7)24年。

NIPPON DATA90
平均追跡期間は,(8),(10):平均9.6年,(9) 10年,(11):15年。
参加者 結果参照
調査方法 結果参照
結果 NIPPON DATA80
(1) NIPPON DATA80に基づき,日本人一般住民における冠動脈疾患(CAD)・脳卒中・CVD死のリスク評価チャートを作成。→詳しく
(2) SBP上昇はすべての年齢層の男性でCVD死の独立した危険因子だが,DBP上昇は高齢者ではCVD死との有意な相関はない。→詳しく
(3) 欧米人と比べカットオフ値は高め(≧260mg/dL)ではあるが,TCは全死亡と正の関係を示した。→詳しく
(4) 心房細動は脳卒中死,心血管死,全死亡に影響する。→詳しく
(5) 随時血糖値上昇は,正常域内といえどCVD死の予測因子。→詳しく
(6) 40歳の糖尿病例は男女とも非糖尿病例にくらべ余命が短い。→詳しく
(7) 時計方向回転は,男性で約8%,女性で6%。男性および男女において心血管死と独立した正の関係。反時計方向回転(36%,46%)とは負の関係。→詳しく


NIPPON DATA90
(8) HDL-C値と全死亡は逆相関する。→詳しく
(9) CKDはCVD死の独立した危険因子。→詳しく
(10) 耐糖能はCVD死に重要な役割を果たしている可能性がある。→詳しく
(11) HbA1c高値と死亡は関係する。→詳しく

[主な結果]
  • (1) NIPPON DATA80 research group: Risk assessment chart for death from cardiovascular disease based on a 19-year follow-up study of a Japanese representative population. Circ J. 2006; 70: 1249-55. PubMed
  • (2) Okayama A et al on behalf of the NIPPON DATA80 research group: Age-specific effects of systolic and diastolic blood pressures on mortality due to cardiovascular diseases among Japanese men (NIPPON DATA80). J Hypertens. 2006; 24: 459-62. PubMed
  • (3) Okamura T et al for the NIPPON DATA80 research group: The relationship between serum total cholesterol and all-cause or cause-specific mortality in a 17.3-year study of a Japanese cohort. Atherosclerosis. 2007; 190: 216-23. PubMed
  • (4) Ohsawa M et al for the NIPPON DATA80 research group: Mortality risk attributable to atrial fibrillation in middle-aged and elderly people in the Japanese general population: nineteen-year follow-up in NIPPON DATA80. Circ J. 2007; 71: 814-9. PubMed
  • (5) Kadowaki S et al for the NIPPON DATA research group: Relationship of elevated casual blood glucose level with coronary heart disease, cardiovascular disease and all-cause mortality in a representative sample of the Japanese population. NIPPON DATA80. Diabetologia. 2008; 51: 575-82. PubMed
  • (6) Turin TC et al for the NIPPON DATA80 research group: Diabetes and life expectancy among Japanese - NIPPON DATA80. Diabetes Res Clin Pract. 2012; 96: e18-22. PubMed
  • (7) Nakamura Y et al for the NIPPON DATA80 Research Group: Prognostic Values of Clockwise and Counterclockwise Rotation for Cardiovascular Mortality in Japanese Subjects: A 24-Year Follow-Up of the National Integrated Project for Prospective Observation of Noncommunicable Disease and Its Trends in the Aged, 1980-2004 (NIPPON DATA80). Circulation. 2012; 125: 1226-33. PubMed
  • (8) Okamura T et al for the NIPPON DATA90 research group: The inverse relationship between serum high-density lipoprotein cholesterol level and all-cause mortality in a 9.6-year follow-up study in the Japanese general population. Atherosclerosis. 2006; 184: 143-50. PubMed
  • (9) Nakamura K et al for the NIPPON DATA90 research group: Chronic kidney disease is a risk factor for cardiovascular death in a community-based population in Japan: NIPPON DATA90. Circ J. 2006; 70: 954-9. PubMed
  • (10) Kadota A et al for the NIPPON DATA research group: Relationship between metabolic risk factor clustering and cardiovascular mortality stratified by high blood glucose and obesity: NIPPON DATA90, 1990-2000. Diabetes Care. 2007; 30: 1533-8. PubMed
  • (11) Sakurai M, et al for the NIPPON DATA90 research group. HbA1c and the risks for all-cause and cardiovascular mortality in the general Japanese population: NIPPON DATA90. Diabetes Care. 2013; 36: 3759-65. PubMed

▲pagetop
EBM 「循環器トライアルデータベース®」
ライフサイエンス出版
ご不明の点はお問い合わせください
収載年月2012.10
更新年月2013.10