循環器トライアルデータベース

A-PLUS
Avasimibe and Progression of Coronary Lesions Assessed by Intravascular Ultrasound

目的 冠動脈疾患(CHD)患者において,CHDの進展評価能を定量的血管造影(QCA)とIVUSとの相関から検討する。
コメント 周知のように冠動脈内腔を“影絵”として平面に映し出す冠動脈造影(CAG)に対し,血管内超音波(IVUS)は短軸像を時間軸で展開することによって,内腔を三次元で表出することが可能であり,さらにプラークの分布や容積の観察・計測に関しては現在のところ最も優れたモダリティーである。一方,冠動脈全体を俯瞰することができるCAG に比して,IVUS では限られた病変しか評価できないというジレンマを抱える。
一見“正常冠動脈”と思われる部位にもプラークを認めることが多く,また“正常部”・病変部のあちらこちらで陰性・陽性リモデリングが生じていることを考えれば,およそCAG でプラークの情報を得ることは難しいと思われるが,本トライアルでは果敢にその検証を試みている。CAG にてプラークの変化が推測できれば,スタチン系薬剤等の薬物の効果判定や心血管イベントの発症予測などでの重要なマーカーになり得るからである。
検証は内腔に関する変数(QCA では冠動脈スコア・平均病変部径,IVUS では内腔容積)と,プラークに関する変数(QCA では累積狭窄度スコア・平均プラーク面積,IVUSでは総プラーク容積・アテローム容積率)とで行われた。その結果,ベースラインの内腔については良好な相関関係が得られたが,経時的変化になるとその関係は希薄になった。またプラーク情報については,ベースラインでは弱いながらも有意な相関が認められるものの,経時的変化では累積狭窄度スコア・平均プラーク面積とアテローム容積率とがごく弱い相関を示すのみで,総プラーク容積の変化はQCA 変数では推測不能であった。上述した理由でやむを得ない結果と考えられる。
このトライアルでもう一つ興味深い結果としては,IVUS変数とQCA変数との相関関係がIVUS標的冠動脈と冠動脈全域とでほとんど差がなかったいうことである。冠動脈病変は一つの冠動脈に偏らず「同時進行」を示唆するが,IVUSでの限局性評価で冠動脈全体の評価を代用できるというのは,何とも皮肉な結果である。(中野中村永井
デザイン 無作為割付け,多施設(カナダ,米国,欧州,オーストラリア,南アフリカの25施設)。
期間
対象 525例。冠動脈疾患の診断(または疑い)を受け,IVUSの標的血管が(1)血管造影により20~50%の狭窄かつ血管径≧2.5mmと認められ,(2)血行再建術歴および造影剤の充填欠損がない症例(IVUS標的血管以外のPCIは可)。
■患者背景:平均年齢58歳,男性81%,喫煙18%,高血圧55%,糖尿病17%,スタチン系薬剤投与88%,総コレステロール165mg/dL, LDL-C 92mg/dL, HDL-C 44mg/dL,トリグリセライド149mg/dL。
調査方法 全例にベースライン時の血管造影,IVUSおよび追跡時の血管造影を実施。
各々の造影前にニトログリセリン150μgを冠注。QCAはCMS Version 5.1で解析,IVUSはBoston Scientific社の30-MHzを使用。
IVUS標的血管および冠動脈全域において参照血管径≧1.5mmかつ狭窄度≧20%を満たす全病変を対象とした。QCA変数(冠動脈スコア[最小血管径の患者別平均値]/累積狭窄度スコア/平均病変部径/平均プラーク面積)と,IVUS変数(内腔容積/総プラーク容積/総血管容積/アテローム容積率)の相関を解析。
結果 追跡時のIVUS実施例は432例。IVUS変数(ベースライン→追跡時)は内腔体積(239.0mm³→ 234.4mm³),総プラーク容積(199.3mm³→ 200.6mm³),総血管容積(438.3 mm³→ 435.0 mm³),アテローム容積率(45.2%→ 46.1%)。
ベースライン:QCAの冠動脈スコアとIVUSの総内腔容積の間(IVUS標的血管r=0.65, p<0.0001,冠動脈全域r=0.54, p<0.0001),およびIVUSの総血管容積(IVUS標的血管r=0.55, p<0.0001,冠動脈全域r=0.41, p<0.0001)との間には強い有意な相関がみられた。QCAの累積狭窄度スコアとIVUSのアテローム容積率の間には弱いながらも有意な相関がみられた(IVUS標的血管r=0.32, p<0.0001,冠動脈全域r=0.30, p<0.0001)。
追跡時におけるベースラインからの変化:QCAの冠動脈スコアとIVUSの総内腔容積の間(IVUS標的血管r=0.14, p=0.005),QCAの累積冠狭窄度スコアとIVUSのアテローム容積率の間(IVUS標的血管r=0.11, p=0.03,冠動脈全域r=0.14, p=0.01)およびQCAの平均プラーク面積とIVUSのアテローム容積率の間(IVUS標的血管r=0.14, p=0.006,冠動脈全域r=0.11, p=0.02)には弱いが有意な相関がみられた。IVUSの総プラーク容積の変化はいずれのQCA変数とも相関はしなかったが,IVUS標的冠動脈での造影上の病変進展例(MLD≧0.4mmと定義)で9.13mm³(ベースライン時217.22mm³→追跡時226.78mm³),非進展例で0.20mm³(197.07mm³→ 196.02mm³)と有意差が認められた(p=0.0283)。また,病変進展の有無とベースラインのIVUSの総プラーク容積の間にも有意な関連が認められた(p=0.0495)。
★結論★冠動脈疾患患者において,冠動脈内腔に関するQCA変数とIVUS変数は,ベースライン値およびそれ以降の変化とも相関が認められた。一方,連続変数としてはIVUSのアテローム容積率のみがQCAの変化と弱い相関を示し,QCAによる進展例は非進展例に比べIVUSのプラーク体積が有意に増加した。
文献
  • [main]
  • Berry C et al: Comparison of intravascular ultrasound and quantitative coronary angiography for the assessment of coronary artery disease progression. Circulation. 2007; 115: 1851-7. PubMed

▲pagetop
EBM 「循環器トライアルデータベース®」
ライフサイエンス出版
ご不明の点はお問い合わせください
収載年月2007.10