循環器トライアルデータベース

ACTIV in CHF
Acute and Chronic Therapeutic Impact of a Vasopressin Antagonist in Congestive Heart Failure

目的 標準治療を受けているうっ血性心不全入院例において,バソプレッシン2受容体拮抗薬tolvaptanの短期および中期の臨床効果を検討(phase II試験)。一次エンドポイントは,急性期(入院中)の効果として24時間後の体重の変化,中期(退院後)の効果としてランダム化60日間の心不全の悪化(再入院,予定外の救急治療室受診,治療薬の増量または新たな治療のための外来,死亡)。
デザイン 無作為割付け,二重盲検,プラセボ対照,多施設(米国34施設,アルゼンチン11施設),intention-to-treat解析。
期間 治療期間は最大61日(入院期間:1~10日,中央値4日。外来期間:49~51日)。
対象患者 319例。18歳以上;心不全の悪化による入院患者;1年以内のEF<40%,入院時の心不全の初期治療後に頸静脈怒張,ラ音,末梢性浮腫により全身性うっ血が確認されたもの。
除外基準:60日以内の心臓外科手術;30日以内の心筋梗塞,持続性心室頻拍,心室細動;安静時狭心症;原発性弁疾患;肥大型心筋症;6か月以内の脳卒中;重大な肝,腎,血液学的機能障害;収縮期血圧<110mmHgなど。
■患者背景:平均年齢(tolvaptan群62歳,プラセボ群60歳),EF(24%,25%),糖尿病(tolvaptan 30mg群50.0%,60mg群45.2%,90mg群45.5%,プラセボ群46.3%),心房細動(37.2%,41.7%,33.8%,32.5%),利尿薬使用(98.7%,96.4%,98.7%,96.3%),ACE阻害薬(82.1%,81%,83.1%,86.3%),digoxin(67.9%,64.3%,68.8%,71.3%),β遮断薬(48.7%,45.2%,32.5%,42.5%)。
治療法 入院から72時間以内にスクリーニング,96時間以内にtolvaptan 30mg群(78例),60mg群(84例),90mg群(77例),プラセボ群(80例)にランダム化。試験薬は入院期間および外来期間日を通じて1日1回投与。
結果 急性期の一次エンドポイントである24時間後の体重低下の中央値(kg)は,tolvaptan 30mg群-1.80(-3.85~-0.50),60mg群-2.10(-3.10~-0.85),90mg群-2.05(-2.80~-0.60)で,プラセボ群の-0.60(-1.60~0.00)に比べ各p=0.002,p=0.002,p=0.009と用量非依存的に大きく,全群で入院期間を通じて体重低下が続いた。24時間後の尿量の平均(mL)は,tolvaptan 30mg群4056.2,60mg群4175.2,90mg群4127.3で,プラセボ群の2296.5に対し各p=0.02,p<0.001,p<0.001)と大きく,この効果は入院期間を通じて持続した。tolvaptanによる体重低下は心拍数,血圧の変化と関連せず,低カリウム血症,腎機能低下をもたらさなかった。入院期間中,全例で心不全徴候・症状の改善がみられ,呼吸困難,頸静脈怒張,末梢性浮腫はtolvaptan群で少ない傾向があったが,全般症状の評価はプラセボ群との間に有意差がなかった。
中期の一次エンドポイントである60日後の心不全の悪化は,tolvaptan群とプラセボ群間に差はなかった(p=0.88)。60日後の死亡率はtolvaptan群5.4% vs プラセボ群8.7%(p=0.18)で,血液尿素窒素(BUN)>29mg/dLの患者では10% vs 22.5%(p=0.07),重篤な全身性うっ血を有する患者では5.6% vs 17.8%であった(p=0.03)。
★結論★心不全による入院患者において,標準治療へのtolvaptanの追加投与は全身性うっ血の管理に期待がもてる療法であると考えられた。
文献
  • [main]
  • Gheorghiade M et al for the acute and chronic therapeutic impact of a vasopressin antagonist in congestive heart failure (ACTIV in CHF) investigators: Effects of tolvaptan, a vasopressin antagonist, in patients hospitalized with worsening heart failure: a randomized controlled trial. JAMA. 2004; 291: 1963-71. PubMed

▲pagetop
EBM 「循環器トライアルデータベース®」
ライフサイエンス出版
ご不明の点はお問い合わせください
収載年月2004.08