循環器トライアルデータベース

WISE
Women's Ischemia Syndrome Evaluation

目的 1)女性において虚血性心疾患の診断法(症状の評価法およびリスク評価のアルゴリズム,非侵襲性画像技術など)の改善。
2)冠動脈狭窄のない心筋虚血や症状の発症メカニズムの解明。
3)症状および検査に対する反応に及ぼす性ホルモンの影響を検討。
デザイン cross-sectional population study,多施設(アメリカの4施設)。
期間 追跡期間は1年以上。
参加者 936例:phase Iで256例,phase IIで680例を追加。
18歳以上。胸痛あるいは心筋虚血が疑われるために受けている通常治療の一部として冠動脈造影を受けている例。
除外基準:妊娠,心筋症,NYHA心機能分類IV度の心不全,最近の心筋梗塞発症例,最近のPTCAあるいはCABG施行例など。
調査方法 phase I(パイロット phase:1996~'97年),II('97~'99年),III(2000年。追跡,データ解析など)の3段階から成る。
Common Core Protocolによる検査フローは次の通り。人口統計学的データ,症状質問票,心理社会的質問票,血液サンプル→安静時心電図,携帯型心電図監視,上腕動脈反応テスト→左室血管造影,冠動脈造影→正常あるいは小さな狭窄はMR Spectroscopy Testing(P=phosphorus-31 Study)→有意な狭窄も合わせ侵襲および非侵襲プロトコール→症状/月経状態および心血管イベント発生を追跡(6週間目およびそれ以降は毎年登録者に連絡)。
結果 最初の308例の患者背景:平均年齢59歳,高血圧(降圧療法,あるいは収縮期血圧[SBP]>140mmHg,拡張期血圧[DBP]>95mmHg)57%,糖尿病(薬物治療あるいは空腹時血糖値[FBS]>140mg/dL)23%,喫煙者20%,平均BMIは30kg/m²,SBP 138mmHg,DBP 77mmHg,FBS 118mg/dL,総コレステロール(TC)200mg/dL,トリグリセリド153mg/dL,HDL-C 53mg/dL,LDL-C 116mg/dL,TC/HDL-C 3.9,閉経後例は86%,ホルモン補充療法例は38%。
最初の323例の冠動脈造影結果:主要な冠動脈に有意な(狭窄率≧50%)狭窄を有する例は31%,軽度狭窄(20~49%)例は32%,狭窄のない(<20%)例は37%。

[主な結果]
  • Merz CN et al: The women's ischemia syndrome evaluation (WISE) study; protocol design, methodology and feasibility report. J Am Coll Cardiol. 1999; 33: 1453-61. PubMed
  • 883例(非閉塞62%,1枝病変17%,2枝病変11%,3枝病変10%)・5年間の追跡:心血管死,心筋梗塞は非閉塞例4%,3枝病変38%(p<0.0001),胸痛による入院20%,1枝病変38%,3枝病変55%,再カテーテル手技あるいは狭心症による入院は1年後に1枝病変は非閉塞例の1.8倍(p<0.0001),薬物治療率が最も高いのは非閉塞例,1枝病変(p<0.0001)。抗虚血治療コストは非閉塞例(15%)で高い(vs 1~3枝病変[12%],p=0.001)。非閉塞例の平均生存推定コストは767,288ドル,1枝病変1,001,493ドル,2枝病変1,051,302ドル(p=0.0003)(Shaw LJ et al for the women's ischemia syndrome evaluation (WISE) investigators: the economic burden of angina in women with suspected ischemic heart disease: results from the National Institutes of Health-National Heart, Lung, and Blood Institute--sponsored women's ischemia syndrome evaluation. Circulation. 2006; 114: 894-904.)。 PubMed
  • 閉経前女性の冠動脈疾患(CAD)例は20%,閉経後は31%(p=0.02)。従来の冠動脈危険因子と冠動脈造影によるCADの関連は,閉経前女性と閉経後女性で同様である。収縮期血圧および脈圧の上昇は閉経前女性の冠動脈疾患の危険因子の可能性がある(Gierach GL et al for the WISE study group: Hypertension, menopause, and coronary artery disease risk in the women's ischemia syndrome evaluation (WISE) study. J Am Coll Cardiol. 2006; 47: 50S-8S.)。 PubMed
  • 12誘導心電図のパラメータ(QRS-T夾角,QRS時間,QTrr時間)は心筋虚血が疑われる例でdin血管イベントの予測因子である(Triola B et al: Electrocardiographic predictors of cardiovascular outcome in women; the National Heart, Lung, and Blood Institute-sponsored women's ischemia syndrome evaluation (WISE) study. J Am Coll Cardiol. 2005; 46: 51-6.)。 PubMed
  • 虚血が疑われる冠動脈造影例において,身体活動度の高さはCADのリスク因子の少なさ,冠動脈造影上のCADの少なさ,有害心血管イベントリスクの低さと独立して相関。肥満とこれらの転帰の間に独立した相関は認められなかった(Wessel TR et al: Relationship of physical fitness vs body mass index with coronary artery disease and cardiovascular events in women. JAMA. 2004; 292: 1179-87.)。 PubMed
  • CADを有さない例において,心筋虚血を伴う異常磁気共鳴スペクトロスコピー(magnetic resonance spectroscopy:MRS)は,心血管転帰を,特に狭心症による入院,カテーテル法の再施行率の高さおよび高コストを予測する(Johnson BD et al: Prognosis in women with myocardial ischemia in the absence of obstructive coronary disease: results from the National Institutes of Health-National Heart, Lung, and Blood Institute-sponsored women's ischemia syndrome evaluation (WISE). Circulation. 2004; 109: 2993-9.)。 PubMed
  • 急性心筋梗塞,うっ血性心不全ではない虚血が疑われる女性において,ヘモグロビン低値は有害心血管転帰と関連する(Arant CB et al: Hemoglobin level is an independent predictor for adverse cardiovascular outcomes in women undergoing evaluation for chest pain; results from the National Heart, Lung, and Blood Institute women's ischemia syndrome evaluation study. J Am Coll Cardiol. 2004; 43: 2009-14.)。 PubMed
  • メタボリックシンドローム(胴回り>88cm,空腹時トリグリセリド>150mg/dL,HDL-C<50mg/dL,高血圧:≧85/130mmHgあるいは降圧薬服用,空腹時血糖値≧110mg/dL)は心血管リスクを予測するが,BMIはしない(Kip KE et al: Clinical importance of obesity versus the metabolic syndrome in cardiovascular risk in women; a report from the women's ischemia syndrome evaluation (WISE) study. Circulation. 2004; 109: 706-13.)。 PubMed
  • 冠動脈造影で有意なCADの場合のみ,メタボリックシンドロームは4年後の心血管リスクを予測する(Marroquin OC et al for the women's ischemia syndrome evaluation investigators: Metabolic syndrome modifies the cardiovascular risk associated with angiographic coronary artery disease in women; a report from the women's ischemia syndrome evaluation. Circulation. 2004; 109: 714-21.)。 PubMed
  • アセチルコリンに対する冠動脈のvasomotorの反応障害は,CADの重症度にかかわらず独立して有害な心血管予後と関連する(von Mering GO et al: Abnormal coronary vasomotion as a prognostic indicator of cardiovascular events in women: results from the National Heart, Lung, and Blood Institute-sponsored women's ischemia syndrome evaluation (WISE). Circulation. 2004; 109: 722-5.)。 PubMed
  • 血清アミロイドα(SAA),高感度C反応性蛋白(hs-CRP)は心血管イベントの強い独立した関連因子である。SAAは冠動脈造影上のCADとやや関連がみられたがhs-CRPとはみられなかった(Johnson BD et al: Serum amyloid A as a predictor of coronary artery disease and cardiovascular outcome in women; the National Heart, Lung, and Blood Institute-sponsored women's ischemia syndrome evaluation (WISE). Circulation. 2004; 109: 726-32.)。 PubMed
  • 心筋虚血が疑われ冠動脈造影を行う例において,胸痛は健康関連QOLに重要な影響を及ぼし,CADや虚血の状態よりもQOLの重要な決定因子である(Olson MB et al: Symptoms, myocardial ischaemia and quality of life in women; results from the NHLBI-sponsored WISE study. Eur Heart J. 2003; 24: 1506-14.)。 PubMed
  • LDL酸化受容体(LOX1)遺伝子は,白人女性の冠動脈疾患リスクである可能性がある(Chen Q et al: Genetic variation in lectin-like oxidized low-density lipoprotein receptor 1 (LOX1) gene and the risk of coronary artery disease. Circulation. 2003; 107: 3146-51.)。 PubMed
  • 閉経前の例では,視床下部起源のエストロゲン低下による排卵周期の崩れは,冠動脈造影上のCADと関係があるように思われる(Bairey Merz CN et al for the WISE study group: Hypoestrogenemia of hypothalamic origin and coronary artery disease in premenopausal women: a report from the NHLBI-sponsored WISE study. J Am Coll Cardiol. 2003; 41: 413-9.)。 PubMed
  • 胸痛を有する例において軽症の腎不全は冠動脈造影上有意な冠動脈疾患(CAD)の独立した予測因子である(Reis SE et al: Mild renal insufficiency is associated with angiographic coronary artery disease in women. Circulation. 2002; 105: 2826-9.)。 PubMed
  • 胸痛を有する例で不安症既往例は冠動脈造影上有意な冠動脈疾患である可能性が低いことと関係していた(Rutledge T et al: History of anxiety disorders is associated with a decreased likelihood of angiographic coronary artery disease in women with chest pain; the WISE study. J Am Coll Cardiol. 2001; 37: 780-5.)。 PubMed
  • 心筋虚血の疑いのため冠動脈造影を受けている485例における体重周期(3回の測定で少なくとも4.54kgの減少がみられること)は低HDL-Cと関連(Olson MB et al for the women's ischemia syndrome evaluation (WISE) study group. Weight cycling and high-density lipoprotein cholesterol in women; evidence of an adverse effect; a report from the NHLBI-sponsored WISE study. J Am Coll Cardiol. 2000; 36: 1565-71.)。 PubMed

▲pagetop
EBM 「循環器トライアルデータベース®」
ライフサイエンス出版
ご不明の点はお問い合わせください
収載年月2001.06
更新年月2006.12