循環器トライアルデータベース

CABADAS
Prevention of Coronary Artery Bypass Graft Occlusion by Aspirin, Dipyridamole, and Acenocoumarol / Phenoprocoumon Study

目的 冠動脈バイパス術後1年間の静脈グラフトの閉塞予防における,抗血小板薬低用量aspirin,低用量aspirin+dipyridamole,および経口抗凝固薬の再閉塞予防効果と安全性を比較。
コメント 後に発表された内胸動脈グラフトの検討(J Am Coll Cardiol. 1994; 24: 1181-1188. PMID: 7930237)でも,遠位吻合部の閉塞率はaspirin+プラセボ(A+P)群6.8%,aspirin+dipyridamole(A+D)群6.8%,経口抗凝固薬群5.3%と有意差なく,心事故発生率は各々13.3%, 23.3%(p=0.025), 17.1%とA+D群で発生率が上昇し,同様の傾向を認めた。(中野中村永井
デザイン 無作為,二重盲検(A+P群 vs A+D群),オープン(経口抗凝固薬群),多施設,intention-to-treat解析。
期間 追跡期間は1年。
対象患者 948例。
治療法 術後,A+P群,A+D群に無作為二重盲検法で割付け。aspirinは術後50mg/日投与,dipyridamoleは手術前日から5mg/kg/24時を静注し,その後,400mg/日を経口投与。経口抗凝固薬群は手術の前日からacenocoumarol,またはphenprocoumonを投与。INR2.8~4.8で継続。
結果 遠位吻合部の閉塞率は,A+P群15%,A+D群11%,経口抗凝固薬群13%で有意差なし。イベントの発生率は,A+P群13.9%,A+D群20.3%,経口抗凝固薬群は16.9%。A+D群のA+P群に対する相対リスクは1.46。
文献
  • [main]
  • van der Meer J et al for the CABADAS research group of the interuniversity cardiology institute of the Netherlands: Prevention of one-year vein-graft occlusion after aortocoronary-bypass surgery; a comparison of low-dose aspirin, low-dose aspirin plus dipyridamole, and oral anticoagulants. Lancet. 1993; 342: 257-64. PubMed
  • [substudy]
  • -内胸動脈バイパスグラフト494例の解析:J Am Coll Cardiol. 1994; 24: 1181-8. PubMed

▲pagetop
EBM 「循環器トライアルデータベース®」
ライフサイエンス出版
ご不明の点はお問い合わせください
収載年月1999.09