循環器トライアルデータベース

HART
Heparin-Aspirin Reperfusion Trial

目的 急性心筋梗塞(AMI)患者に対するrt-PAによる血栓溶解療法が行われた後の治療法として,抗凝固薬heparinと抗血小板薬低用量aspirinの効果を比較。一次エンドポイントは,7~24時間後と7日後の梗塞責任冠動脈の開存率。二次エンドポイントは,虚血症状の再発と出血性のイベント。
コメント rt-PAによる血栓溶解療法後の冠動脈の開存率はheparinを併用するほうが低用量aspirinを併用するよりも優れていた。(中村中野永井
デザイン 無作為。
期間 追跡期間は7日。登録期間は1987年9月から'89年9月まで。
対象患者 205例。76歳未満,平均年齢56歳。AMI発症後6時間未満。
治療法 heparin群106例とaspirin群99例に割付け。rt-PA 100mgを6時間点滴静注後,aspirin 80mg/日を経口投与,もしくはheparin 5000単位ボーラス投与後,1000単位/時で点滴静注。
結果 治療開始7時間後の開存率は,heparin群82%,aspirin群52%(p<0.0001)。 出血性合併症,心筋虚血の再発には有意差はみられなかった。総死亡率は,heparin群1.9%,aspirin群4%。
文献
  • [main]
  • Hsia J et al for the heparin-aspirin reperfusion trial (HART) investigators: A comparison between heparin and low-dose aspirin as adjunctive therapy with tissue plasminogen activator for acute myocardial infarction. N Engl J Med. 1990; 323: 1433-7. PubMed

▲pagetop
EBM 「循環器トライアルデータベース®」
ライフサイエンス出版
ご不明の点はお問い合わせください
収載年月1999.09