循環器トライアルデータベース

GISSI 1
Gruppo Italiano per lo Studio della Streptochinasi nell'Infarto Miocardico

目的 急性心筋梗塞(AMI)に対する血栓溶解薬高用量streptokinase(SK)静注の短期および長期の有効性を検討。一次エンドポイントは全死亡。
コメント AMIにSKを投与することの安全性が示された。(中村中野永井
デザイン 無作為割付け,非盲検比較,多施設。
期間 追跡期間は21日および1年。登録期間は1984年2月から'85年6月まで。
対象患者 11,712例。年齢は無制限(65歳以下65%,75歳より上10%)。症状発現後12時間以内。
治療法 SK群(5860例):SK150万単位を1時間点滴にランダム化。対照群5852例。全例,heparin,硝酸薬,Ca拮抗薬,抗血小板薬,抗不整脈薬,β遮断薬などによる通常治療。
結果 21日後の院内死亡率は,SK群10.7%,対照群13%で,SK群で18%低下(相対リスク0.81, p=0.0002)。12か月後の死亡率は,SK群17.2%,対照群19.0%(相対リスク0.90, p=0.008)。
文献
  • [main]
  • a) Gruppo Italiano per lo studio della streptochinasi nell'infarto miocardico (GISSI): Effectiveness of intravenous thrombolytic treatment in acute myocardial infarction. Lancet. 1986; 327: 397-401. PubMed
  • b) Gruppo Italiano per lo studio della streptochinasi nell'infarto miocardico (GISSI): Long-term effects of intravenous thrombolysis in acute myocardial infarction; final report of the GISSI study. Lancet. 1987; 330: 871-4. PubMed
  • [substudy]
  • 10年後の生存率は心電図上のST上昇で評価される心筋の傷害程度と関連しているようである:J Am Coll Cardiol. 2002; 39: 1594-600. PubMed

▲pagetop
EBM 「循環器トライアルデータベース®」
ライフサイエンス出版
ご不明の点はお問い合わせください
収載年月1999.09
更新年月2002.06