循環器トライアルデータベース

HARP
Harvard Atherosclerosis Reversibility Project

目的 平均脂質値の冠動脈心疾患(CHD)患者のLDL-C,HDL-Cを改善するための薬物併用治療の有効性と忍容性を検討。
デザイン 無作為,プラセボ対照,多施設。
期間 追跡期間は2.5年。
対象患者 91例。平均年齢60歳。
治療法 総コレステロール(TC)250mg/dL未満,TC/HDL-C比4.0以上のCHD患者91例を,段階的治療群(HMG-CoA reductase阻害薬pravastatin, nicotinic acid, cholestyramine, gemfibrozil投与。TC目標値160mg/dL以下,LDL-C/HDL-C比2.0)と,プラセボ群に無作為化。
結果 NCEP(National Cholesterol Education Program)の目標LDL-Cに到達するためには患者の70%が併用投与を必要とした。pravastatinとnicotinic acidの併用,pravastatinとgemfibrozilの併用は忍容性が高く,目標LDL-Cを維持し,トリグリセリド値が低下,HDL-Cが増加した。
文献
  • [main]
  • Pasternak RC et al for the Harvard atherosclerosis reversibility project (HARP) study group: Effect of combination therapy with lipid-reducing drugs in patients with coronary heart disease and“normal”cholesterol levels; a randomized, placebo-controlled trial. Ann Intern Med. 1996; 125: 529-40. PubMed

▲pagetop
EBM 「循環器トライアルデータベース®」
ライフサイエンス出版
ご不明の点はお問い合わせください
収載年月1999.09