循環器トライアルデータベース

V-HeFT II
Vasodilator-Heart Failure Trial II

目的 慢性心不全患者において,血管拡張薬(hydralazine)+硝酸薬(isosorbide dinitrate:ISDN)とACE阻害薬enalaprilの効果を比較検討。
デザイン 無作為,二重盲検。
期間 追跡期間は0.5~5.7年(平均2.5年)。
対象患者 804例。18~75歳。心筋梗塞: 47%,心胸郭比≧55%または左室拡張末期径>2.7cm/m2,EF45%未満の男性。
治療法 enalapril群403例とhydralazine+ISDN併用群401例に無作為割付け。enalapril群は20mg/日投与,hydralazine+ISDN併用群はhydralazine300mg/日+ISDN160mg/日投与。全例にdigoxin,利尿薬を投与。
結果 2年間の死亡率はenalapril群18%,hydralazine+ISDN併用群25%で,enalapril群で28%有意に減少した(p=0.016)。enalapril群における死亡率の低下は,突然死の減少によるもので,特にNYHA I~II度の軽症例で顕著であった。運動時の最大酸素消費量はhydralazine+ISDN併用群でのみ有意に増加したが(p<0.05),EFは両群で有意に増加した。
文献
  • [main]
  • Cohn JN et al: A comparison of enalapril with hydralazine-isosorbide dinitrate in the treatment of chronic congestive heart failure. N Engl J Med. 1991; 325: 303-10. PubMed

▲pagetop
EBM 「循環器トライアルデータベース®」
ライフサイエンス出版
ご不明の点はお問い合わせください
収載年月1999.09