循環器トライアルデータベース

TAMI 9
Thrombolysis and Angioplasty in Myocardial Infarction 9

目的 急性心筋梗塞(AMI)患者における再灌流障害予防療法fluosolの安全性と有効性を検討。
デザイン 無作為,オープン。
期間 追跡期間は24時間。
対象患者 430例。18~75歳。舌下nitroglycerinの不応時間が6時間以内で,ST上昇が0.1mV以上のAMI患者。
治療法 血栓溶解療法[aspirin(324mg)経口,heparin静注,t-PA(alteplase)100mgを3時間で静注)]後,fluosol投与群(213例,15mL/kg)と対照群(217例)に無作為化。
結果 心室全体のEF,局所壁運動,タリウム梗塞サイズ,死亡率,脳卒中の発症に群間で有意差は認めなかった。虚血の再発はfluosol投与群で低下したものの,一過性うっ血性心不全,肺水腫の発症は増加した。
文献
  • [main]
  • Wall TC et al the TAMI 9 research group: Intravenous fluosol in the treatment of acute myocardial infarction; results of the thrombolysis and angioplasty in myocardial infarction 9 trial. Circulation. 1994; 90: 114-20. PubMed

▲pagetop
EBM 「循環器トライアルデータベース®」
ライフサイエンス出版
ご不明の点はお問い合わせください
収載年月1999.09