循環器トライアルデータベース

AIRE
Acute Infarction Ramipril Efficacy Study

目的 臨床的に心不全所見を有する急性心筋梗塞(AMI)患者において,ACE阻害薬ramiprilの効果を検討。一次エンドポイントは全死亡。二次エンドポイントは,重症または抵抗性の心不全への移行,非致死的再梗塞,脳卒中。
コメント AIRE studyにより,心不全を合併したAMI症例に比較的早期のramipril投与が有効であることを示した。AIRE終了後,さらに3年間追跡したAIREX(AIRE Extension study)ではramiprilの効果を継続して認めた。全死亡のリスクは36%低下し,長期にわたるramiprilの効果が示された(Lancet. 1997; 349: 1493-1497. PMID: 9167457)。(
デザイン 無作為割付け,プラセボ対照,二重盲検,多施設(14か国144施設),intention-to-treat解析。
期間 追跡期間は6か月以上,平均15か月。
対象患者 2006例。AMI後3~10日の18歳以上。
治療法 ramipril群1014例,プラセボ群992例にランダム化。実薬群はramipril 5~10mg/日(分2)経口投与。aspirin,β遮断薬,Ca拮抗薬,digoxin,利尿薬,硝酸薬の併用は可。
結果 全死亡は,プラセボ群222例(23%),ramipril群170例(17%)で,ramiprilによる全死亡のリスクは27%低下した(p=0.002)。このramiprilの効果は投与後30日に有意であり,患者背景にかかわらず有効であった。二次エンドポイントの発症率もramipril群で19%低下した(p=0.008)。脳卒中や再梗塞の発症頻度は改善しなかった。また,突然死のリスクは30%低下(p=0.011),循環不全死のリスクは18%低下した(p=0.237)。
文献
  • [main]
  • The acute infarction ramipril efficacy (AIRE) study investigators: Effect of ramipril on mortality and morbidity of survivors of acute myocardial infarction with clinical evidence of heart failure. Lancet. 1993; 342: 821-8. PubMed
  • Cleland JG et al on behalf of the AIRE study investigators: Effect of ramipril on morbidity and mode of death among survivors of acute myocardial infarction with clinical evidence of heart failure; a report from the AIRE study investigators. Eur Heart J. 1997; 18: 41-51. PubMed
  • [substudy]
  • AIRE終了後,さらに3年間追跡したAIREX(AIRE Extension study)の結果:Lancet. 1997; 349: 1493-7. PubMed

▲pagetop
EBM 「循環器トライアルデータベース®」
ライフサイエンス出版
ご不明の点はお問い合わせください
収載年月1999.09