循環器トライアルデータベース

DAVIT I
Danish Verapamil Infarction Trial I

目的 急性心筋梗塞(AMI)の疑いが生じた時点から6か月間のCa拮抗薬verapamil投与による,総死亡と再梗塞発症に対する効果を検討。
コメント AMI急性期からのverapamil投与は長期予後を改善しない。verapamilは短時間作用型であり,AMI急性期からの使用は勧められない。(桑島
デザイン 無作為,プラセボ対照,二重盲検,多施設。
期間 追跡期間は12か月。登録期間は1979年から'81年8月まで。
対象患者 1436例(3498例に投与を開始したが,2062例はWHOのAMIの基準を満たさなかったため投与を中止した)。年齢75歳未満。
治療法 verapamil群717例とプラセボ群719例に無作為化。CCU(coronary care units)到着直後に,verapamil 0.1mg/kg静注,さらに120mg経口投与後,360mg/日(分3)を6か月間投与。
結果 6か月後の死亡数は,verapamil群92例(12.8%),プラセボ群100例(13.9%)で有意差は認めなかった。12か月後の死亡率も,verapamil群15.2%,プラセボ群16.4%で有意差はなかった。6か月後の再梗塞はverapamil群で50例(7%),プラセボ群で60例(8.3%)に発症した。
文献
  • [main]
  • The Danish study group on verapamil in myocardial infarction: Verapamil in acute myocardial infarction. Eur Heart J. 1984; 5: 516-28. PubMed

▲pagetop
EBM 「循環器トライアルデータベース®」
ライフサイエンス出版
ご不明の点はお問い合わせください
収載年月1999.09