循環器トライアルデータベース

ACME
Angioplasty Compared to Medicine

目的 1枝病変を有する狭心症患者の,症状および運動耐容能に対する有効性について,PTCAと薬物療法を比較。
コメント 狭心症治療の場合,狭心症状の予防によるQOLの改善と生命予後やイベント発生[心筋梗塞(MI),CABG,再狭窄]への影響を分けて考慮する必要がある。本研究では1枝病変へのPTCAは薬物治療に比べて狭心症発作を減少させるが,イベント発生率は高いことを示した。しかし最近ステントが一般化したことにより,状況は変化している。(桑島
デザイン 無作為割付け,多施設。
期間 追跡期間は6か月。登録期間は1987年5月~'90年5月。
対象患者 212例。
治療法 患者を薬物治療群(107例)とPTCA群(105例)にランダム化。薬物治療群は段階的療法とし,硝酸薬,β遮断薬,Ca拮抗薬を単独あるいは併用投与した。PTCA群はPTCA施行前と施行後1か月間はCa拮抗薬を投与し,施行開始時にheparin,施行中と施行後12時間はnitroglycerinを投与。全例にaspirinを325mg/日投与。
結果 PTCA群の2例が緊急の冠動脈バイパス手術を必要とし,施行後6か月までに16例がPTCAを再施行した。MIの発症はPTCA群5例,薬物治療群3例であった。6か月後PTCA群で64%,薬物治療群で46%に狭心症が認められず,PTCA群で有意に症状を軽減した(p<0.01)。PTCA群は薬物治療群より運動耐容時間が有意に延長した(p<0.0001)ものの,コスト,合併症の頻度も高かった。
文献
  • [main]
  • Parisi AF et al on behalf of the Veterans Affairs ACME investigators: A comparison of angioplasty with medical therapy in the treatment of single-vessel coronary artery disease. N Engl J Med. 1992; 326: 10-6. PubMed

▲pagetop
EBM 「循環器トライアルデータベース®」
ライフサイエンス出版
ご不明の点はお問い合わせください
収載年月1999.09