J-LESSON
Japan Unprotected Left main Coronary Artery Disease Percutaneous Coronary Intervention (PCI) Strategy on New Generation Stents
非保護左主幹部病変(ULMCA)に対する新世代ステント(everolimus溶出ステント)登録研究
目的: ULMCAに対するeverolimus溶出ステントを用いたPCI施行の5年間の転帰(有害イベント,標的病変・血管血行再建,ステント血栓症)を検証する。
主要評価項目:2年後の主要有害心脳血管イベント(MACCE)。
副次評価項目:SYNTAXスコアによる病変評価(ベースライン時);EuroSCOREによる病変スコア(ベースライン時);IVUSによる分岐部病変評価(ベースライン時および手技後10ヵ月);冠血流予備比(FFR)による分岐部病変評価(ベースライン時および手技後10ヵ月)。
デザイン: 観察研究,多施設。
セッティング:
期間: 観察期間は5年。
研究開始は2010年10月。
対象: 目標750例。20歳以上;文書で試験参加の同意が得られたもの;PCI適応例;薬剤溶出性ステント(DES)の適用と考えられるもの;治療の必要な新規病変;ULMCAおよびULMCAを含む病変;1枝に対して最も長いeverolimus溶出ステントを2本使用して治療できるもの;DES植え込みから12ヵ月以上抗血小板薬治療ができるもの。
除外基準:左主幹部病変(LMCA)に対するPCI,CABG既往;心臓外科術予定例;重症腎機能障害(クレアチニン≧2.0mg/dL);EF<30%;LMCAに慢性完全閉塞を有する例など。
方法: everolimus溶出ステント。
結果:
ClinicalTrials.gov identifier: NCT01256723
ClinicalTrials.gov(米国医学図書館運営の臨床試験登録公開ウェブサイト)
(アクセス日2010年12月30日)より

print 〕  〔 close