KING
Kitanagoya Genome study
心血管疾患感受性遺伝子多型の同定のための観察研究。
目的: 健常男女において,すでに報告されている心血管疾患感受性遺伝子多型の同定と,5年後の心血管イベント発症との関連を検討する。
デザイン: 前向き長期観察研究,ケースコントロール。
セッティング:
期間: 観察期間は5年。2005年5月研究開始。
対象: 7000例の予定。北名古屋市で毎年実施している健診を受けている健康な50歳以上の男女。
方法:
結果:
ClinicalTrials.gov identifier: NCT00262691
ClinicalTrials.gov(米国医学図書館運営の臨床試験登録公開ウェブサイト)
(アクセス日2006年12月18日)より

print 〕  〔 close