J-DHF
Japanese Diastolic Heart Failure Study
拡張期心不全治療法確立のための試験。
目的: 拡張期心不全患者において,β遮断薬の有用性および費用対効果を検討。
一次エンドポイント:心不全症状の悪化による入院または心血管死。
デザイン: 無作為割付け,層別化,多施設(200~300施設の予定)。
セッティング:
期間: 追跡期間は2年間。登録期間は2004年4月~2006年3月。
対象: 拡張期心不全症例(EF>40%の心不全症例)。
方法: ACE阻害薬群:忍容性がない場合はアンジオテンシン受容体拮抗薬に変更,β遮断薬群,いずれの薬剤も用いない治療群。3群各500例の予定。
結果:
J-DHF ホームページ http://poppy.ac/j-dhf/
(アクセス日2005年4月7日)より

print 〕  〔 close