抗血栓トライアルデータベース
home
テキストサイズ
メタ解析
虚血性脳卒中/TIA後のaspirin+clopidogrel併用至適期間
Optimal Duration of Aspirin Plus Clopidogrel After Ischemic Stroke or Transient Ischemic Attack
結論 虚血性脳卒中/一過性脳虚血発作(TIA)患者において,短期のaspirin+clopidogrel併用はaspirin単独にくらべより有効で,安全性は同程度であった。
コメント アスピリン+クロピドグレルの併用療法の至適期間について,開始時期や患者背景が異なるにせよ,対象,主要評価項目,層別化の期間区分とも覚えやすい設定でネットクリニカルベネフィットが分析されており,優れたメタ解析である。代表的なCHANCE,POINT,SPS3の結果も本解析に合致している。(岡田靖

目的 虚血性脳卒中/TIA患者において,aspirin単独に比してのaspirin+clopidogrel併用の役割は不明である。そこで,両剤併用の至適期間を検討した。
方法 MEDLINE,EMBASE,CENTRALについて,データベース創設日~2018年6月までの検索を行った。検索はフルテキスト論文に限定した。
対象基準:(1)ランダム化比較試験,(2)非心原性虚血性脳卒中/TIA患者において,aspirin+clopidogrel併用をaspirin単独と比較,(3)血栓溶解療法非適応,(4)年齢18歳以上,(5)評価項目として虚血性脳卒中再発率および大出血発生率を報告している論文。
有効性主要評価項目:虚血性脳卒中再発,安全性主要評価項目:大出血。副次評価項目:MACE(脳卒中,心筋梗塞,心血管死の複合),全死亡。
解析は短期(≦1ヵ月),中期(≦3ヵ月),長期(>3ヵ月)に層別化した。
対象 10試験(POINT,COMPRESS,He et al,Yi et al,CHANCE SPS3,CLAIR,FASTERCHARISMACARESS)。
15,434例(平均年齢64.0歳,男性61.1%)。
主な結果 ・脳卒中再発
aspirin+clopidogrel併用はaspirin単独にくらべ,短期,中期では虚血性脳卒中再発を抑制したが,長期では有意差は認められなかった。
短期:6.4% vs. 10.0%,RR 0.53,95%CI 0.37-0.78,I2=21%。
中期:4.8% vs. 6.7%,RR 0.72,95%CI 0.58-0.90,I2=0%。
長期:6.3% vs. 7.7%,RR 0.81,95%CI 0.63-1.04,I2=0%。

・大出血
短期における大出血発生率はaspirin+clopidogrel併用群,aspirin単独群で同程度であったが,中期,長期では併用群のほうが上昇した。
短期:0.4% vs. 0.2%,RR 1.82,95%CI 0.91-3.62,I2=0%。
中期:1.1% vs. 0.4%,RR 2.58,95%CI 1.19-5.60,I2=2.1%。
長期:6.6% vs. 3.4%,RR 1.87,95%CI 1.36-2.56,I2=0%。

・MACE
aspirin+clopidogrel併用はaspirin単独にくらべ,短期,中期ではMACEを抑制したが,長期では有意差は認められなかった。
短期:5.9% vs. 8.7%,RR 0.68,95%CI 0.60-0.78,I2=0%。
中期:5.2% vs. 6.9%,RR 0.76,95%CI 0.61-0.94,I2=0%。
長期:10.1% vs. 11.6%,RR 0.87,95%CI 0.71-1.07,I2=0%。

・全死亡
aspirin+clopidogrel併用はaspirin単独にくらべ,短期,中期の全死亡は同程度であったが,長期では増加した。
短期:0.5% vs. 0.4%,RR 1.15,95%CI 0.53-2.48,I2=0%。
中期:0.7% vs. 0.5%,RR 1.56,95%CI 0.77-3.18,I2=0%。
長期:7.4% vs. 5.1%,RR 1.45,95%CI 1.10-1.93,I2=0%。
文献: Rahman H, et al. Optimal Duration of Aspirin Plus Clopidogrel After Ischemic Stroke or Transient Ischemic Attack. Stroke 2019; 50: 947-953. pubmed
関連トライアル
関連記事