抗血栓トライアルデータベース
home
テキストサイズ
CASSINI
結論 歩行可能な高リスクのがん患者において,rivaroxabanは180日の試験期間における静脈血栓塞栓症(VTE)発症またはVTEによる死亡を抑制しなかった。インターベンション期間(初回投与から最終投与+2日)においては,rivaroxabanはこれらのイベントを抑制し,大出血発生率はプラセボ群と同様に低かった。
コメント Khoranaスコア2点以上の高リスクであり,化学療法を行う歩行可能ながん患者を対象とした,リバーロキサバン10mg/日投薬群とプラセボ群間のランダム化比較研究である。一次エンドポイントであるVTE発生率は,180日間の観察期間では有意差はなかった。介入期間での観察では,リバーロキサバン群で有意に低率ではあったが,内訳はVTE関連死,症候性肺血栓塞栓症には差がなかった。リバーロキサバン群で大出血が2%発生していることを考慮すれば,本研究結果からも薬物予防のリスクベネフィットを慎重に検討することが不可欠といえる。(山田典一

目的 抗がん剤治療をうけている歩行可能な患者は,さまざまなVTEリスクにさらされている。しかし,これらの患者に対するVTE予防のベネフィットは不明である。本試験では,あらたに全身化学療法を開始したがん患者において,rivaroxabanの有効性および安全性を検討した。有効性主要評価項目:客観的に確認された下肢の症候性/無症候性近位部深部静脈血栓症(DVT),症候性の上肢のDVTまたは下肢の遠位部DVT,症候性/偶発性肺塞栓症,VTEによる死亡の複合。安全性主要評価項目:インターベンション期間におけるISTH出血基準大出血
デザイン ランダム化,二重盲検,phase 3b試験。NCT02555878。
セッティング 多施設(143施設),11ヵ国。
期間 平均インターベンション期間は4.3ヵ月。
対象患者 841例。≧18歳,歩行可能で外来で治療をうけている,Khoranaスコア≧2点(0~6点のスケールで,点数が高いほどVTEリスクが高いことを示す),余命>6ヵ月,試験薬投与開始前または開始後1週間以内にあらたに全身化学療法を開始予定の固形がんまたはリンパ腫患者。両下肢にデュプレックス超音波検査を行い,近位部深部静脈血栓のないことを確認した。
【除外基準】原発性脳腫瘍,または既知の脳転移,Eastern Cooperative Oncology Group全身状態スコア≧3点(0~4点のスコアで,点数が高いほど障害度が大きいことを示す),活動性出血または出血リスク。
【患者背景】年齢中央値はrivaroxaban群63歳,プラセボ群62歳。各群の男性52.9%,48.9%。白人83.8%,82.2%。Khoranaスコア2点66.9%,70.1%,3点25.2%,22.8%,4点6.2%,5.9%。DVT既往2.6%,0.5%。原発がん種:膵臓32.4%,32.8%,胃または胃食道接合部21.2%,20.7%,肺14.8%,17.1%。
治療法 原発部位が膵臓か否かにより層別化後,以下の2群にランダム化。試験薬は180±3日間投与予定とした。
rivaroxaban群:420例。10mg,1日1回投与。
プラセボ群:421例。
追跡完了率
結果

●評価項目
180日後までに,有効性主要評価項目はrivaroxaban群25例(6.0%),プラセボ群37例(8.8%)に発生した(HR 0.66,95%CI 0.40-1.09,p=0.10)。
インターベンション期間における主要評価項目はrivaroxaban群11例(2.6%),プラセボ群27例(6.4%)(HR 0.40,95%CI 0.20-0.80)。
180日後までの全死亡は,rivaroxaban群84例(20.0%),プラセボ群100例(23.8%)(HR 0.83,95%CI 0.62-1.11)。
安全性主要評価項目はrivaroxaban群8/405例(2.0%),プラセボ群4/404例(1.0%)に発生した(HR 1.96,95%CI 0.59-6.49,p=0.26)。

●有害事象

文献: Khorana AA, et al.; CASSINI Investigators. Rivaroxaban for Thromboprophylaxis in High-Risk Ambulatory Patients with Cancer. N Engl J Med 2019; 380: 720-8. pubmed
関連トライアル ADOPT, APEX, ATLAS ACS 2-TIMI 51, ATLAS ACS-TIMI 46 , Coleman CI et al, COMMANDER HF, COMPASS, COMPASS CAD, COMPASS PAD, EINSTEIN CHOICE, EINSTEIN PE and DVT major bleeding, EINSTEIN-DVT and EINSTEIN-Extension, EINSTEIN-PE, EPCAT II, GEMINI-ACS-1, Hokusai VTE Cancer, Hokusai-VTE, Hokusai-VTE East Asia patients, MAGELLAN, NAVIGATE ESUS, PADIS-PE, PREVENT 2004, PROTECT, RECORD1, RECORD2, RECORD3, RECORD4, SAVE-ONCO, SWIVTER, XALIA
関連記事