抗血栓トライアルデータベース
home
テキストサイズ
Cadroy Y et al Early potent antithrombotic effect with combined aspirin and a loading dose of clopidogrel on experimental arterial thrombogenesis in humans
結論 本試験から,aspirin+clopidogrel併用投与により相乗的な抗凝固作用が得られることが裏づけられ,またclopidogrel負荷投与は早期のベネフィットをもたらすことが示された。

目的 ヒトの動脈血栓形成モデルにおいて,抗血小板薬aspirin単独,aspirin+clopidogrel併用,あるいはclopidogrel負荷投与による抗血栓形成効果を比較検討。
デザイン ランダム化,二重盲検,クロスオーバー。
セッティング 単施設。フランス。
期間 追跡期間は10日。登録期間は1998年4月~1999年2月。
対象患者 18例。健常男性。白人。20~30歳(平均24歳)。病歴または臨床上明らかな疾患を有さず,試験期間中に血液凝固または血小板に作用する薬物投与を受けていない症例。
治療法 以下の3群にランダム化し,クロスオーバー。
1)ASA群:aspirin 325mg/日を10日間投与,2)C75+ASA群:aspirin 325mg+clopidogrel 75mg/日を10日間併用投与,3)C300+ASA群:投与初日のみaspirin 325mg+clopidogrel 300mg(負荷)投与し,続いてaspirin 325mg+clopidogrel 75mg/日を9日間併用投与。
クロスオーバー前に3~6週間のwashout期間を設けた。投与初日の試験薬投与後1.5,6,24時間および10日目の投与後6時間に体外血流灌流実験および血小板凝集能を測定。被験者の喫煙は10本/日未満とし,体外血流灌流実験施行当日の喫煙は不許可。
追跡完了率 全例でプロトコール完了(100%)。
結果

●評価項目
10日後における血小板およびフィブリン沈着は,ベースライン時に比しASA群で各24%,35%(各p=0.002,p=0.03)の阻害が認められた。さらに,clopidogrel+ASA群では各71%,74%とASA群に比し有意に阻害された(p<0.001)。本効果はC75+ASA群とC300+ASA群で同等であった(p>0.10)。
薬力学的観察では,ASA群の投与初日における血小板沈着阻害率は10%未満であったが,10日後には24%を示し(p=0.03 vs ベースライン時),効果の発現に遅れが認められた。一方,フィブリン沈着阻害率に時間依存性はみられず,投与初日と10日後では同等であった(35%,p≦0.010)。C75+ASA群では投与初日6時間後に血小板およびフィブリン沈着率の有意な阻害が認められ[各34%(p=0.042),60%(p<0.001) vs ベースライン時],10日後では各71%,74%であった。C75+ASA群における本効果は,ASA群に比し有意に優れていた(p<0.030)。C300+ASA群では投与開始90分後に抗凝固作用が認められた。投与初日6時間後の血小板およびフィブリン沈着阻害率は各61%,75%と有意であり(各p<0.001 vs ベースライン時),本効果は10日後と同等であった。血小板沈着阻害効果は,C300+ASA群でASA群に比しいずれの測定値においても有意に高く(p≦0.040),フィブリン沈着阻害においても投与初日6,24時間後および10日後において有意に優れていた(p≦0.004)。さらに,C75+ASA群との比較においても,投与初日の全測定値でC300+ASA群が有意に優れていた(p≦0.030)。
血小板凝集能の評価では,ASA群で有意なコラーゲン誘発性の凝集阻害が認められたが(p<0.010),ADP誘発性の阻害効果は投与初日および10日目ともに認められなかった。コラーゲン誘発性の阻害作用は投与初日および10日目で同等であった(投与初日の阻害効果は6時間後に認められたのみ)。
ADPおよびコラーゲン誘発性の血小板凝集阻害効果は,clopidogrel+ASA群でclopidogrel負荷投与の有無にかかわらずASA群に比し有意に高く,10日後で最大であった(p<0.01:10日後のC75+ASA群とC300+ASA群の有効性は同等)。また,投与初日において,C300+ASA群で迅速なADP誘発性の血小板凝集阻害効果が認められた。さらに,C75+ASA群,C300+ASA群ともにコラーゲン誘発性の血小板凝集効果は投与初日24時間後に比し6時間後で高かった。アラキドン酸誘発性の血小板凝集は,全投与例でいずれの測定時においても阻害効果が認められた。

●有害事象
表記なし。

文献: Cadroy Y, et al. Early potent antithrombotic effect with combined aspirin and a loading dose of clopidogrel on experimental arterial thrombogenesis in humans. Circulation 2000; 101: 2823-8. pubmed
関連トライアル CLASSICS, CREDO, Helft G et al, OCLA, ONSET/OFFSET, PRINCIPLE-TIMI 44, RELOAD
関連記事