抗血栓トライアルデータベース
home
テキストサイズ
TAMI 5 1991 Thrombolysis and Angioplasty in Myocardial Infarction-Phase 5
結論 本試験から,血栓溶解療法後に保存的治療を実施した患者では,比較的緊急PTCA施行の必要性が高く,またベースライン時の患者背景はインターベンション施行の予測因子とはなりえず,さらに侵襲的インターベンションを施行しても,虚血の再発がなく血行動態が安定した患者に比較して入院中の臨床転帰は不良であることが示唆された。

目的 血栓溶解療法後に保存的治療を実施した急性心筋梗塞(AMI)患者において,虚血の再発または血行動態の不安定による早期の緊急インターベンション施行の予測因子を検討するとともに,入院中の臨床転帰を経過が安定していた例と比較。
デザイン ランダム化,3×2 factorial。
セッティング 多施設(27施設)。アメリカ。
期間 追跡期間は4日。登録期間は1988年4月~1989年5月。
対象患者 288例(TAMI 5 Trial対象症例575例中,待機的カテーテル法施行群にランダム化された症例)。AMI発症から6時間以内。
注)登録基準および除外基準はTAMI 5 Trial(1991年,メインスタディ)参照。
治療法 rt-PA 100mg投与群,urokinase(UK)投与群,rt-PA+UK併用投与群にランダム化。続いて,積極的カテーテル群(287例:血栓溶解療法が無効な場合に直ちに冠動脈造影,PTCAまたはCABGを実施)と待機的カテーテル群(288例:5~10日後に冠動脈造影を実施)にランダム化。
待機的カテーテル群:次の条件を1つ以上満たす場合にのみカテーテル法を施行。1)心筋虚血の再発(20分を超える虚血性胸痛の持続),2)新たなST-T波異常,3)新たな僧帽弁閉鎖不全症または中等度~重度の急性肺浮腫,4)SBP<90mmHgの低血圧症が1時間を超えて持続。
注)詳細はTAMI 5 Trial参照。
追跡完了率 表記なし。
結果

●評価項目
24時間以内の緊急心カテーテル法施行は54例(19%),4日後(中央値9時間)では75例(26%)であった(クロスオーバー例)。非クロスオーバー例は213例。
入院後24時間以内のクロスオーバーの必要性は,rt-PA,UK単独群に比し,rt-PA+UK併用群で抑制されたが有意差には達しなかった(14% vs 21%,p=0.30)。入院から4日後では,併用群と単独群の抑制効果の差は小さかった(併用群22%,UK群26%,rt-PA群30%,p=0.40)。
緊急冠動脈造影を施行した75例のうち,梗塞関連動脈の閉塞(TIMI grade 0または1)が認められたのは27例(39%)のみであり,TIMI grade 2または3は46例であった。緊急PTCAは同症例の49%,緊急CABGは3%に施行されたが,インターベンション施行にかかわらず,院内死亡率はクロスオーバー例7%,非クロスオーバー例3%とクロスオーバー例で高かった(p=0.32)。左室駆出率は50.5±11% vs 54.3±10.8%(p=0.12),梗塞領域の局所壁運動は-2.68±1.07SD/chord vs -2.46±1.19SD/chord(p=0.44)といずれも非クロスオーバー例で良好であった。
多変量ロジスティック回帰分析によると,入院から5日以内の緊急心カテーテル施行の有意な予測因子は,年齢(p=0.0016),前壁MI(p=0.017)であった。

●有害事象
表記なし。

文献: [substudy] Muller DW, et al and the TAMI-5 Study Group. Determinants of the need for early acute intervention in patients treated conservatively after thrombolytic therapy for acute myocardial infarction. J Am Coll Cardiol 1991; 18: 1594-601. pubmed
関連トライアル Barbash GI et al, ECSG-RTPA, NRMI-2, PACT, PAMI, SWIFT, TAMI 1 1987, TAMI 2, 3, 5 and Urokinase Trial 1994, TAMI 5 1991, TAMI 5 1992, TAMI 6, TIMI II 1989, TIMI II 1995, TIMI IIA 1990
関連記事