抗血栓トライアルデータベース
home
テキストサイズ
MATTIS Multicenter Aspirin and Ticlopidine Trial after Intracoronary Stenting
結論 冠動脈ステント植込みを施行した高リスク患者において,aspirin+ticlopidine併用はaspirin+抗凝固薬併用に比し,血管および出血性合併症を有意に減少させた。また,心血管イベントの顕著な減少傾向が認められたことから,より優れた治療法であることが示された。

目的 冠動脈ステント植込みを施行後,亜急性閉塞(<1ヵ月)を発症した高リスク患者において,aspirin+ticlopidine併用とaspirin+経口抗凝固薬(OAC)併用による心血管イベント抑制効果と安全性(血管および出血性合併症の発症)を比較検討。
一次エンドポイント(有効性):心血管死,ステント植込み部位での心筋梗塞(MI),あるいは虚血再発・不整脈・血行力学的障害によるステント植込み部位での血行再建術(PCIまたはCABG)再施行。二次エンドポイント(安全性):血管アクセス部位への手術の必要性,出血,あるいは頭蓋内または後腹膜出血。
デザイン ランダム化,オープン,intention-to-treat解析。
セッティング 多施設(欧州9ヵ国,31施設)。
オーストリア,ドイツ,ギリシャ,イタリア,オランダ,ポーランド,スペイン,スウェーデン,スイス。
期間 追跡期間は6~8ヵ月。登録期間は1996年2月~1997年1月。
対象患者 350例。平均年齢60.4歳。ステント植込み後6時間以内の高リスク患者。ステント植え込み終了時点で以下の1つ以上を満たす患者:1)緊急離脱状態[PTCA後の急性閉塞(TIMI grade 0または1)あるいはC,D,E,F型大動脈解離に対するステント植込み施行],2)血管造影所見不良(ステント植込み部位の残存狭窄>20%,解離の残存,植込み近位部または遠位部の狭窄>30%,または植込み部位の血流<TIMI grade 3),3)1血管への多数のステント植込み(3本以上または植込み部位の合計≧45mm),4)ステント内に留置した最大のバルーンnominal内径≦2.5mm。
【除外基準】最近のMI発症(登録時の血清CPK値が正常上限値以上,12誘導ECG所見における虚血の持続および/または胸痛,年齢<18歳,妊娠,ステント植込み施行前または施行中の血小板GP IIb/IIIa受容体拮抗薬投与,あるいは30日間の投与予定,OAC投与またはaspirin・ticlopidine・OAC・heparinへの禁忌,30日間の冠インターベンション(経皮または手術)再施行予定など。
治療法 aspirin 250mg/日+ticlopidine 500mg/日(分2:初日のみ分1)併用投与群(177例:A+T群)とaspirin 250mg/日+OAC併用投与群(173例:A+OAC群)にランダム化。
A+T群:ランダム化直後に投与開始。A+OAC群:aspirinはランダム化直後,OACはステント植込み施行日に投与開始し,INRが2.5-3.0になるよう投与。INR安定後はheparin静注を中止。また,heparin静注は全例でシース除去の6時間前から36時間超にわたり中止。投与期間は30日。
追跡完了率 30日後の投与完了率はA+T群168例(95%),A+OAC群147例(85%)。
【脱落理由】有害事象および/または心イベント発生による投与中止。
結果

●評価項目
30日後の一次エンドポイント発生はA+T群10例(5.6%),A+OAC群19例(11%)とA+T群で減少傾向が認められ(相対リスク1.94,95%CI 0.93-4.06,p=0.07),これはper-protocol解析でも同様であった(p=0.1)。死亡はA+T群3例,A+OAC群2例。また,ステント植込み後の平均入院期間はA+T群で有意に短縮された(4.6日 vs 7.7日,p<0.0001)。なお,30日後から6ヵ月後の一次エンドポイント発生率は両群で同等であった[28/167例(16.8%) vs 25/154例(16.2%)]。
30日後の二次エンドポイント発生は,A+T群3例(1.7%),A+OAC群12例(6.9%)とA+T群で有意に減少した(相対リスク4.1,95%CI 1.2-14.3,p=0.02)。

●有害事象
A+T群では遅延性の無症候性顆粒球減少症が3例(1.7%)に発生したが,臨床症状はなく自然回復した。また,軽度の胃腸不快感はA+T群16例(9.0%),A+OAC群7例(4.0%)であった。

文献: [main] Urban P, et al for the MATTIS Investigators. Randomized evaluation of anticoagulation versus antiplatelet therapy after coronary stent implantation in high-risk patients: the multicenter aspirin and ticlopidine trial after intracoronary stenting (MATTIS). Circulation 1998; 98: 2126-32. pubmed
関連トライアル ACTIVE W INR control, Berger PB et al 1999, Berger PB et al 1999, CLASSICS, ISAR, Mishkel GJ et al, Moussa I et al, Müller C et al, SPIRIT III, STAI 1990, STARS, TASS 1993, TISS, Tompkins C et al, Yoon Y et al
関連記事