抗血栓トライアルデータベース
home
テキストサイズ
ATACS Antithrombotic Therapy in Acute Coronary Syndromes
結論 aspirin服用歴のない不安定狭心症患者の早期治療において,aspirin+抗凝固薬の併用療法が虚血の再発抑制に有効であることが示された。

目的 aspirin服用歴のない安静時不安定狭心症または非Q波心筋梗塞(MI)患者において,抗血小板薬aspirinと抗凝固薬の併用療法の効果を比較検討。
一次エンドポイント:虚血の再発,MI,および/または死亡。二次エンドポイント:大出血,血行再建術(PTCAまたはCABG)施行。
デザイン ランダム化,オープン,intention-to-treat解析,パイロット試験。
セッティング 多施設(2ヵ国)。アメリカ,イギリス。
期間 追跡期間は12週間。登録期間は1989年12月~1991年12月。
対象患者 214例。年齢≧21歳(平均61歳)。安静時不安定狭心症または非Q波梗塞による胸痛発症による入院患者,虚血性心疾患の診断可能な症例。
【除外基準】進行性Q波MIによる胸痛,左脚ブロックまたはペースメーカー植込み,うっ血性心不全・不整脈・高血圧症による狭心症,心臓弁膜症,過去4週間以内のQ波MI既往,貧血,抗凝固薬に禁忌(過去6ヵ月以内の活動性の消化性潰瘍または消化器障害,出血性素因,過去2ヵ月以内の脳内出血または脳卒中既往)など。
治療法 aspirin単独投与群(109例)と抗凝固薬併用投与群(105例)にランダム化。
単独群:aspirin 162.5mg/日を投与。併用群:aspirin 162.5mg/日+heparin 100Uボーラス静注で負荷投与後,活性化部分トロンボプラスチン時間をコントロールの2倍に維持(3~4日投与),2~3日後からwarfarinを投与。INRが2-3に達した時点でheparin投与を中止。全例に狭心症治療を実施。
aspirin含有製剤の投与は禁止。鎮痛薬にはacetaminophenを処方。
治療開始は胸痛発現後,平均9.5±8.8時間(中央値6.8時間),治療期間は12週間。
追跡完了率 脱落率は33.2%(aspirin群28例,抗凝固薬併用群43例)。
【脱落理由】進行性のQ波MI(16例),薬剤不忍容(10例),医師の判断(9例)など。
結果

●評価項目
14日後の一次エンドポイント発生は,単独群29例(27%),併用群11例(11%)と併用群で有意に減少した(p=0.004:相対リスク0.35,95%CI 0.17-0.72)。また,12週間後における一次イベントの有効性の解析では,単独群27例(25%),併用群14例(13%)と有意差が認められた(p=0.06)。血行再建術施行は,単独群16例(15%),併用群12例(11%)。

●有害事象
血行再建術に関連しない大出血は単独群ではみられなかったが,併用群で2.9%発生した。軽度の出血または薬剤に忍容性のない例は,単独群2.8%に比し,併用群で6.7%であった。

文献: [main, pilot] Cohen M, et al and the Antithrombotic Therapy in Acute Coronary Syndromes Research Group. Combination Antithrombotic Therapy in Unstable Rest Angina and Non-Q-Wave Infarction in Nonprior Aspirin Users: Primary End Points Analysis From the ATACS Trial. Circulation 1994; 89: 81-8. pubmed
関連トライアル APRICOT, ATACS-pilot, Berman J et al, Canadian Multicenter Trial, Cohen M et al, ESSENCE 1997, ESSENCE 2000, FRAX.I.S, FRIC, FRISC, Gurfinkel EP et al, Holdright D et al, Neri Serneri GG et al, OASIS Pilot Study 1997, OASIS Pilot Study 1998, PARAGON-A, PARIS-II, PRISM-PLUS 1999, RESTORE, RISC 1990, RISC 1991, STAI 1991, TACTICS-TIMI 18 1998, Théroux P et al 1988, Théroux P et al 1992, TIMI 11B, TIMI IIIB 1999 Database Study, TRIM, VA-main, VA-pilot, Williams MJ et al 1997
関連記事