抗血栓トライアルデータベース
home
テキストサイズ
TACTICS-TIMI 18 1998 Treat Angina with Aggrastat and Determine Cost of Therapy with an Invasive or Conservative Strategy-Thrombolysis in Myocardial Infarction 18
結論

目的 急性冠症候群(ACS)患者において,早期の侵襲的治療(冠動脈造影,血行再建術)と従来の治療(薬物療法)の効果を比較検討。さらに,両治療法のコストの比較,"troponin hypothesis"(ベースライン時のトロポニンT,Iが患者のリスク層別化および治療法選択に有効)の検討。
一次エンドポイント:死亡,心筋梗塞(MI),またはACSによる再入院。
デザイン ランダム化。
セッティング 多施設(180施設:予定)。各国。
期間 追跡期間は6ヵ月(予定)。
対象患者 1,720例(予定)。18歳以上の不安定狭心症または非Q波AMI患者。ランダム化前24時間以内に狭心痛のあった症例。
【除外基準】持続的ST上昇,二次性狭心症,過去6ヵ月以内のPTCAまたはCABG施行歴,消化管出血の既往,血小板異常,血小板減少症,過去1年以内の出血または非出血性の脳血管障害,一過性脳虚血発作の既往,血清クレアチニン値>2.5mg/dL,96時間以内にabciximab投与を受けた患者,長期ticlopidine,clopidogrelあるいはwarfarin治療例など。
治療法 全例にaspirin 325mg/日を投与,およびheparin 5,000Uボーラス静注後,1,000U/時注入し,活性化部分トロンボプラスチン時間を60~85秒まで漸増投与。tirofibanは0.4μg/kg/分を30分静注後,0.1μg/kg/分を注入。tirofibanの静注は最短48時間,最長108時間(血管造影前の4時間以上および血行再建術後12時間以上を含む)。β遮断薬,硝酸薬,Ca拮抗薬,脂質低下薬の追加を推奨。
早期侵襲的治療群:ランダム化から4~48時間後に冠動脈造影を実施し,血行再建術(PTCAまたはCABG),あるいは早期薬物療法群にランダム化。
追跡完了率 -
結果

●評価項目
【有効性の比較】
注)詳細はTACTICS-TIMI 18 2001参照。

【コストの比較:2001年ACC口頭発表】入院中の医療コストは侵襲的治療群が14,660ドル,従来群12,667ドル。退院後は6,063ドル vs 7,203ドル,6ヵ月間では20,616ドル vs 19,987ドル。コストの予測因子はトロポニン値>0.01(p<0.0001),ST変化(p<0.0001),糖尿病(p=0.08)。

●有害事象
-

文献: [main] Cannon CP, et al for the TACTICS-TIMI 18 Investigators. Invasive versus conservative strategies in unstable angina and non-Q-wave myocardial infarction following treatment with tirofiban: rationale and study design of the international TACTICS-TIMI 18 Trial. Treat Angina with Aggrastat and determine Cost of Therapy with an Invasive or Conservative Strategy. Thrombolysis In Myocardial Infarction. Am J Cardiol 1998; 82: 731-6. pubmed
関連トライアル ACUITY GP IIb/IIIa inhibitors , ATACS, ATACS-pilot, Barbash GI et al, Canadian Lamifiban Study, Cohen M et al, DANAMI, ICTUS, ICTUS 5-year outcomes, MATE, PARAGON-A, PRISM, PRISM-PLUS 1998, PRISM-PLUS 1999, RESTORE, RISC 1991, SWIFT, TACTICS-TIMI 18 2001, TAUSA, TIMI II 1989, TIMI II 1992, TIMI II 1993, TIMI II 1995, TIMI IIA 1990, TIMI IIIA, TIMI IIIB 1994, TIMI IIIB 1995, VANQWISH, 非ST上昇型ACS患者におけるルーチン侵襲治療と選択的侵襲治療の長期転帰, 非ST上昇型急性冠症候群に対する初期侵襲的治療および保存的治療の性差
関連記事