抗血栓トライアルデータベース
home
テキストサイズ
CABADAS Prevention of Coronary Artery Bypass Graft Occlusion by Aspirin, Dipyridamole, and Acenocoumarol/Phenoprocoumon Study
結論 aspirin+dipyridamole併用投与によるグラフト閉塞の予防効果は認められなかった。また併用群においてイベント発生率が高い傾向が認められたことから,aspirinまたは抗凝固薬単独投与が推奨される。

目的 冠動脈バイパス術1年後の静脈グラフトにおける,抗血小板薬aspirin(低用量),aspirin+dipyridamole,および経口抗凝固薬の閉塞予防効果と安全性を比較検討。
デザイン ランダム化,二重盲検(aspirin+プラセボ群,aspirin+dipyridamole群),オープン(経口抗凝固薬群),intention-to-treat解析。
セッティング 多施設(3ヵ国,10施設)。オランダ(7施設),ドイツ(2),スイス(1)。
期間 追跡期間は1年。登録期間は1987年7月~1990年8月。
対象患者 948例。伏在静脈グラフトを含む大動脈冠動脈バイパス術施行者。
【除外基準】年齢>70歳,CABG施行前2日間の不安定狭心症,7日間の心筋梗塞(MI)の発症患者,心臓外科手術の施行歴または予定,6ヵ月以内の静脈血栓塞栓症・MI・心房細動・脳梗塞の既往などによる抗血栓療法の継続を必要とする患者など。
治療法 aspirin+プラセボ投与群(317例:A+P群),aspirin+dipyridamole併用投与群(313例:A+D群),抗凝固薬投与群(318例)にランダム化。aspirinは施行後から50mg/日を投与(初日は経鼻胃管にて投与)。dipyridamoleは施行前日から5mg/kg/日を静注,その後は徐放製剤400mg/日(分2)を経口投与。抗凝固薬は施行前日からacenocoumarol 4mgまたはphenoprocoumon 6mgを施行後まで投与,2日目からはINR 2.8-4.8で用量調整。
抗血小板作用に影響をおよぼす薬剤の投与は不許可。
追跡完了率 脱落率は11.8%(112例)。
【脱落理由】患者の希望(37例),追跡完了時における冠動脈造影実施の拒否(35例),臨床イベント(13例),薬物療法による脱落(11例)など。
結果

●評価項目
遠位吻合部の閉塞率はA+P群15%,A+D群11%(A+P群 vs A+D群:相対リスク0.76,95%CI 0.54-1.05),抗凝固薬群13%と有意差は認められなかった。イベントの発生率はA+P群13.9%,A+D群20.3%(A+P群 vs A+D群:相対リスク1.46,95%CI 1.02-2.08),抗凝固薬群16.9%であった。

●有害事象
大出血の発生率はA+P群5.2%,A+D群6.8%(vs A+P群:相対リスク1.30,95%CI 0.69-2.47),抗凝固薬群8.1%(vs A+P群:1.57,0.86-2.89)であった。

文献: [main] van der Meer J, et al for the CABADAS Research Group of the Interuniversity Cardiology Institute of The Netherlands. Prevention of one-year vein-graft occlusion after aortocoronary-bypass surgery: a comparison of low-dose aspirin, low-dose aspirin plus dipyridamole, and oral anticoagulants. Lancet 1993; 342: 257-64. pubmed
関連トライアル Agnew TM et al, Antiplatelet Therapy after Coronary Artery Bypass Graft Surgery, ASPECT, Brooks N et al, Brown BG et al, CASPAR , Chesebro JH et al 1982, Chesebro JH et al 1984, DAC, Ekeström SA et al, ESPRIT , ESPRIT 2006, Gavaghan TP et al, GESIC, Guiteras P et al, Hess H et al, Hockings BE et al, Kohler TR et al, McCollum C et al, NHFACT, Pantely GA et al, Pfisterer M et al, Rajah SM et al 1985, Rajah SM et al 1994, Sharma GV et al, Sixty Plus Reinfarction Study, Sreedhara R et al, Thaulow E et al, VA Cooperative CABG, VA Cooperative Study 1989, Veterans Affairs Cooperative Study, Veterans Affairs Cooperative Trials
on Antiplatelet Therapy after CABG
, Yli-Mäyry S et al
関連記事