抗血栓トライアルデータベース
home
テキストサイズ
PARAGON-A Platelet IIb/IIIa Antagonism for the Reduction of Acute coronary syndrome events in a Global Organization Network
結論 不安定狭心症および非Q波梗塞患者において,lamifibanは6ヵ月後の虚血イベント抑制においてaspirin,heparinより有効であることが示された。heparin併用の効果は明らかではないが,低用量lamifibanよりも有用である。

目的 不安定狭心症および非Q波梗塞患者において,血小板GP IIb/IIIa受容体拮抗薬lamifibanの用量依存性の効果および抗凝固薬heparinとの併用療法の効果を検討。
一次エンドポイント:30日以内の全死亡+非致死性心筋梗塞(MI)の複合。
デザイン ランダム化,二重盲検,2×2 factorial,intention-to-treat解析。
セッティング 多施設(20ヵ国,273病院)。
オーストラリア,ポーランド,フランス,フィンランド,ベルギー,イタリア,カナダ,アメリカ,ニュージーランド,オランダ,アルゼンチン,アイスランド,イスラエル,デンマーク,ドイツ,南アフリカ,ポルトガル,スウェーデン,イギリス,ブラジル。
期間 追跡期間は6ヵ月。
対象患者 2,282例。55~74歳。12時間以上の胸部不快感を有し,一過性または持続性ST下降(≧0.5mm),T波陰転,一過性(30分)ST上昇(≧0.5mm)を認める患者。
【除外基準】経口抗凝固薬を投与していた患者,活性化部分トロンボプラスチン時間>85秒,過去24時間以内の抗血栓療法投与歴など。
治療法 lamifiban低用量(1μg/分)単独投与群(378例)および低用量+heparin併用投与群(377例),lamifiban高用量(5μg/分)単独投与群(396例)および高用量+heparin併用投与群(373例),標準治療(対照)群:プラセボ+heparin群(758例)の5群にランダム化。全例にaspirinを登録時160mg(推奨),その後80~325mg/日を継続投与。
追跡完了率 追跡完了率は6ヵ月後で96.8%,1年後では93.3%。
【脱落理由】表記なし。
結果

●評価項目
一次エンドポイントの発生率は対照群11.7%,低用量lamifiban群10.6%,高用量lamifiban群12.0%と有意差なし(p=0.668)。6ヵ月時点でのエンドポイント発生は対照群の17.9%に比べ,低用量群が13.7%(p=0.027)と23%減少(オッズ比0.73),高用量群が16.4%(p=0.450)と8%減少(オッズ比0.90)。

●有害事象
中等症~重症の出血は対照群の5.5%に比し高用量lamifiban+heparin群で12.1%と高率であったが(p=0.002),虚血性イベントの発生率は同等であった。一方,低用量lamifiban+heparin群においては出血の発生率は対照群と同じだったが,6ヵ月時点で虚血性イベントの発生率は12.6%で,対照群(17.9%)より低かった(p=0.025)。

文献: [main] The PARAGON (Platelet IIb/IIIa Antagonism for the Reduction of Acute coronary syndrome events in a Global Organization Network) Investigators. International, randomized, controlled trial of lamifiban (a platelet glycoprotein IIb/IIIa inhibitor), heparin, or both in unstable angina. Circulation 1998; 97: 2386-95. pubmed
関連トライアル ACUITY, ACUITY GP IIb/IIIa inhibitors , APPRAISE-2, ATACS, ATACS-pilot, Canadian Lamifiban Study, CAPTURE 1999, Cohen M et al, ESSENCE 1997, FRIC, FRISC, Gurfinkel EP et al, GUSTO IIb 1996, Holdright D et al, IMPACT-AMI, ISIS-pilot, Kereiakes DJ et al 1996, OASIS Pilot Study 1997, OASIS Pilot Study 1998, OPUS-TIMI 16, PRISM, PRISM-PLUS 1998, PRISM-PLUS 1999, PURSUIT 1998, PURSUIT 1999, RESTORE, Schulman SP et al, Simpfendorfer C et al, Spanish Multicenter Trial, STAI 1990, SYMPHONY, TACTICS-TIMI 18 1998, TACTICS-TIMI 18 2001, Théroux P et al 1988, Théroux P et al 1992, TIMI 11A, TRIM, Williams MJ et al 1997
関連記事