抗血栓トライアルデータベース
home
テキストサイズ
Schulman SP et al Effects of integrelin, a platelet glycoprotein IIb/IIIa receptor antagonist, in unstable angina. A randomized multicenter trial
結論 不安定狭心症患者において,eptifibatide+heparin併用投与はaspirinよりも虚血イベントの発生と持続時間を低減することが示された。

目的 不安定狭心症患者において,血小板GP IIb/IIIa受容体拮抗薬eptifibatide(integrelin)と抗血小板薬aspirinの抗凝固薬heparinとの併用による虚血イベント抑制効果を比較検討。
デザイン ランダム化,プラセボ対照,二重盲検,intention-to-treat解析。
セッティング 多施設。
期間 追跡期間は24~72時間。
対象患者 227例。10分以上持続する安静時の心筋虚血症状の変化,およびECG上複数の一過性ST上昇または下降。
【除外基準】MIの疑いがある患者,過去6ヵ月以内の冠動脈バイパス術施行歴,72時間以内の冠動脈血管形成術施行歴,7日間以内の血栓溶解療法の投与歴,6週間以内の手術または脳血管障害の既往歴など。
治療法 標準的治療[heparin静注(5,000Uボーラス投与後,活性化部分トロンボプラスチン時間を1.5~2.5倍に用量調整)を含む]を受けた患者を以下の3群にランダム化。
aspirin投与群(74例):aspirin 325mg/日経口投与+プラセボ(eptifibatide)。低用量eptifibatide投与群(77例):プラセボ(aspirin)+eptifibatide 45μg/kgボーラス投与(3分以上)後,0.5μg/kg/分静注。高用量eptifibatide投与群(76例):プラセボ(aspirin)+eptifibatide 90μg/kgボーラス投与後,1.0μg/kg/分静注。試験薬投与終了後は,全例にapsirin 325mgを経口投与。
追跡完了率 逸脱率は25.6%(58例)。
【脱落理由】ベースライン時のHolter心電図におけるST部異常,Holter心電図の不備など。
結果

●評価項目
24時間Holter心電図上の虚血発作は,aspirin群12例(21%),低用量eptifibatide群11例(20%),高用量eptifibatide群6例(10%)にみられた。患者背景の補正後における24時間の虚血発作の平均回数は,高用量eptifibatide群でaspirin群に比し有意に抑制された(0.24 vs 1.0,p<0.05:低用量eptifibatide群0.83)。虚血の持続時間においても,高用量群でaspirin群に比し有意な抑制がみられた(8.41分 vs 26.23分,p=0.01:低用量群18.20分)。

●有害事象
臨床および出血イベントの発生は3群間で差は認められなかった。

文献: Schulman SP, et al. Effects of integrelin, a platelet glycoprotein IIb/IIIa receptor antagonist, in unstable angina. A randomized multicenter trial. Circulation 1996; 94: 2083-9. pubmed
関連トライアル Canadian Lamifiban Study, Cohen M et al, Danish Very-Low-Dose Aspirin Trial, ECSG-UA, Gurfinkel EP et al, Harrington RA et al, Holdright D et al, IMPACT-AMI, IMPACT-I, Kereiakes DJ et al 1996, Neri Serneri GG et al, OASIS Pilot Study 1998, OPUS-TIMI 16, PARAGON-A, PRISM, PRISM-PLUS 1998, PRISM-PLUS 1999, PURSUIT 1999, RESTORE, Simpfendorfer C et al, Spanish Multicenter Trial, SYMPHONY, Théroux P et al 1988, Théroux P et al 1992, TIMI 7
関連記事