抗血栓トライアルデータベース
home
テキストサイズ
Rajah SM et al 1994 Effects of antiplatelet therapy with indobufen or aspirin-dipyridamole on graft patency one year after coronary artery bypass grafting
結論 indobufen 400mg/日(分2)は伏在静脈グラフトの開存性においてaspirin+dipyridamole併用と同等に有効であり,忍容性に優れていた。indobufenは術後の出血が少ないことから,術前投与が推奨される。

目的 冠動脈伏在静脈バイパスグラフト術施行例において,抗血小板薬indobufenとaspirin+dipyridamole併用の有効性と安全性を比較検討。
デザイン ランダム化,二重盲検,intention-to-treat解析。
セッティング 多施設(4施設)。イギリス。
期間 追跡期間は1年。
対象患者 803例。1986年2月~1989年8月に冠動脈バイパス術(CABG)のために入院していた患者のうち,16~70歳の自己伏在静脈冠動脈バイパスグラフト,または内胸動脈グラフトの両グラフト施行例。
【除外基準】CABGまたは心臓外科手術の施行歴,CABG以外の心臓手技の必要な例,心臓カテーテル時の主要な合併症の既往,胃腸管出血,aspirin・dipyridamole・非ステロイド性抗炎症薬(NSAID)に忍容性のない患者,造影剤へのアレルギー,出血性疾患,抗凝固療法あるいは長期のNSAID療法が必要な例,消化性潰瘍,重要な腎不全,肝不全,妊娠の可能性のある女性。
治療法 indobufen投与群(404例:I群):400mg/日(分2),aspirin+dipyridamole併用投与群(399例:A+D群):aspirin 900mg+dipyridamole 225mg/日(分3)にランダム化。indobufenおよびdipyridamoleは施行24時間前に投与開始,aspirinは施行前夜に300mgを単回投与。術後すぐに投与再開,嚥下が不可能な場合は経鼻胃管にて投与。術後1年目に冠動脈造影を実施。
追跡完了率 1年後の冠動脈造影データ解析可能は69%(552例:I群278例,A+D群274例)。
【脱落理由】表記なし。
結果

●評価項目
全吻合部(伏在静脈あるいは内胸動脈)の開存例はI群155例(56%),A+D群162例(59%)であった(p=0.384,オッズ比1.2,95%CI 0.8-0.16)。各群の開存率は82%,83%(p=0.297,オッズ比1.1,95%CI 0.9-1.5)。
術後の平均出血量はI群で有意に少なかった(p=0.043)。

●有害事象
I群では治療に関連すると思われる有害事象の発生も有意に少なかった(p=0.02)。周術期の死亡は27例(I群17例,AD群10例),生命に危険のあるイベント発生は67例(I群30例,A+D群37例)で,すべてが心血管由来であった。

文献: Rajah SM, et al. Effects of antiplatelet therapy with indobufen or aspirin-dipyridamole on graft patency one year after coronary artery bypass grafting. J Thorac Cardiovasc Surg 1994; 107: 1146-53. pubmed
関連トライアル Agnew TM et al, Antiplatelet Therapy after Coronary Artery Bypass Graft Surgery, Brooks N et al, Brown BG et al, Bybee KA et al, CABADAS, Chesebro JH et al 1982, Chesebro JH et al 1984, D'Addato M et al, DAC, Ekeström SA et al, Fornaro G et al, Gavaghan TP et al, GESIC, Giansante C et al, Guiteras P et al, Harker LA et al, Hockings BE et al, Kallis P et al, Kohler TR et al, Lembo NJ et al, Limet R et al, McCollum C et al, McEnany MT et al, Pantely GA et al, PARIS-I, Pfisterer M et al, Pirk J et al 1986, Pirk J et al 1990, Pratesi C et al, Rajah SM et al 1985, Sharma GV et al, Sreedhara R et al, Thaulow E et al, TISS, VA Cooperative CABG, VA Cooperative Study 1989, Veterans Affairs Cooperative Study, Veterans Affairs Cooperative Trials
on Antiplatelet Therapy after CABG
, White HD et al, Yli-Mäyry S et al
関連記事