抗血栓トライアルデータベース
home
テキストサイズ
Gent AE et al 1968 Dipyridamole: a controlled trial of its effect in acute myocardial infarction
結論 急性心筋梗塞(AMI)患者へのdipyridamole投与による死亡および合併症抑制効果は認められなかった。

目的 急性心筋梗塞(AMI)患者において,dipyridamole投与による発症4週間後の死亡および合併症への影響を検討。
デザイン ランダム化,プラセボ対照,二重盲検。
セッティング イギリス。
期間 追跡期間は28日。
対象患者 120例(男性102例,女性18例)。MI発症後2週間以内の患者。脳血管イベント,または消化管出血の既往患者も含む。
【除外基準】肝疾患,抗凝固薬の投与予定または2週間以内の服用,重症高血圧症,出血性素質の既往。
治療法 dipyridamole 400mg/日(分4)経口投与群(51例)とプラセボ群(52例)にランダム化。
追跡完了率 追跡完了率は85.8%(103例)。
【脱落理由】初期診断の不適正など。
結果

●評価項目
追跡を完了した103例中11例(10.7%)が死亡(dipyridamole群8例:15.7%,プラセボ群3例:5.8%)。梗塞,全身性塞栓症,肺塞栓症,下肢静脈血栓症といった合併症イベントは,プラセボ群で6例(11.5%:11件),dipyridamole群では5例(9.8%:7件)で認められた。また,全対象中77例(74.8%)がMI発症後3日以内に治療開始(dipyridamole群41例:53.2%,プラセボ群36例:46.7%)。dipyridamole群で死亡率が高かったのは,MI発症後48時間以内にランダム化された患者数が多かったことによると推測される。死亡患者の平均血清dipyridamole値は,dipyridamole群全体のそれと差はなかった。

●有害事象
表記なし。

文献: Gent AE, et al. Dipyridamole: a controlled trial of its effect in acute myocardial infarction. Br Med J 1968; 4: 366-8. pubmed
関連トライアル Acheson J et al, AICLA, FRAMI, Johannessen K-A et al, Khaja F et al, Lembo NJ et al, NHFACT, PARIS-II
関連記事