抗血栓トライアルデータベース
home
テキストサイズ
Canadian Cooperative Study 1978
結論 脳卒中リスクが高い男性患者において,aspirinは二次予防に有効であることが示された。

目的 脳卒中既往患者において,抗血小板薬aspirinとsulfinpyrazoneの単独または併用による一過性脳虚血発作(TIA),脳卒中または死亡の抑制効果を比較検討。
デザイン ランダム化,二重盲検,factorial。
セッティング 多施設(24施設)。カナダ。
期間 追跡期間は平均26ヵ月。
登録期間は1971年11月~1976年6月。1977年6月追跡終了。
対象患者 585例。脳または網膜における虚血発作の発症から3ヵ月以内。
【除外基準】重大な合併症を有する患者,12ヵ月以内に死亡の可能性がある疾患を有する患者,試験薬が服用不可能な患者。
治療法 sulfinpyrazone 800mg/日(分4)投与群(156例),aspirin 1,300mg/日(分4)投与群(144例),sulfinpyrazone 800mg+aspirin 1,300mg/日(分4)併用投与群(146例),プラセボ群(139例)にランダム化。
追跡完了率 投与中止例は全例の41%。
【脱落理由】医師の判断(28%),有害事象(24%),抗凝固薬の追加投与(14%)など。
結果

●評価項目
aspirin投与群において,虚血性発作,脳卒中および死亡のリスクが19%有意に減少した(p<0.05)。さらに,aspirin群では重度の脳卒中および死亡のリスクが31%減少したが(p<0.05),この抑制効果は男性にのみ認められた(リスク減少率48%,p<0.005)。一方,sulfinpyrazone群では虚血性発作の抑制は認められず,脳卒中および死亡の抑制も10%と有意ではなかった。aspirinの有効性は非糖尿病合併症または心筋梗塞の既往がない患者においてより高かった(各p<0.02,p<0.04)。
両薬剤間に相乗または拮抗作用は認められなかった。

●有害事象
表記なし。

文献: The Canadian Cooperative Study Group. A randomized trial of aspirin and sulfinpyrazone in threatened stroke. N Engl J Med 1978; 299: 53-9. pubmed
関連トライアル AICLA, AITIA 1977, AITIA 1978, ART, ATIAIS, Canadian Cooperative Study 1980, Canadian Multicenter Trial, CAST-IST, Danish Cooperative Study, Dutch-TIA Trial, ESPS-2 1996, Hart RG et al, PHS, Physicians' Health Study 1991, Roden S et al, SALT, SPAF, SPAF I-III 1999, TASS 1989, TASS 1993, UK-TIA, WHS, 脳卒中/TIA既往患者におけるaspirin+dipyridamole併用とaspirin単独投与の比較
関連記事