抗血栓トライアルデータベース
home
テキストサイズ
Kohler TR et al Effect of aspirin and dipyridamole on the patency of lower extremity bypass grafts
結論 術後のaspirin+dipyridamole併用投与による,PTFEまたは静脈の鼡径下部バイパスグラフト開存性の改善は認められなかった。

目的 expanded PTFEまたは自己由来静脈の鼡径下部バイパス術施行患者において,抗血小板療法aspirin+dipyridamole併用の術後投与による24ヵ月後のグラフト開存性への影響を検討。
デザイン ランダム化,二重盲検。
セッティング 多施設(2病院)。アメリカ。
期間 追跡期間は24ヵ月(中央値11.4ヵ月)。登録期間は1978~1982年。
対象患者 100例(102グラフト),うち12例は試験から除外。
【除外基準】流入側血管病変の併発,aspirinまたはdipyridamoleへの過敏症,消化管出血の既往,最近の抗血小板薬または抗凝固薬の投与歴など。
治療法 aspirin 975mg+dipyridamole 225mg/日(分3)経口併用投与群(44例)とプラセボ群(44例)にランダム化。
追跡完了率 脱落率は13.0%(13例)。
【脱落理由】薬物関連と疑われる有害事象(6例),その他の疾患へのaspirinまたはwarfarin投与(4例),医師による投与中止の判断(3例)。
結果

●評価項目
全グラフトの24ヵ月間の累積開存率は62%であり,aspirin+dipyridamole群57%,プラセボ群67%と両群間に有意差は認められなかった。糖尿病合併例 vs 非糖尿病合併例,遠位膝窩吻合部 vs 近位膝窩吻合部の比較においても,24ヵ月累積開存率に差はみられなかった。また,PTFEグラフトにおける開存率は静脈グラフトより高率であった。

●有害事象
表記なし。

文献: Kohler TR, et al. Effect of aspirin and dipyridamole on the patency of lower extremity bypass grafts. Surgery 1984; 96: 462-6. pubmed
関連トライアル Agnew TM et al, Bollinger A et al, Brooks N et al, Brown BG et al, CABADAS, Chesebro JH et al 1982, Chesebro JH et al 1984, Ekeström SA et al, Findlay JM et al, GESIC, Green RM et al 1982, Guiteras P et al, Hess H et al, Hockings BE et al, Libretti A et al, McCollum C et al, McEnany MT et al, Meister W et al, Pirk J et al 1986, Pirk J et al 1990, Rajah SM et al 1985, Rajah SM et al 1994, Sharma GV et al, Sreedhara R et al, Thaulow E et al, VA Cooperative CABG, VA Cooperative Study 1989, Veterans Affairs Cooperative Study, Veterans Affairs Cooperative Trials
on Antiplatelet Therapy after CABG
関連記事