抗血栓トライアルデータベース
home
テキストサイズ
Chesebro JH et al 1982 A platelet-inhibitor-drug trial in coronary-artery bypass operations: benefit of perioperative dipyridamole and aspirin therapy on early postoperative vein-graft patency
結論 dipyridamole+aspirin投与による,大動脈冠動脈バイパス術後早期のグラフト閉塞予防効果が認められた。

目的 大動脈冠動脈バイパスグラフト術施行患者において,抗血小板療法dipyridamole+aspirinの術後早期の血栓性閉塞予防効果を検討。
デザイン ランダム化,プラセボ対照,二重盲検。
セッティング 単施設(Mayo Clinic)。アメリカ。
期間 追跡期間は6ヵ月。施行期間は1977年9月~1981年3月。
対象患者 407例。年齢<69歳。伏在静脈を使用した大動脈冠動脈バイパス術施行患者。薬物不耐歴がない,心臓手術あるいは静脈血栓塞栓症の既往または併発,消化性潰瘍または出血の既往がない,術前7日以内に抗血小板薬あるいは抗炎症薬を服用していない,aspirin,dipyridamoleにアレルギーがなく忍容性がある,非慢性閉塞性肺疾患,非糖尿病(空腹時血糖値≦120mg/dL),脳血管疾患の症状がない,血清クレアチニン≦1.5mg/dLなど。
治療法 dipyridamole+aspirin投与群(202例:D+A群)とプラセボ群(205例:P群)にランダム化。
D+A群:施行2日前にdipyridamole 400mg/日(分4)を経口投与。施術当日の午前6時にdipyridamole 100mg経口投与,術後1時間に100mgを経鼻胃管で投与(クランプ時間1.5時間)。術後7時間にdipyridamole 75mg+aspirin 325mgを経鼻胃管にて投与し,その後dipyridamole 225mg+aspirin 975mg/日(分3)を経口投与。
追跡完了率 術後静脈グラフトの血管造影非実施は47例(11.5%)。
【脱落理由】患者の拒否(27例),試験薬への不耐性(10例),院内死亡(7例),外科的な合併症(3例)。
結果

●評価項目
術後(中央値8日)静脈グラフトの血管造影実施例は360例(88%)。1ヵ月以内の静脈グラフト遠位吻合部閉塞率はD+A群3%(10/351遠位吻合部),P群10%(38/362),6ヵ月以内はD+A群4%(19/488),P群15%(79/520)であった。1ヵ所以上の遠位吻合部閉塞率はD+A群8%(10/130),P群21%(27/130)。グラフト開存効果は50以上のサブグループ(グラフトのタイプおよび場所,性別,閉塞のリスク因子など)で持続した。

●有害事象
術後早期の出血率は両群で同等であった。

文献: Chesebro JH, et al. A platelet-inhibitor-drug trial in coronary-artery bypass operations: benefit of perioperative dipyridamole and aspirin therapy on early postoperative vein-graft patency. N Engl J Med 1982; 307: 73-8. pubmed
関連トライアル Agnew TM et al, Antiplatelet Therapy after Coronary Artery Bypass Graft Surgery, Baur HR et al, Bollinger A et al, Brooks N et al, Brown BG et al, CABADAS, Chesebro JH et al 1984, CREDO, D'Addato M et al, DAMAD, Ekeström SA et al, Findlay JM et al, Gavaghan TP et al, GESIC, Green D et al 1982, Green RM et al 1982, Guiteras P et al, Harjola P-T et al, Harter HR et al, Hess H et al, Hockings BE et al, Johannessen K-A et al, Kallis P et al, Libretti A et al, Limet R et al, McCollum C et al, McEnany MT et al, Meister W et al, Pfisterer M et al, Pirk J et al 1986, Pirk J et al 1990, Post CABG, Rajah SM et al 1985, Rajah SM et al 1994, RESTORE, Sharma GV et al, Sreedhara R et al, Steele P, Teoh KH et al 1987, Teoh KH et al 1988, Thaulow E et al, VA Cooperative CABG, VA Cooperative Study 1989, Veterans Affairs Cooperative Study, Yli-Mäyry S et al
関連記事