抗血栓トライアルデータベース
home
テキストサイズ
Chesebro JH et al 1984 Effect of dipyridamole and aspirin on late vein-graft patency after coronary bypass operations
結論 dipyridamole+aspirin投与によるCABG施行後の静脈グラフト閉塞予防の有効性は,遠隔期も持続することから,本治療は1年以上継続すべきである。

目的 抗血小板療法dipyridamole+aspirinの併用投与をCABG施行前から開始し,追跡期間中継続投与した場合の,遠隔期の静脈グラフト閉塞予防効果を検討。
デザイン ランダム化,プラセボ対照,二重盲検。
セッティング 単施設(Mayo Clinic)。アメリカ。
期間 追跡期間は1年(中央値)。登録期間は1977年9月~1981年3月。
対象患者 407例。大動脈冠動脈伏在静脈バイパスグラフト術施行例。
治療法 dipyridamole+aspirin併用投与群(202例:D+A群)とプラセボ群(205例:P群)にランダム化。
D+A群:施術の2日前にdipyridamole 400mg/日(分4)を経口投与,施術当日の午前6時(経口投与)と術後1時間(経鼻胃管)に100mgを投与。術後7時間に経鼻胃管でdipyridamole 75mg+aspirin 325mgを投与後,dipyridamole 225mg+aspirin 975mg/日(分3)の経口投与を継続。
追跡完了率 1年後の静脈グラフト血管造影施行は343例(84.3%:D+A群171例,P群172例)。
【脱落理由】患者の拒否,薬剤不耐性,一過性脳虚血の発症など。
結果

●評価項目
1ヵ月後,D+A群でグラフトの閉塞率が低下した。術後1ヵ月の全グラフト開存例はD+A群116例,P群94例。
静脈グラフト血管造影は343例,術後1年(11~18ヵ月:中央値12ヵ月)に実施。遠位吻合部閉塞率はD+A群で478静脈グラフト中11%,P群は486グラフト中25%であった。1ヵ所以上の遠位吻合部閉塞を有する例はD+A群で22%,P群で47%。1ヵ月以降の新規グラフトの閉塞発生率はD+A群で16%,P群で27%。

●有害事象
表記なし。

文献: Chesebro JH, et al. Effect of dipyridamole and aspirin on late vein-graft patency after coronary bypass operations. N Engl J Med 1984; 310: 209-14. pubmed
関連トライアル Agnew TM et al, Antiplatelet Therapy after Coronary Artery Bypass Graft Surgery, Baur HR et al, Bollinger A et al, Brooks N et al, Brown BG et al, CABADAS, Chesebro JH et al 1982, D'Addato M et al, DAMAD, Ekeström SA et al, Findlay JM et al, Gavaghan TP et al, GESIC, Green RM et al 1982, Guiteras P et al, Harter HR et al, Heiss HW et al, Hess H et al, Hockings BE et al, Johannessen K-A et al, Libretti A et al, Limet R et al, McCollum C et al, McEnany MT et al, Meister W et al, PARIS-II, Pfisterer M et al, Pirk J et al 1986, Pirk J et al 1990, Post CABG, Rajah SM et al 1985, Rajah SM et al 1994, Schwartz L et al, Sharma GV et al, Sreedhara R et al, Steele P, Teoh KH et al 1988, Thaulow E et al, VA Cooperative CABG, VA Cooperative Study 1989, Veterans Affairs Cooperative Study, Veterans Affairs Cooperative Trials
on Antiplatelet Therapy after CABG
, White HD et al, Yli-Mäyry S et al
関連記事