抗血栓トライアルデータベース
home
テキストサイズ
TASS 1989 Ticlopidine Aspirin Stroke Study
結論 一過性脳虚血発作(TIA)または脳卒中既往患者において,ticlopidineはaspirinに比しわずかに脳卒中予防に優れていたが,一方で有害事象のリスクを増大させることが示された。

目的 一過性脳虚血発作(TIA)または軽度の脳卒中既往患者において,抗血小板薬ticlopidineとaspirinによる脳卒中再発および死亡の予防効果を比較検討。
一次エンドポイント:非致死性脳卒中+死亡の複合。二次エンドポイント:非致死性+致死性脳卒中の複合。
デザイン ランダム化,aspirin対照,二重盲検,intention-to-treat解析。
セッティング 多施設(2ヵ国,56施設)。アメリカ,カナダ。
期間 追跡期間は2~6年。1986年5月登録終了,1987年12月追跡終了。
対象患者 3,069例。年齢≧40歳(平均63歳)。過去3ヵ月以内に,TIA,一過性黒内障,可逆性虚血性神経障害,軽度の脳卒中を発症した患者。
【除外基準】妊娠の可能性,片頭痛,心原性塞栓症,血液疾患,消化性潰瘍,上部消化管出血,または癌などの生命に危険のある疾患を有する患者。また,aspirinに過敏症または忍容性のない場合,aspirinや抗凝固薬の継続投与を必要とする患者。
治療法 ticlopidine 500mg/日(分2)投与群(1,529例)とaspirin 1,300mg/日(分2)投与群(1,540例)にランダム化。
抗血小板凝集薬や抗凝固薬の使用は禁止。鎮痛薬はacetaminophenを投与。
追跡完了率 試験薬投与中止例は,ticlopidine群784例(51.6%),プラセボ群718例(47.0%)。
【脱落理由】有害事象(539例),ノンコンプライアンス(409例),エンドポイント発生(286例),その他の薬物投与または手術施行(209例)など。
結果

●評価項目
一次エンドポイントの3年発生率はticlopidine群17%,aspirin群19%でticlopidine群で12%減少した(95%CI -2-26%,p=0.048)。二次エンドポイントの3年発生率はticlopidine群10%,aspirin群13%とticlopidine群で21%の有意な減少を示した(95%CI 4-38%:p=0.024)。ticlopidineの有効性に性差はみられなかった。

●有害事象
有害事象に関しては,下痢がticlopidine群310例(20.4%),aspirin群150例(9.8%)に認められ(p<0.05),これによる投与中止例はticlopidine群で多かった(6% vs 2%)。消化性潰瘍はaspirin群で多くみられた(2.9% vs 0.8%)。aspirin群では胃炎(ticlopidine群0.9% vs aspirin群1.7%),消化管出血(0.5% vs 1.4%)が多く認められたが,ticlopidine群では発疹(11.9%),重篤であるが可逆的な好中球減少(<1%)がみられた。総コレステロール値の平均増加率は,ticlopidine群9%,aspirin群2%と有意差がみられたが(p<0.01),LDL-C,HDL-Cの総コレステロールに占める比率は両群間で差はなかった。

文献: [main] Hass WK, et al for the Ticlopidine Aspirin Stroke Study Group. A randomized trial comparing ticlopidine hydrochloride with aspirin for the prevention of stroke in high-risk patients. N Engl J Med 1989; 321: 501-7. pubmed
関連トライアル AAASPS 2003, AITIA 1977, Canadian Cooperative Study 1978, CAPRIE 1996, CAPRIE 1999, CAPRIE 2000, CARESS, CAST, CATS, Chan FK et al, CHARISMA, CHARISMA subgroup analysis, CREDO, CURE, Dutch-TIA Trial, EAFT 1993, ESPS-1, ESPS-2 1996, IST 1997, Meyer JS et al, Moussa I et al, NASCET 1998, PHS, SALT, SPAF III 1996, SPAF III 1998, SPIRIT, STARS, STIMS, TASS 1993, TASS 1993, TISS, Turpie AG et al 1993, WARSS, WASID, WHS
関連記事