抗血栓トライアルデータベース
home
テキストサイズ
Guiteras P et al Prevention of aortocoronary vein-graft attrition with low-dose aspirin and triflusal, both associated with dipyridamole: a randomized, double-blind, placebo-controlled trial
結論 triflusal+dipyridamoleは,冠動脈および静脈グラフトの閉塞決定因子とは独立して,低用量aspirin+dipyridamoleより静脈グラフト閉塞予防効果において優れていることが示された。

目的 大動脈冠動脈伏在静脈グラフト施行患者において,早期および6ヵ月後の静脈グラフト開存効果をaspirin(低用量)+dipyridamoleと抗血小板薬triflusal+dipyridamoleで比較検討。
デザイン ランダム化,プラセボ対照,二重盲検。
セッティング 単施設。スペイン。
期間 追跡期間は6ヵ月。登録期間は1984年2月~1986年7月。
対象患者 連続した209例。34~72歳(中央値55.5歳)。
治療法 ASA投与群(72例),triflusal投与群(69例),プラセボ群(68例)にランダム化。
バイパス術当日の午前6時および術後1時間に,プラセボまたはdipyridamole 75mgを経鼻胃管にて投与。術後7時間にASA群はaspirin 150mg+dipyridamole 225mg/日(分3)を投与,triflusal群はtriflusal 900mg+dipyridamole 225mg/日(分3)を経鼻胃管にて投与後,6ヵ月間経口投与。
追跡完了率 一次評価可能率は77.0%(161例),二次評価可能率は66.0%(138例)。
【脱落理由】胃腸管不耐性,術中の死亡など。
結果

●評価項目
施術後9日に冠動脈造影で評価した161例(77%)においては,有意な群間差は認められなかったが,6ヵ月後の冠動脈造影を実施した138例(66%)においては,遠位吻合部閉塞率および新規の閉塞発生率にプラセボ→ASA群→triflusal群へと有意な直線傾向が認められた:遠位吻合部閉塞率は各群24%(22/91グラフト),16%(17/106グラフト),12%(10/86グラフト),p=0.027,新規の閉塞発生率は各群12%(9/78グラフト),10%(10/99グラフト),2.6%(2/78グラフト),p=0.056。
6ヵ月後の遠位吻合部閉塞への影響を多変量ロジスティック解析すると,末梢血管内径(p=0.006),中等症から重症のアテローム性末梢血管(p=0.003),とぼしい末梢血管とtriflusalの交互作用(p=0.005)は閉塞の独立した予測因子であった。

●有害事象
表記なし。

文献: Guiteras P, et al. Prevention of aortocoronary vein-graft attrition with low-dose aspirin and triflusal, both associated with dipyridamole: a randomized, double-blind, placebo-controlled trial. Eur Heart J 1989; 10: 159-67. pubmed
関連トライアル Agnew TM et al, AICLA, Antiplatelet Therapy after Coronary Artery Bypass Graft Surgery, Bollinger A et al, Brooks N et al, Brown BG et al, CABADAS, Chesebro JH et al 1982, Chesebro JH et al 1984, Ekeström SA et al, ESPS-2 1996, Gavaghan TP et al, GESIC, Green RM et al 1982, Heiss HW et al, Hess H et al, Hockings BE et al, Kallis P et al, Limet R et al, McCollum C et al, McEnany MT et al, Meister W et al, PARIS-II, Pfisterer M et al, Pirk J et al 1990, Rajah SM et al 1985, Rajah SM et al 1994, Schwartz L et al, Sharma GV et al, Sreedhara R et al, Steele P, Thaulow E et al, TIM, VA Cooperative CABG, VA Cooperative Study 1989, White HD et al, Yli-Mäyry S et al
関連記事