抗血栓トライアルデータベース
home
テキストサイズ
Rajah SM et al 1985 Acetylsalicylic Acid and Dipyridamole Improve the Early Patency of Aorta-Coronary Bypass Grafts. A Double-Blind, Placebo-Controlled, Randomized Trial
結論 抗血小板療法(aspirin+dipyridamole併用)は大動脈冠動脈伏在静脈バイパスグラフトの早期開存率を改善した。

目的 大動脈冠動脈バイパスグラフト術施行例において,抗血小板療法aspirin+dipyridamoleによる伏在静脈バイパスグラフトの早期開存改善効果を検討。
デザイン ランダム化,プラセボ対照,二重盲検。
セッティング 単施設。イギリス。
期間 追跡期間は6ヵ月。1980年9月登録開始。
対象患者 連続した125例。平均年齢49歳。障害を伴う治療抵抗性の慢性狭心症あるいは不安定狭心症。狭窄率≧70%を有意な病変とみなし,バイパス術適応とした。
【除外基準】消化性潰瘍の既往,aspirinあるいはdipyridamoleにアレルギー,試験開始前に2週間以上の抗血小板薬あるいは抗炎症薬服用歴。
治療法 全例で術前に冠動脈造影を実施。
aspirin+dipyridamole併用投与群(48例:A+D群):バイパスグラフト術施行前夜にaspirin 330mg+dipyridamole 75mgを投与開始,術後(通常16時間以内)から開存性を確認する冠動脈造影再実施まで,aspirin 990mg+dipyridamole 225mg/日(分3)投与を継続,プラセボ群(55例)にランダム化。
全例にwarfarinを術後18~24時間に投与を開始し,3ヵ月間投与。両群でプロトロンビン時間を同レベルに維持するよう厳格に投与した。
追跡完了率 脱落率は17.6%(22例:A+D群13例,プラセボ群9例)。
【脱落理由】冠動脈造影再実施の拒否(6例),プロトコール逸脱(5例),有害事象(3例)など。
結果

●評価項目
試験を終了し,冠動脈造影を再実施(術後平均6.5ヵ月後)したのは103例(A+D群48例,プラセボ群55例)。1人あたりの平均グラフト数はA+D群1.98,プラセボ群2.14。
施術グラフト数は213,うち175グラフトが開存し,全体の開存率は82.5%であった。A+D群の開存率は91.6%(95グラフト中87グラフトが開存)で,プラセボ群の74.6%(118グラフト中88グラフト)に比べて有意に高かった(p<0.01)。これは6ヵ月後のA+D群での全グラフト開存率(83.33%)がプラセボ群(56.36%)より有意に高かったことを反映している。

●有害事象
周術期の出血量は両群間で差は認められず,術後はA+D群のほうが多かったものの有意差には達しなかった。

文献: Rajah SM, et al. Acetylsalicylic acid and dipyridamole improve the early patency of aorta-coronary bypass grafts. A double-blind, placebo-controlled, randomized trial. J Thorac Cardiovasc Surg 1985; 90: 373-7. pubmed
関連トライアル Agnew TM et al, Antiplatelet Therapy after Coronary Artery Bypass Graft Surgery, Bollinger A et al, Brooks N et al, Brown BG et al, CABADAS, Chesebro JH et al 1982, Chesebro JH et al 1984, D'Addato M et al, DAMAD, Ekeström SA et al, Findlay JM et al, Gavaghan TP et al, GESIC, Green RM et al 1982, Guiteras P et al, Heiss HW et al, Hess H et al, Hockings BE et al, Johannessen K-A et al, Lembo NJ et al, Libretti A et al, Limet R et al, McCollum C et al, McEnany MT et al, Meister W et al, Pfisterer M et al, Pirk J et al 1986, Pirk J et al 1990, Post CABG, Rajah SM et al 1994, Sharma GV et al, Sreedhara R et al, Thaulow E et al, VA Cooperative CABG, VA Cooperative Study 1989, Veterans Affairs Cooperative Study, Veterans Affairs Cooperative Trials
on Antiplatelet Therapy after CABG
, White HD et al, Yli-Mäyry S et al
関連記事