抗血栓トライアルデータベース
home
テキストサイズ
Findlay JM et al Effect of perioperative platelet inhibition on postcarotid endarterectomy mural thrombus formation. Results of a prospective randomized controlled trial using aspirin and dipyridamole in humans
結論 頸動脈内膜切除術施行患者において,周術期のaspirin+dipyridamole併用投与は術中の脳卒中発症および頸動脈再狭窄の長期にわたるリスクを低減させることが示唆された。

目的 頸動脈内膜切除術施行患者において,抗血小板療法aspirin+dipyridamoleの術前投与による壁性血栓形成への影響を検討し,またインジウム-111標識自家血小板を用いて,頸動脈内膜切除術部位への血小板の集積を測定。
デザイン ランダム化,プラセボ対照,二重盲検。
セッティング 単施設。カナダ。
期間 追跡期間は5日。
対象患者 22例。52~77歳。一過性脳虚血発作,軽症脳卒中,無症候性狭窄,可逆性虚血性神経障害を伴った頸動脈内膜切除術施行患者。
【除外基準】出血傾向の既往,aspirinまたはdipyridamoleにアレルギー。
治療法 aspirin 990mg+dipyridamole 225mg/日(分3)併用投与群(10例)とプラセボ群(12例)にランダム化。施行前10日以内より抗血小板療法は中止。施行前5日以内に投与を開始し,術前の夕方まで継続投与。術中は投与を中断し,術後に再開後,5日間継続投与。
術後翌朝に血小板を採取してインジウム-111oxineを標識し,末梢静脈から再注入し,24時間後に頸部血液プールシンチグラムを実施。
追跡完了率 表記なし。
結果

●評価項目
aspirin+dipyridamole群において,プラセボ群に比し,内膜切除術部位への血小板集積が有意に少なかった(中央値:プラセボ群4.60 counts/100pixels/μCi,aspirin+dipyridamole群2.64 counts/100pixels/μCi,p<0.005)。血液プールシンチグラムの測定では,血清アルブミン値は手術部位,対側頸動脈,および大動脈弓部において2群間で同様の分布を示した。

●有害事象
プラセボ群において2例の脳卒中発症が認められた。

文献: Findlay JM, et al. Effect of perioperative platelet inhibition on postcarotid endarterectomy mural thrombus formation. Results of a prospective randomized controlled trial using aspirin and dipyridamole in humans. J Neurosurg 1985; 63: 693-8. pubmed
関連トライアル ACE, Brooks N et al, Brown BG et al, Chesebro JH et al 1982, Chesebro JH et al 1984, DAC, DAMAD, Danish Very-Low-Dose Aspirin Trial, Harker LA et al, Hess H et al, Johannessen K-A et al, Mayo Asymptomatic Carotid Endarterectomy Study, Pfisterer M et al, Rajah SM et al 1985, Sharma GV et al, Sreedhara R et al, Steele P, Teoh KH et al 1988
関連記事