抗血栓トライアルデータベース
home
テキストサイズ
GESIC Grupo Español para el Seguimiento del Injerto Coronario
結論 低用量aspirinとdipyridamoleの併用は,早期の伏在静脈開存率を向上させる。この効果は術前のdipyridamole投与のうえに認められた。

目的 伏在静脈グラフトの早期(1ヵ月未満)閉塞予防において,抗血小板薬aspirin(低用量)単独投与とaspirin+dipyridamole併用投与の有効性を比較検討。
デザイン ランダム化,プラセボ対照,二重盲検。
セッティング 多施設(6施設)。スペイン。
期間 追跡期間は28日。登録期間は1984年6月~1988年8月。
対象患者 連続した1,112例。年齢≦70歳。
【除外基準】心疾患などによる手術歴,出血性あるいは過去3ヵ月以内の症候性の消化性潰瘍の既往,aspirinおよびdipyridamoleに忍容性のない患者,脳血管イベントの既往,透析中の腎不全,1型糖尿病患者,重篤な慢性閉塞性肺疾患など。
治療法 全例に手術開始48時間前よりdipyridamole 100mgを6時間ごとに経口投与(最終投与は手術当日午前6時)。CABG後7時間から,aspirin 150mg/日(分3)投与群(373例),aspirin 150mg/日+dipyridamole 225mg/日(分3)併用投与群(368例),プラセボ群(371例)にランダム化。
追跡完了率 脱落率は16.6%(185例)。
【脱落理由】合併症(69例),患者の拒否(50例),死亡(27例),薬剤に不耐性(26例),プロトコール逸脱(13例)。
結果

●評価項目
術後28日内に,927例(83%)において静脈グラフトの造影を実施(平均10日)。遠位吻合部の閉塞率は,プラセボ群18%に比し,aspirin群14.2%(p=0.058),aspirin+dipyridamole併用群12.9%(p=0.017)と併用群において有意に低下した。1つ以上のグラフト閉塞の発生率は,プラセボ群33%,aspirin群27.1%,併用群24.3%と併用群で有意に減少した(p<0.01)。院内死亡率(平均4.6%)および早期の再手術施行率(平均3.9%)は3群間で差は認められなかった。

●有害事象
有害事象は,軽度の胃腸管障害が実薬群でプラセボ群に比較して多かった。

文献: [main] Sanz G, et al.; Grupo Español para el Seguimiento del Injerto Coronario (GESIC). Prevention of early aortocoronary bypass occlusion by low-dose aspirin and dipyridamole. Circulation 1990; 82: 765-73. pubmed
関連トライアル Agnew TM et al, Antiplatelet Therapy after Coronary Artery Bypass Graft Surgery, Brooks N et al, Brown BG et al, CABADAS, Chesebro JH et al 1982, Chesebro JH et al 1984, D'Addato M et al, DAC, DAMAD, Ekeström SA et al, Gavaghan TP et al, Guiteras P et al, Harker LA et al, Heiss HW et al, Hockings BE et al, Kallis P et al, Kohler TR et al, Limet R et al, McCollum C et al, Meister W et al, Pantely GA et al, PARIS-II, Pfisterer M et al, Pirk J et al 1986, Pirk J et al 1990, Rajah SM et al 1985, Rajah SM et al 1994, Sharma GV et al, Sreedhara R et al, Thaulow E et al, VA Cooperative CABG, VA Cooperative Study 1989, Veterans Affairs Cooperative Study, Veterans Affairs Cooperative Trials
on Antiplatelet Therapy after CABG
, Yli-Mäyry S et al
関連記事